2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

「凱旋門賞2017は、迷宮か伝説か」

2017_07_02_img_9999_3101707irishder

(アイルランドダービーです。クラックスマンの最高のパフォーマンスはこのレースではないのかしらと、それに勝ったカプリ、期待しています、でも出てくるかな?)

さて、凱旋門賞です。念願が叶い、行ってきます状態で、この予想を書きたいと思います。
まず、前年との比較です。
まず天気はいまのところ昨日までの当日雨の予報が少し好転し、にわか雨程度になる模様で、多分稍重の重に近い状態よりどれだけ乾くかってところだと思います。
次にコースが前年と違います。去年はトライアルは仮柵(日本のDコース状態)でしたし、前日も仮柵をしていて、仮柵を取った状態には、当日の日曜日に変更して行いました。良馬場で、しかも内側だけ、そこを走るフランス大馬主の馬を勝たせるためか、次の週には、(たった5レース良馬場で使っただけで)土の部分が見えるほど、刈り込んであったのです。内を通った馬がレコードで勝つのは当たり前、外側は刈られておらず、マカヒキは常に力んで走らなければなりませんでした。
今年は、トライアルから仮柵がとられていて、しかも重馬場、こうなると内側が荒れるので、後半のレース内を走った馬は、大変走りにくい、ここにサトノダイヤモンドが押し込められて、予想以上の差をつけられて負けました。

2017_07_02_img_9999_791707irishderb

(カプリ)

今年これがどうなるかです。フランス大馬主の馬は、スピードが無いタイプなので、芝は刈ってほしくないはずです。だから昨年ほど内側だけ刈り込んで来ないと思いますがまだわかりません。馬場を数人で点検して馬場の状態を重視していて、前年、内をファウンドで突いて勝ったオブライエン厩舎が何頭もエントリーしているのは、天気とどれくらいの馬場の芝の長さになるか計りかねている部分もあると思います。
 
さて、馬場以外で注目すべきは、まず先行馬が多いこと、本命馬エネイブル、オーダーオブセントジョージ、ハイランドリールと強力な先行馬が揃いました。この後ろにつけるのが、カプリ、ウィンター、サトノ2頭となると思います。

2016_09_11_img_9999_2991606

(ザラク 何ともピンとこない馬です。サトノダイヤモンドにフォワ賞で負けたシルバーウエイブに、やっと勝てる時がある感じの馬です。)

圧倒的な一番人気のエネイブルは、古馬混合を2戦レースをしてきたので、斤量が軽いことでの圧勝が続きました。なので斤量の恩恵での、より強力なパフォーマンスを期待するより、前走くらい走る感じで考えた方が良いし、なんといってもオブライエン強力先行馬が囲んでしまうでしょうから、レースは今までで一番、内だろうが外だろうがしにくいと思います。
 
日本馬に可能性はあるのかと言われれば大いに可能性があると思います。ただし、ルメール騎手が、何レースか凱旋門賞の前に騎乗していることが条件です。前年はたしか土曜日に1鞍乗っただけでした。今からでも騎乗馬を探して、せめて日曜日に1鞍、土曜日に1鞍乗ってレースに挑んでほしいです。誰でも経験があるでしょうけれど慣れ親しんだところで久しぶりで、なんか感覚が空回りして、効率が上がらなかったことが。。去年はそれだったと思います。だから最低この点です。

2017_05_07_img_9999_3912017one_thou

(ウィンター、距離を克服するには名手の騎乗が必要?)

変な話ですが、出走予定の内、ウィンター、カプリ、ザラク、サトノ2頭と出走予定馬の1/4を見ているのも不思議な感じがします。ほかには出てくるかどうかは分かりませんが、セブンスヘヴン、シルヴァーウエイブを見ています。
 
自分はファンになったオブライエン厩舎の2頭で(カプリは出てくれば斤量が3キロ近く軽くなって出走してくることになります。)勝負してみるつもりです。ま今頃アイルランドでは、今の調子と馬場状態と馬場の芝生の高さの情報を入れて、メガネの調教師と出っ歯の№2と背の高い厩務員の3人くらいで出走メンバーと戦法を決めているところだと思います。
 
付け加えですが、フランス2冠馬ブラムトには、クリスチャン・デムーロ騎乗です。

「無慈悲なスピード」タワーオブロンドン(ききょうS1着)

