2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「暮れの中京熱戦は他以上」メートルダール(中日新聞杯1着) | トップページ | 「すいませんもう来ません。でも」ワンブレスアウェイ(ターコイズS8着) »

「来年は凄く面白いかも」ラッキーライラック(阪神JF1着)

2017_12_10_img_9999_3931712

パドックでのデキも良くて、一度勝っている相手もおり、調教も良くて、有力馬も故障したりしていたので、順当勝ちと思いました。
これも、馬が良いのでツアーの時に真っ先に見に行った馬でしたが、募集時人気であり。。萬年抽選外れ組クラブの会員には、ご加護があるはずもなく。。

2017_12_10_img_9999_3941712

石橋騎手は初のG1と思ってましたが、天皇賞があったので、2回目かと、帰ってくるときは、馬よりこちらの方が熱いかなと見ていて勝手に思いました。

2017_12_10_img_9999_4031712

さて、クラシックロードはこれで面白くなってきました、ロックディスタウンの負けで、ルメール騎手の乗る馬がややぼやけて来たし、ミルコの乗る馬も、そうなるとそのあとの日本人ジョッキーの乗る馬も動いてきます。まず騎手の問題として一つ、加えて、勝ち馬の騎手は固定される、春に刻々と変化していく阪神の馬場、それによる位置取りの変化、コース取りによっては強い馬でもコロッと負ける感じになる。それに関東所属の鞍上が対応できるかそれが問題。
そこへきてこのレベルの馬なら2着馬の成長も含めて何頭かいる。そうなると騎手選び、レース選びでクラシックレースの結果が変わってくる。これは面白い。馬の能力を生かせたものが勝つ可能性が高いクラシックロードになるはず。

2017_12_10_img_9999_2991712

オルフェーヴルは、初年度でG1勝ち、桜花賞でG1勝ちだったディープを上回った形、ただ、道中ついていくスピードがない産駒が多くてレベルが上がって対応できない馬が産駒全体では多い気がします。それが成長が遅いのか、それともダートののようにスピードが芝より遅くなれば対応できるのかその辺がまだわからないのかなと。
一つだけ苦言ですが、負けたロックディスタウンは。明らかに冬毛が出ていました。マイナス体重、イレコミ、汗がまばらな模様を馬体に作っていました。確実に影響があると感じることが出来ました。
でもちっともレース前にそんな情報流れてきませんでした。実際冬毛は、近くで見ている人でないと判断できません。トラックマン、記者、ほかのマスコミは何をやっていたんでしょうか!

2017_12_10_img_9999_3011712

厩舎の人のコメントだけで馬を判断しているのがアリアリとわかります。コメント優先で馬の状態なんて見ようとしていないのが分かります。コメント貰うためにゴマをすっている奴がたくさんいる社会になってることも。
競馬場でいつも不思議に思える競馬記者の人の悠然とした態度、ちょっとでも時間を惜しんで馬に引っ付いてでもなにかを見つけようとする人皆無の状態、酷いところまで来ているなと。
マスコミがダメなら騎手も含めて関係者もダメになっていくのが当たり前、凄い血統の馬ワンサカいてそれが一つも踏ん張らずに負けていく様の理由が分かったような気分になりました。

Cover2131710_2

PR)アマゾンにて電子書籍で、競馬写真の我流ですが写真術をまとめた電子書籍を発刊しました。どうぞよろしくお願いいたします。目次をブログ内「わたしの競馬写真館」で公開しています。

キンドルを購入しなくても、アプリダウンロードでどの端末でも読み込んでいただけるはずです。この機会にぜひお願いします。

« 「暮れの中京熱戦は他以上」メートルダール(中日新聞杯1着) | トップページ | 「すいませんもう来ません。でも」ワンブレスアウェイ(ターコイズS8着) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「暮れの中京熱戦は他以上」メートルダール(中日新聞杯1着) | トップページ | 「すいませんもう来ません。でも」ワンブレスアウェイ(ターコイズS8着) »