2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「さて明日から牧場ツアーに」 | トップページ | 「共演と競演」ディープインパクト、オルフェーヴル »

「合言葉は物語の継続」社台ツアーより、スタセリタの16、レーヴディソールの16

2017_06_10_img_9999_61705

(スタセリタの16)

社台ツアーに行ってきました。初日は大雨と強風、寒さ、2日目はパラっときた程度、私の住む滋賀県湖北地方は、1日間の降雪記録を持つ地域が数か所あり、しかも冬の季節風が日本で5本の指に入るくらい強く、冬になると時には大雪、時には強い風の中の雨とが繰り返し、何重苦になる地域であり、こんな地域に住んでいると、冬に晴れて穏やかな競馬場に行くのは一番の楽しみだし、愛馬出走なんてことがあると人より嬉しいけれど、12月の3日開催の最後の日に、スタート直前まで言葉を交わしたりして準備が遅れ出遅れたり、ターフビジョンみるふりしたり、ゴール前でワザと愛馬を引っ張たりして負けながらすべて敗因は馬の性にされると、ホント人より数倍以上怒れるんだってことが、たくさんの人にわかってもらえたと思うとそれも良かったかと。

2017_06_11_img_9999_501705

(レーヴディソールの16)

ツアーに参加して初日雨の中見たスタセリタの16(上の写真)は募集時の写真よりもガラッと馬の雰囲気やデキが上昇していて感心しきりでした。父がフランケルからディープに変わってどうなるかはわかりません。走りそうだと思うけれど価格がね、20回払いにしてもらえないかな。
レーヴディソールの16(下の写真)は初子ということもあり、弱いイメージがあるんですが、それなりに雰囲気はあるかなと、タキオンマニアとしては注目の一頭です。

« 「さて明日から牧場ツアーに」 | トップページ | 「共演と競演」ディープインパクト、オルフェーヴル »

募集馬見学ツアー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「さて明日から牧場ツアーに」 | トップページ | 「共演と競演」ディープインパクト、オルフェーヴル »