2017_09_23_img_9999_521709

演劇でシェイクスピア好きのものにとっては、ロンドン塔と聞くと、ギクッと条件反射が来ます。
監獄で、政敵を幽閉する場所の名前ですから。
非サンデー系ですけれど、ミスプロ系にサドラーズウエルズがかかった母系は、世界的なニックスなのでこちらの方が主流の血統と言えます。

2017_09_23_img_9999_511709

でスピードが違ったというか、サンデー系以外でもマイルまでならこういう血統がドンドン出てこれるくらいの馬場になってきたのかなと感じられるくらい馬場の改修が進んできたのかなと感じますが、その前に馬がとんでもなく速かったかと。写真を見ると速い脚の回転で飛んでいるように安定して走っている感じが凄いです。

2017_09_23_img_9999_461709

「英雄も夢見る秋」レイデオロ(神戸新聞杯1着)

2017_09_24_img_9999_1011709

パドックに出てきたレイデオロの落ち着きにはビックリしました。春は走り出すんじゃないのかっていう皐月賞、ダービーではマシにはなったものの、首をツル首にして、自分で自分を抑えるのにパニック寸前のようだったし、それに比べればアレって感じでした。
相手もキセキで決まりのような感じがしたし、わかりやすいといえばパドックは、わかりやすかったかなと。

2017_09_24_img_9999_1021709

レースは上がりの競馬で、もうエンジンをレイデオロが掛けた途端に勝負が決まった感じで、鮮やかなもんでした。
ひょっとしたらキセキは、菊花賞を試して馬群を試したかもしれないと、左回りの方がパフォーマンスが高そうだから、今回は右回りでも馬群をさばいて2着争いだけれど末脚勝負で勝ったからトライアルとしては申し分がなかったかも。
ダンビュライトは4着、少し重かったかなと。

2017_09_24_img_9999_1171709

3着サトノアーサーは、賞金が追加したかった、そうすれば選択肢が増えた。2000未満の末脚と、それ以上の距離との上がりのタイムが違い過ぎて多分マイラーで、それこそ来年の3月のドバイを狙った方が良いのでないかと思うけれど、そのためには、まず目先の賞金がほしいはず。いまのまま菊花賞を使えばその後のプランが立てにくく、いまマイルに回って古馬とやればそうそうまずレースに出られる保障もないし、今回能力の違いで距離は長いけれど2着以上なら、菊花賞を使っても良いし、次マイルCSでもよかったけれど、それが出来ずに、これからどうするんだろって、セントライト記念組はオールカマーより時計が速いし、ハイレベルかもしれないし。。

2017_09_24_img_9999_611709

自分の持ち馬が1000万で長距離特性があるので、菊花賞に出たいけれど、土曜日にマイネルが1頭勝って、残り1枠から2枠が1000万からという感じ。賞金を持った個人馬主さんの馬はこのレース大負けしたけれど、これはカレンダーに菊花賞と書き込んであるだろうし。。

2017_09_24_img_9999_721709

それにしてもカデナはなんでこんなに変わってしまったんだろう。もっと手足の強さを感じる馬だったけれど、全くそれが感じない。去年ときめいたのがウソのような状態で、それだからずっと強力な存在に位置し続けている勝ち馬の強さが余計に際立っていました。

「明日あなたにありがとうと言えますように」ソロル(阪神JSより)

2017_09_16_img_9999_541709

阪神JSで故障したけれど、なんとか大丈夫だとか。ホッとしています。

ちょっと彼にはリスペクトしていました。みんなの期待に障害に行っても応え続けて、陽性な感じがするし、募集馬ツアーにいけば、いつも彼より下の馬たちは、彼に比べてどうだって、彼を関係者が誇りに思ってるのがわかるし。。だから明日、来年またどこかで会えますように。

「タイフーンレデイ現る」リュクスポケット(9月18日新馬1800m1着)

2017_09_17_img_9999_751709

クラブの募集で評判になった馬も含めて、評判馬が揃った新馬戦ではあったのですが、台風が近づいてきて、まず風が強くなってきて、雨がなんだか降らないけれど、なんだかカーッとした気温に現れない暑さがあるなと思っているいつものシナリオ通りの台風の日で、新馬戦は、その強い風だけが吹いている中行われました。
強い風だけでも不安定要素で、不安な馬は多分群れの中にいたいという気持ちが働いたのかもしれませんが、やっぱりこういうなんだかザワザワしているときは、阪神ではダイワメジャー産駒の粘り強さなんだなぁ。。。

