2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「良く撮れたブラックの輝き」キタサンブラック(ジャパンカップ3着より) | トップページ | 「ライアンだ、それだけで夢が叶う」ゴールドドリーム(チャンピオンズC1着) »

「大接戦、なのに何とかせぇと声が出る」サトノクロニクル(チャレンジカップ1着)

2017_12_02_img_9999_38411712

ゴール前、ハンデ戦でもないのにこんなに接戦になるとは思いませんでした。私の本命はブレスジャーニー、菊花賞で結構惚れてしまいました。あとは愛馬に先着したサトノクロニクル、ディープ産駒のモンド、デニム、持ち馬のレッドっていうところでしたが。

2017_12_02_img_9999_3921712

最後は、大接戦になり、ブレスジャーニーも来たけれど、スキルの高い外国人騎手、囲まれた日本人は悪いけれど年齢も高く、それなりに囲まれた若い騎手たちより、動作は少しは劣るはずで、悪いけれど今回は騎手の差で負けたと思います。なにしろブレスにとっては、あとの出走を楽にするために、2着以上というか、2着が欲しかったので、大きな僅差になってしまったと。

2017_12_02_img_9999_3201712

それにしても大接戦なのに、短期免許の外国人騎手が増えるこの時期、いつもより早く、日本人何しとるんじゃいの声が上がってきているのが痛々しい、これでは、クラシックシーズンが騎手のスキルの低さで色あせて見えてしまう可能性すらある、何とかしてほしいもんですが、若手騎手はクリスマスの盛り場、できる騎手たちは夜の街で元気を保ちたい、と競馬のことなんて頭にないでしょうから、何しろスタート直前まで、飲み会のこととか喋っていて、それで出遅れるとこ去年見たことあるし。。。なんとか競馬に職業人として目を向けてほしいもんです。

« 「良く撮れたブラックの輝き」キタサンブラック(ジャパンカップ3着より) | トップページ | 「ライアンだ、それだけで夢が叶う」ゴールドドリーム(チャンピオンズC1着) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「良く撮れたブラックの輝き」キタサンブラック(ジャパンカップ3着より) | トップページ | 「ライアンだ、それだけで夢が叶う」ゴールドドリーム(チャンピオンズC1着) »