2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「無慈悲なスピード」タワーオブロンドン(ききょうS1着) | トップページ | 「君の姿見送れば、僕だって何かできるそんな気がしてくるさ」エネイブル Enable (2017年凱旋門賞1着Prix de l'Arc de Triomphe 2017) »

「凱旋門賞2017は、迷宮か伝説か」

2017_07_02_img_9999_3101707irishder

(アイルランドダービーです。クラックスマンの最高のパフォーマンスはこのレースではないのかしらと、それに勝ったカプリ、期待しています、でも出てくるかな?)

さて、凱旋門賞です。念願が叶い、行ってきます状態で、この予想を書きたいと思います。
まず、前年との比較です。
まず天気はいまのところ昨日までの当日雨の予報が少し好転し、にわか雨程度になる模様で、多分稍重の重に近い状態よりどれだけ乾くかってところだと思います。
次にコースが前年と違います。去年はトライアルは仮柵(日本のDコース状態)でしたし、前日も仮柵をしていて、仮柵を取った状態には、当日の日曜日に変更して行いました。良馬場で、しかも内側だけ、そこを走るフランス大馬主の馬を勝たせるためか、次の週には、(たった5レース良馬場で使っただけで)土の部分が見えるほど、刈り込んであったのです。内を通った馬がレコードで勝つのは当たり前、外側は刈られておらず、マカヒキは常に力んで走らなければなりませんでした。
今年は、トライアルから仮柵がとられていて、しかも重馬場、こうなると内側が荒れるので、後半のレース内を走った馬は、大変走りにくい、ここにサトノダイヤモンドが押し込められて、予想以上の差をつけられて負けました。

2017_07_02_img_9999_791707irishderb

(カプリ)

今年これがどうなるかです。フランス大馬主の馬は、スピードが無いタイプなので、芝は刈ってほしくないはずです。だから昨年ほど内側だけ刈り込んで来ないと思いますがまだわかりません。馬場を数人で点検して馬場の状態を重視していて、前年、内をファウンドで突いて勝ったオブライエン厩舎が何頭もエントリーしているのは、天気とどれくらいの馬場の芝の長さになるか計りかねている部分もあると思います。
 
さて、馬場以外で注目すべきは、まず先行馬が多いこと、本命馬エネイブル、オーダーオブセントジョージ、ハイランドリールと強力な先行馬が揃いました。この後ろにつけるのが、カプリ、ウィンター、サトノ2頭となると思います。

2016_09_11_img_9999_2991606

(ザラク 何ともピンとこない馬です。サトノダイヤモンドにフォワ賞で負けたシルバーウエイブに、やっと勝てる時がある感じの馬です。)

圧倒的な一番人気のエネイブルは、古馬混合を2戦レースをしてきたので、斤量が軽いことでの圧勝が続きました。なので斤量の恩恵での、より強力なパフォーマンスを期待するより、前走くらい走る感じで考えた方が良いし、なんといってもオブライエン強力先行馬が囲んでしまうでしょうから、レースは今までで一番、内だろうが外だろうがしにくいと思います。
 
日本馬に可能性はあるのかと言われれば大いに可能性があると思います。ただし、ルメール騎手が、何レースか凱旋門賞の前に騎乗していることが条件です。前年はたしか土曜日に1鞍乗っただけでした。今からでも騎乗馬を探して、せめて日曜日に1鞍、土曜日に1鞍乗ってレースに挑んでほしいです。誰でも経験があるでしょうけれど慣れ親しんだところで久しぶりで、なんか感覚が空回りして、効率が上がらなかったことが。。去年はそれだったと思います。だから最低この点です。

2017_05_07_img_9999_3912017one_thou

(ウィンター、距離を克服するには名手の騎乗が必要?)

変な話ですが、出走予定の内、ウィンター、カプリ、ザラク、サトノ2頭と出走予定馬の1/4を見ているのも不思議な感じがします。ほかには出てくるかどうかは分かりませんが、セブンスヘヴン、シルヴァーウエイブを見ています。
 
自分はファンになったオブライエン厩舎の2頭で(カプリは出てくれば斤量が3キロ近く軽くなって出走してくることになります。)勝負してみるつもりです。ま今頃アイルランドでは、今の調子と馬場状態と馬場の芝生の高さの情報を入れて、メガネの調教師と出っ歯の№2と背の高い厩務員の3人くらいで出走メンバーと戦法を決めているところだと思います。
 
付け加えですが、フランス2冠馬ブラムトには、クリスチャン・デムーロ騎乗です。

« 「無慈悲なスピード」タワーオブロンドン(ききょうS1着) | トップページ | 「君の姿見送れば、僕だって何かできるそんな気がしてくるさ」エネイブル Enable (2017年凱旋門賞1着Prix de l'Arc de Triomphe 2017) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「無慈悲なスピード」タワーオブロンドン(ききょうS1着) | トップページ | 「君の姿見送れば、僕だって何かできるそんな気がしてくるさ」エネイブル Enable (2017年凱旋門賞1着Prix de l'Arc de Triomphe 2017) »