2017_09_17_img_9999_781709

ほとんど差されて、みんなが外の馬が勝ったと思ってるのに、ゴール前まで抜かせなくて。
これがまたどっかで生きてくるんでしょう。

「まずは情熱があること」ワグネリアン(野路菊S1着)

2017_09_16_img_9999_1791709

ワーグナー愛好者っていう意味を持つワグネリアン、ワーグナーのオペラって5時間以上かかるものが多く、ホント根気がいるんですが、彼の物語もこの9月から来年の5月までだとすると、ワーグナーのオペラなみに長くなるかなと。

2017_09_16_img_9999_1721709

さて大物といろんなところでコミットされていましたので、期待していたパドック、それほどでもないなとガッカリし、レースを見ておりました。

2017_09_16_img_9999_1741709

確かにそれぞれのパーツの造りが大きくて立体的であったなと思い返してはいたし、まだ9月だから勝つことは勝つだろうくらいのノリではありました。

2017_09_16_img_9999_1861709

ターフビジョンで走る姿を見ていると、3コーナーからくらいのフォームが凄くカッコよいし、存在感があるというか、走りが違うというか、これは違うってわかって。それから追い出されて、グングン来て。迫力があって。なるほど大物だわって。。

2017_09_16_img_9999_1061709

「タピットの娘はラビット」ラビットラン(ローズS1着)

2017_09_17_img_9999_2551709

アッケに取られる末脚でした。ちょうど昔アグネスデジタルが、マイルCSで勝った時に、いきなりテレビの端から端まで差しきってしまった感じがあったけれど、ちょうどそれに似たような感じで。

2017_09_17_img_9999_2601709

しかし、高レベルなので牝馬の勢力図は変わらないだろうと思っていたら、いきなりのオールクリアー状態。たしかに春の勢力はまだ太目が目立つとはいえ。ホントビックリです。

2017_09_17_img_9999_2881709

「熱風的弾丸」ミッキースワロー(セントライト記念1着)

2017_09_18_img_9999_2561709

この日は暑い日で、カッカしているし、この馬をはじめて見るもので、名前からもっとスマートな馬体かと思っていたら、ゴツい感じでおやって言う感じだったし、返し馬では、首が高いし、こんなもんかなって思っていたけど、強いし切れるしで。。

2017_09_18_img_9999_2511709

血統的には、トーセンホマレボシの母エブリウィスパーと、母父になるジャングルポケットの組み合わせでは、トーセンジョーダンがいるから、首が高いのも仕方がないし、高速馬場もこなせるけれど、少し遅めの良馬場が一番いい条件かなとも思ったりも事前に思っていたけれど、まさかそんな条件に、30度以上に気温が上がって、強い風が吹いて、馬場が急速に乾いて、なってしまうと思わなかったけれど。運があるのもいいですね。

2017_09_18_img_9999_1951709

レースは恵まれたけれど強いと。秋の天皇賞に行くとひょっとしたらッてところがあるんじゃないのかって思うけれど、菊花賞はどうでしょう。少し馬場状態によっては、距離が長いかもって思うけれど、思うほど見てなかったりもするけれど。。

「ふさわしい色はゴールド」スティッフェリオ(セントライト記念4着)

2017_09_18_img_9999_1691709

9月18日中山へ、昼頃ついて芝のレースを見て、雨が大量に昨日に降ったのに、もう乾いており、全く芝の塊が飛ばない状態に唖然。馬場が悪ければ、その分有利になると見ていただけに。しかも内枠有利な競馬は馬場が乾いてから益々顕著になっており。。もう14時くらいには着外を覚悟していました。
 
望みは、距離が延びて、距離延長が向いている結果になった時に、なんとか5着かなと。馬体重は4キロ減ではじめての430キロ台、でも前々走1着の時からは2キロ減、父ステイゴールドも関東遠征の時は、馬体を減らしながらパフォーマンスは落としていないので。馬は良いデキであったと思います。

2017_09_18_img_9999_1701709

レースは、大外枠発走で、最後のゲートイン、好スタート、ゲート内で隣のジョッキーと喋っていて大きく出遅れた2戦目と雲泥の差、それで外枠を考えたら先行。出足が遅い分、先行しきるのに時間がかかり、1コーナーを回るときに他より少しロスしたのは、この日芝のレースが初めての鞍上では仕方のないところではあるけれど、着順を下げた要因になったかも。
 
そして向こう正面は、向かい風、先行したものに大きく不利、外枠から先行は内側有利の馬場では仕方がないけれど、結局、向こう正面で風よけに使われた直後の3頭にやられた結果。。

