2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「ちょっとだけドキドキ」ジュールポレール(女王杯出走) | トップページ | 「今日に輝く花もある」モズカッチャン(エリザベス女王杯1着) »

「夜明けは近いか」ジャンダルム(デイリー杯2歳S1着)

2017_11_11_img_9999_2701711

このレース、紙面をにぎわす馬はたくさんいたので、目移りするかなと思ったのですが、パドックではジャンダルムが違う感じで、他は少しなという感じで、それならドリームジャーニーの産駒のドンアルコスでも大丈夫なんじゃないのかとか、いろんなことを考えました。

2017_11_11_img_9999_2481711

特に馬場が重い、なんというか前脚を素早く前に出して掻きこむ感じが求められるのが日本の馬場で、それより少し上に振りかぶって馬場をつまむ感じが必要なのが欧州をはじめ重い馬場の特徴とすると、重い馬場にシフトしていて、欧州色が強い方が来てるんじゃないのかって思ってると結構頭の中がこんがらがって、結局馬券は外れるんだけれど。。。とにかく馬場が実際のところ1秒以上遅くなっていることは確かで。

2017_11_11_img_9999_2381711

時計がかかると、スピードが遅くなる、遅くなると馬の感覚が狭くなる、F1のモナコがその代表だけれど、そうなると騎手の腕が大事になってくる、余計に、と考えるとジャンダルムの鞍上はアッゼニであり、これかなと。

2017_11_11_img_9999_2921711

とにかくビリーヴの子供で夢を見られるのも良いもんだと。

2017_11_11_img_9999_1831711

 

Cover2131710_6

わたしの競馬写真館」に目次掲載(←ここをクリック)

「Amazon わたしの競馬写真術ノート」で検索お願いします

 

« 「ちょっとだけドキドキ」ジュールポレール(女王杯出走) | トップページ | 「今日に輝く花もある」モズカッチャン(エリザベス女王杯1着) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ちょっとだけドキドキ」ジュールポレール(女王杯出走) | トップページ | 「今日に輝く花もある」モズカッチャン(エリザベス女王杯1着) »