2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「大接戦、なのに何とかせぇと声が出る」サトノクロニクル(チャレンジカップ1着) | トップページ | 「もし輝き始めたなら」シュナイデン(12月3日中京未勝利2000m1着) »

「ライアンだ、それだけで夢が叶う」ゴールドドリーム(チャンピオンズC1着)

2017_12_03_img_9999_4561712

始めて見た中京でのチャンピオンズカップ、社台系が独占していない出走馬、各陣営渾身の仕上げと、レース前からレースの中身が充実していました。

2017_12_03_img_9999_4651712

先行したコパノリッキーとテイエムジンソクが競り合って、それでも直線で残って頑張って何が来るんだって、言う時にやっぱり来てしまいました。馬の名前を言うより先に、大川さんじゃないけれど「ライアン!」って叫んでいました。

2017_12_03_img_9999_5011712

それにしても可能性が低いというか、東京マイル専用と思っていたゴールドドリームで、可能性を奥の奥から引っ張り出してきたような騎乗は凄いの一言です。この日も他のレースでの返し馬で、ほかの騎手は促してやっと走り出すのに、腰を上げた途端に馬がスッとゆっくりリラックスして走り出す、感動もんでした。

Cover2131710_2

PR)アマゾンにて電子書籍で、競馬写真の我流ですが写真術をまとめた電子書籍を発刊しました。どうぞよろしくお願いいたします。目次をブログ内「わたしの競馬写真館」で公開しています。

 キンドルを購入しなくても、アプリダウンロードでどの端末でも読み込んでいただけるはずです。この機会にぜひお願いします。

« 「大接戦、なのに何とかせぇと声が出る」サトノクロニクル(チャレンジカップ1着) | トップページ | 「もし輝き始めたなら」シュナイデン(12月3日中京未勝利2000m1着) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「大接戦、なのに何とかせぇと声が出る」サトノクロニクル(チャレンジカップ1着) | トップページ | 「もし輝き始めたなら」シュナイデン(12月3日中京未勝利2000m1着) »