2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「燃えるような日のヒロインは?」スマートレイアー(京都大賞典1着) | トップページ | 「必殺は自然体で」マカヒキ(毎日王冠より) »

「道標はどっちですか?」ソウルスターリング(毎日王冠より)

2017_10_08_img_9999_1601710

さて、ゆるみのないペースで、いわば欧州競馬的な競馬で負けた感じのソウルスターリング。
ヨーロッパのフランケル産駒と同じようなレースの結果だと思います。

2017_10_08_img_9999_1111710

凱旋門賞ウィークのガリレオ産駒ハッピリーの写真と比べてみてもらえると、胴から後脚のつながりの部分が違うことがわかるでしょう。大きな筋肉を脚を引き付けた時に入れ込む余裕がガリレオ産駒にはあるのです。フランケル産駒は、これがない分を脚の力で何とかしています。そのために力強さを感じますがそれが欠点でもあります。マイルの方がフランケル産駒は向いているでしょうがそこには日本ではディープ産駒がいる。悩ましいところです。

« 「燃えるような日のヒロインは?」スマートレイアー(京都大賞典1着) | トップページ | 「必殺は自然体で」マカヒキ(毎日王冠より) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「燃えるような日のヒロインは?」スマートレイアー(京都大賞典1着) | トップページ | 「必殺は自然体で」マカヒキ(毎日王冠より) »