2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「夜明けは近いか」ジャンダルム(デイリー杯2歳S1着) | トップページ | 「石を蹴って帰る日」ジュールポレール(女王杯完敗) »

「今日に輝く花もある」モズカッチャン(エリザベス女王杯1着)

2017_11_12_img_9999_4201711

なにしろ、外側を通った馬が強い横風の影響からか、全て伸びない中で、前残りのペース、その中で、差してきたミッキークイーンには感動しました。

2017_11_12_img_9999_4561711

だけれど、1年前のあんなことがあるとこの鞍上で淀でG1は勝って欲しくない。競馬の神様はいるかもしれませんね。

2017_11_12_img_9999_3451711

重い馬場で欧州血統が走るかなと思ったので、母父凱旋門賞馬の自分の愛馬にも期待しましたが、あえなくスタミナ切れ、サンデーが入っていない、欧州血統のモズカッチャンが1着、ウーンといった感じです。

2017_11_12_img_9999_3311711

Cover2131710_13

わたしの競馬写真館」に目次掲載(←ここをクリック)

「Amazon わたしの競馬写真術ノート」で検索お願いします。

2017_11_12_img_9999_3821801

(ヴィブロスは完敗)

 

 

« 「夜明けは近いか」ジャンダルム(デイリー杯2歳S1着) | トップページ | 「石を蹴って帰る日」ジュールポレール(女王杯完敗) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夜明けは近いか」ジャンダルム(デイリー杯2歳S1着) | トップページ | 「石を蹴って帰る日」ジュールポレール(女王杯完敗) »