2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「今日に輝く花もある」モズカッチャン(エリザベス女王杯1着) | トップページ | 「現れたのか現れないのか」11月11日、12日新馬、未勝利よりパスクアメリカーナ、エールショー、フィニフティ、ダノンフォーチュン »

「石を蹴って帰る日」ジュールポレール(女王杯完敗)

2017_11_12_img_9999_3661711

外を回った馬が全滅気味のこの日、できれば勝ち馬の後ろにつけたったけれど、やはり押してまでは初距離で行けず、外を外を回って直線外では、伸びません。重い馬場になった淀では、真のスタミナも試されるので、それはありませんでした。

2017_11_12_img_9999_3371711

馬体は少し余裕があったかもしれません。クラブが早くG1タイトルがほしいので、ここを挑戦した経緯も少しはあるだろうけれど、無事ならば中山ターコイズで重賞タイトルに挑戦してもらいましょう。ということは、関東の持ち馬がここを予定しているので。。。両方とも着外ということはありませんように。
今回口取りを申し込んだけれど、ジャケットを気にしながらの1日は楽しめません。自分の甘さを知った一日でもありました。

« 「今日に輝く花もある」モズカッチャン(エリザベス女王杯1着) | トップページ | 「現れたのか現れないのか」11月11日、12日新馬、未勝利よりパスクアメリカーナ、エールショー、フィニフティ、ダノンフォーチュン »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今日に輝く花もある」モズカッチャン(エリザベス女王杯1着) | トップページ | 「現れたのか現れないのか」11月11日、12日新馬、未勝利よりパスクアメリカーナ、エールショー、フィニフティ、ダノンフォーチュン »