2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「いつでも夢は黄金色」シュペルミエール、エトランドル、エリティエール、アダムスピーク | トップページ | 「ふさわしい色はゴールド」スティッフェリオ(セントライト記念4着) »

「9月に始まる物語」ヒルダズパッションの16、ラフォルジュルネの16、ピュアブリーゼの16

2017_09_03_img_9999_18

(ヒルダズパッションの16)

さて、結果を恐る恐る見たところ3頭当選でした。タイトルにしてある3頭です。
ヒルダズパッションの16は、2年目のオルフェ産駒としては最高の価格かなと思います。恐る恐るって感じです。繋ぎがDVDで見た感じ、柔らかすぎるオルフェ産駒のちょっと気になる特徴がありましたのでそれを見学ツアーでチェックできたのは良かったかもしれません。
毎年8月盆過ぎから9月初めまでは、長野県松本市である小澤征爾さん監督の音楽祭に行っているのでこのツアーには初めて参加しましたが、これが成果になると嬉しいですね。
 
ちょうどオルフェ産駒のシンハリーズの15が展示されていたのを前日に見て、そちらの方が繋ぎはもっと柔らかくて、それでも大丈夫とのことだったので、次の日彼を見て、それほどでもないので、候補に入れて検討しました。身のこなしというか反転するときの体の動かし方は凄くいいものがあったと思います。
あとは厩舎です。シュペルミエールが今回の故障も恨みはあるけれど、ダービー行けなかったのは、いまでも納得いきません。騎手選びも含めてそこまでの過程など再点検を。そこんとこお願いしたいもんです。

2017_09_02_img_9999_5

(ラフォルジュルネの16)

ラフォルジュルネの16は、DVDの動きに惚れて申し込んだのが本音です。第一印象って努力しても心理学的に言うと2時間は変えられないそうだと聞いたことがあるけれど、まさに第一印象が変わらなかったまま申し込んだ感じです。ツアーでの動きは悪いものでしたが、それが放牧で歩きすぎていたものと信じていたいと思います。グレートフィ-ヴァーの16もア姉になるシャルール、ルエヴェルロールと縁があり申し込みましたが外れたので、その孫になるラフォルジュルネの16にあたってホッとしています。

2017_09_02_img_9999_73

(ピュアブリーゼの16)

ピュアブリーゼの16は、フレールジャックとともに申し込んで、このクラブの私の歴史が始まりました。評価はそれなりに貰っていましたが、マイペースな性格は、母親譲りであり、はてさてどうなりますことやら。
厩舎が、あんまり血統から馬の特性を決めようとしないかわりに、自分たちで決めつけてしまうと絶対に変えずに間違ったまますべてを進めてしまう場合があるし、乗り役選びもピントがずれている感じがするのが特徴なので、なんとかそこんとこの誤差が小さくないと、馬の受け継いだ性格が欧州サラブレッドの我の強さ(日本では気が悪いと自分たちが対処できないと馬の性にしてしまってそう言いますが)を持っているので、何ともならない場合があるかなと思うのでそれが心配。
さて、今、競馬の電子書籍を出せないか検討中です。画像中心になります。権利関係はなんとかなりそうな感じの方法を見つけました。多分10月の3連休のあたりで何とかできると思います。このブログともう一つのブログで(ペンネームは同じ)でPRしますのでよろしくお願いします。

« 「いつでも夢は黄金色」シュペルミエール、エトランドル、エリティエール、アダムスピーク | トップページ | 「ふさわしい色はゴールド」スティッフェリオ(セントライト記念4着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いつでも夢は黄金色」シュペルミエール、エトランドル、エリティエール、アダムスピーク | トップページ | 「ふさわしい色はゴールド」スティッフェリオ(セントライト記念4着) »