2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「魅力か歴史か直感か」社台ツアーよりフランケル産駒、ブエナビスタの16 | トップページ | 「雨に咲く花」社台ツアーより、パイタ16、アプリコットフィズの16、ヴェルダの16、ミラクルレジェンドの16、オンブルリジェールの16 »

「リーダーボードの面々」社台ツアーより、アナスタシアブルー16、アイルビーバウンドの16、プラウドスペルの16

2017_06_11_img_9999_177201705

(アナスタシアブルーの16)

さて、人気の途中経過が始まって、改めて撮った写真を見ているところ、放牧しているので、脚が浮腫んで太く見えるなんてこともあるそうで、脚を触ってどうのこうのはひょっとしたら、意味がないのかも。。
アナスタシアブルーの16は柔らかい印象で無駄のない速さのある歩きで。母の劇的な熱を感じる勝利を憶えているものにとっては、なんだか馬体を見ているだけで熱く感じる場面もあって。。

2017_06_11_img_9999_182201705

(プラウドスペルの16)
プラウドスペル16はさすがと思うもの総額1.5億の値段が異次元。。この価格帯は本当のお金持ちが、人気を確かめながら、高いのばかりを組み合わせてくるため現在は人気がないように見えているだけ。。

2017_06_11_img_9999_193201705

(アイルビーバウンドの16)
アイルビーバウンドの16は、カタログ通りのいい馬、価格が65万だけに人気があって、やっぱりこれも買えない。。。
弱小は辛いを思い知らされる募集期間。。ならなんでツアーに行ってるんだって。それは、関西馬で第二次募集でなんとか参加できる馬をなんとかしようと思っているだけ。。はぁー。。

« 「魅力か歴史か直感か」社台ツアーよりフランケル産駒、ブエナビスタの16 | トップページ | 「雨に咲く花」社台ツアーより、パイタ16、アプリコットフィズの16、ヴェルダの16、ミラクルレジェンドの16、オンブルリジェールの16 »

募集馬見学ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「魅力か歴史か直感か」社台ツアーよりフランケル産駒、ブエナビスタの16 | トップページ | 「雨に咲く花」社台ツアーより、パイタ16、アプリコットフィズの16、ヴェルダの16、ミラクルレジェンドの16、オンブルリジェールの16 »