2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「夏の始まりの日に」セレクトセール1日目(レイナクーバの2016より) | トップページ | 「今度は独走で」アリア(函館2才S有力馬) »

「合言葉は人馬一体!アイルランド競馬は必死のパッチ」7月カラ競馬場からの雑感

2017_07_02_img_9999_1241707irishder

旅行記でなく雑感です。まずダービー以外の馬のレベルは低かったと思います。Gレースも、リステッドもありましたが、地方競馬のC級見てるんかなといった感じでした。
 
ダービーはいきなりレベルがグッと上がります。その差がとても大きいのが目に見えてわかりました。メインのダービーが終わると帰るお客さんの率はニューマーケットなんかよりはるかに多かったのは、良い馬がいないのも原因かなと思いました。
 
もちろん、オブライエン厩舎の馬もダービー以外は、?マークを付けたいくらいのレベルが多かったと。つまり、良い馬はもっと条件の良いイギリス本土へ、そしてその下はアイルランドで走らせている感じを受けました。

2017_07_01_img_9999_65201705

だから必死に勝たせようとしている。ここでしか勝てないかもしれないから、必死にやっている。距離や騎手の振り分けによって、ホントに勝たせようとしている。あの有名な調教師は、プリパーレードリング、パドック、レースの入場、レース後のパドックを走りまくって移動しながら、馬の状態、機嫌を確かめ、指示をだしていました。ニューマーケットでの気難し系の落ち着いた感じのオブライエン調教師はそこにはいませんでした。
 
いわゆるクールモアの馬主さんも拝見することが出来ました。奥さんが綺麗なの。。この人が非常に熱心、いつもプリパレードリングにいて気が付くとはなにか厩舎の人に言っている。それが凄く適確な感じがして。。
 
レースは、前のレースのプリパレードリングの周回が終わると、次のレースの馬が出てくる。15分前くらいにパドックへ、パドックの鐘が鳴らされて、本馬場へ、レースをしてパドックへ引き上げて、上位馬は表彰へ、他は鞍をパドックで外して、プリパレードリングを通らずに、馬場を歩いて厩舎へで1つのレースが終わっていました。
 
2019年まで、レースをしながらのスタンド改修、あんまり大々的に断りがないのは、まず観客が少ないこと、多分1万人程度。つまり小規模。それに比べてレースコース自体は広大で、カラ競馬場自体の比率からすればスタンドは数パーセントにもならない、つまりいつもと変わりがないからというアイルランド独特の感覚があるかなと。
 
ダービー当日は、座れる席が別料金で売られていて、ほかの入場券も含め、前売りで完売していましたので、どの入場券をかくにしても計画段階でまず入場券をHPで押さえておくのがマストであると思います。

2017_07_01_img_9999_46201705

最後に感じたのは、人と馬の関係、ここでは「人馬一体」です。日本はこれに比べて「人馬一対」だと思います。これはファンも含めてかもしれませんが。
 
励まし、勇気づけ、ともに戦っている、だから無駄な動きはない、騎手で鞍から横に身を外して、鞭を振るっている日本の若手騎手的な騎手なんて、どんなにレベルが落ちたレースでも皆無でした。
なんでこういうことが起こるのかというと、日本では人が命令して、馬が聞き入れる側、主従がハッキリしている。ハッキリしているから、変な騎乗フォームで追いながら馬の性に敗因をして構わないんです。主人である人間側の無理が通って当たり前。一体なら、そうではないはず。
 
ファンだって「この子」って見下して馬を見てる。それもなかった。(場所取りは絶対なかったのは当たり前だけれど。)それが羨ましくて羨ましくて。。

« 「夏の始まりの日に」セレクトセール1日目(レイナクーバの2016より) | トップページ | 「今度は独走で」アリア(函館2才S有力馬) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夏の始まりの日に」セレクトセール1日目(レイナクーバの2016より) | トップページ | 「今度は独走で」アリア(函館2才S有力馬) »