2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「久しぶりの昇り竜」サングレーザー(スワンS1着) | トップページ | 「名勝負が無駄になりませんように」(17年秋の天皇賞より雑感その1) »

「今日が一番の思い出になりませんように」キタサンブラックKitasan Black(天皇賞秋1着)

2017_10_29_img_9999_1891710

天皇賞前に降った雨は、一瞬向こう正面を霞ませてしまうくらいの雨だったので、芝の馬場から雨が浸透せずに浮いてしまって、水たまりが芝馬場にできて、重が上手いかどうかではなく、雨の天気でも平気かどうか、そして騎手との相性が良ければそれだけ消耗せずに走ってこれるので、その相性がどうかとか、そういう科学的じゃない面が試されているような感じすらする馬場になりました。

2017_10_29_img_9999_1881710

内が悪いので、結局は大きく回る感じになるので、京都で言えば外回りで実力を発揮するようなというとブラックタイドで、キタサンブラックも有力かなとは思いました。
前走の敗因は、外々をずっと回ったことでしょうか、上手く内に入り込めないとか、そういう面は疲れがそうさせていたのでしょうが、パドックに行かずモニターで見たパドックの様子は凄く良い調子に見えて、大敗はないだろうなという感じもしましたね。

2017_10_29_img_9999_1961710

レースは、武騎手渾身の騎乗と馬自身が大雨も苦にせず、道悪にも他と比べてでしょうが、苦になってなかったことが大きかったでしょう。最後の叩き合いで私自身はミルコに負けてほしくなかったので、なんとか残してくれて、なんだか凄く嬉しいレースになりました。

2017_10_29_img_9999_2441710

あと2戦ですか、なんとかどちらか勝ってほしいものです。社台スタリオンに入ったら一般展示場で、たくさんの人に夢を与えながらの種牡馬人生でしょう、いくつもの夢が大きくなりますように。

Cover2131710_8

上の写真も本書の通りの設定で撮ったものです。簡単設定で、競馬写真が撮れる写真術の電子書籍を発刊しましたどうぞよろしくお願いします。

※アマゾン「わたしの競馬写真術ノート」で検索ください。

 

価格720円(競馬週刊誌1冊分)

カテゴリー「わたしの競馬写真館」に目次掲載しています。

 

« 「久しぶりの昇り竜」サングレーザー(スワンS1着) | トップページ | 「名勝負が無駄になりませんように」(17年秋の天皇賞より雑感その1) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「久しぶりの昇り竜」サングレーザー(スワンS1着) | トップページ | 「名勝負が無駄になりませんように」(17年秋の天皇賞より雑感その1) »