2017_09_18_img_9999_2211709

風を受けて走った馬たちには勝ち、他とは力の差があったけれど4着。。夢を見たけれど、直線の坂が外枠から無理した分、思いっきり応える条件だっただけに。追い込んできている馬は追い風を目一杯に受けているし。馬群の前にいるのと伸びが違うのは当たり前で。菊花賞の権利がとれませんでした。
 
収穫は距離が延びて、はるかにパフォーマンスが上がったこと、外枠、向かい風の中を先行、初コースなどなど、不利なことばかりで0.6秒差。。ステイヤーの片鱗が見えたと思います。

2017_09_18_img_9999_2371709

以前のように11月第2週が菊花賞なら、10月に2戦して一つ勝って、菊花賞に出てきて大物を倒すって、こういう馬が菊花賞の主役でした。だけど今は菊花賞が10月。。空しいもんです。それでも菊花賞に出たら多分4着以上でしょう。。だから今日の4着が残念。

「いつでも夢は黄金色」シュペルミエール、エトランドル、エリティエール、アダムスピーク

2017_09_03_img_9999_192

(シュペルミエール)

キャロットクラブ募集馬見学ツアーを完走してみると、結構疲れが出た。歳なのに2次会に原因をしたいが、募集場のほかに展示されていた2歳以上の持ち馬が3頭いたのも原因だろう。
シュペルミエールは2500の準オープンを力が違う勝ち方をしたから、長距離では重賞級であることはあきらか。しかし屈腱炎。クラブのコメントとかを読むともう少し早めになんとかできなかったが少しだけれど疑問に思う。復帰は遠く19年になるだろう。非常に残念。
僕は7月アイルランドダービーに行って、1日過ごすうちに、どのレースも複数の馬を出し、そして、その馬の具合を見る、馬をひく、指示を出すなど、傾斜のある深い芝馬場を全力で走りまくって、それを手を抜かず駄馬にしか見えない馬を何とか走らそうとしていたエイダンオブライエンに出会った。世界一の調教師の姿は過酷だった。
勝利調教師インタビューで彼の前髪が乱れているのは、不精なためではなく、走りまくったため、かいた汗によるものだった。。日本の調教師に、これはない。みんな画一的、人気厩舎であろうがなかろうが誰も走りはしない。
2歳馬の最初の追切をポリトラックで行うと故障率が高いという報告を知りながら厩舎の流儀だからとめんどくさがって馬を見ずに追い切って馬を壊してしまった調教師は関東で何人も知ってるけれど。僕の調教師のイメージはこれだけ。。

2017_09_02_img_9999_107

(エトランドル)
エトランドルも屈腱炎、1年以上経過、もうそろそろ乗り始めて、寒くなったら、本州かもしれない。。600キロあるらしい。それだけで心配。

2017_09_03_img_9999_170

(エリティエール)

エリティエールは、奇跡の未勝利脱出から、1か月。とにかく成長がほしい。この日も風の性もあるだろうけれど、気が悪く、暴れ方が半端ではなかった。とにかく成長。

2017_09_03_img_9999_202

(アダムスピーク)

どのツアーでも、持ち馬だったアダムスピークを見に行くのが楽しみ、生き残ってくれたのはありがたいこと。キャロットの所属だったこともあり、最後に見送ってくれた。
今でいう過労死当然ほど忙しい時、唯一の楽しみだった年末のラジオニッケイ賞観戦、そのレースに勝ってくれて、ホント幸せな気分にさせてくれた。瞳がいつまでも綺麗なのが嬉しくて。
優先希望(×1回)がヒルダズパッション、母馬優先でピュアブリーゼ、縁を勝手に感じてるハルーワソング、ヒカルアモーレ、グレートフィーバー、外れるだろうけれどスペシャルグルーブ、ラフォルジュルネで何とか3頭獲得できれば今年はマズマズかなと。
ヒルダズで、シュペとエトランドルの代わりを。収益性は低そうだが、ピュアでエリティの変わりはできそうだし。。無事走り出せは、なんとかほかの活躍と合わせて、会費と、指定席代くらいは稼げるだろうと。
ヒカルアモーレが当たったら、2次会で知り合った方に感謝しなければ。彼がどうって聞かなかったら、カタログを見ても、歩きを見ても男馬と感違いして、男馬でこの血統だと関西で走るところがないしなと思っていた僕が、もう一度見返すことはなかったし。。
 
 

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »