2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「戦って勝つそれが世界基準」サトノクラウンSatono Crown宝塚記念1着 | トップページ | 「目指せプライムタイム」ダノンプレミアム(6月25日新馬1着) »

「栄光も功労も涙も喜びも」キタサンブラック(宝塚記念より)

2017_06_25_img_9999_192201705

目に見えない疲れ、それが敗因でしょう。少し忘れられかけているけれど、秋の天皇賞、JC、有馬と続く3戦を戦うと最後の有馬で目に見えない疲労が原因で失速し、有馬が波乱になることは良くあったことです。疲れがこの春の大阪杯から始まったG1シリーズ3戦をすべて戦った彼にあったといっていいでしょう。

2017_06_25_img_9999_156201705

秋の3戦の時もその中間のジャパンカップの馬場が軽すぎるくらいの時にこの現象が良くおこっていたような印象がありますから、レコード決着の春の天皇賞の後の馬場の重い宝塚記念では、それが出やすかったのかもしれません。
 
しかし良い夢を見させてもらいました。凱旋門は諦めらしいですけれど、仕方ないでしょう。秋にまた頑張ってもらいましょう。勝手にこちらの期待を乗せてそれに見事に応える姿は素晴らしいものでした。

« 「戦って勝つそれが世界基準」サトノクラウンSatono Crown宝塚記念1着 | トップページ | 「目指せプライムタイム」ダノンプレミアム(6月25日新馬1着) »

トピックス2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「戦って勝つそれが世界基準」サトノクラウンSatono Crown宝塚記念1着 | トップページ | 「目指せプライムタイム」ダノンプレミアム(6月25日新馬1着) »