2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「迷ったけど」社台ツアーより、スターシップトラッフルズの16、タピッツフライの16、ギミーシェルターの16 | トップページ | 「あの日から僕はまだ凍っている」ウィンターWinter(ロイヤルアスコットコローネーションカップ1着) »

「夏がきた!アスコットに燃える男が爆発だ!」バーニーロイBarney Roy(セントジェイムスパレスS1着)

2017_05_06_img_9999_163201705

最高気温30度が続くロンドン。日本より熱いのがなんだか不思議です。なにしろ私が行った5月はじめが15度の連続、そこから40日もかからずに今度は30度の連続、今度は熱さとの戦いが、馬にもいわゆるロイヤルアスコットのファッションをした観客にも求められます。北海道から帰ってきての寒暖との差にも時々戸惑うのに、特に馬は大変でしょう。そのせいか、アイルランド勢が苦戦しているような。
 
注目された1日目の牡馬マイルの1戦は、単勝2倍を切るチャーチルが4着に敗れ、2000ギニー2着のバーニーロイが雪辱。
 
バーニーロイはニューマーケット調教で、熱くなったのには、チャーチルなどアイルランドから来る馬と比べてみても、少しは耐えられるでしょう。その分も着差に出たのかもしれませんが圧勝でした。

2017_05_06_img_9999_1672017two_thou

レースは、古馬マイルより1秒遅く(コースが違うかもしれませんが)逃げた馬が残っているので、スローペースで最後は2000ギニー1,2着馬のキレ比べ、でバーニーロイをマークしてスパートしたチャーチルが、バーニーロイに追いつけずのキレ負け、バーニーロイが勝ったという内容だったと。

2017_05_06_img_9999_85201705

バーニーロイは、ニューマーケットの2000ギニーで見た時には活気がありすぎて、レースで勝つことに意義を見出しているんじゃないかって素振りに、ひょっとしたら勝つのは彼じゃないのかって思ったんだけれど、チャーチルの発している何かがその時凄くて、やっぱりこっちかなと思ったのです。
だけれど彼の筋肉の凄さが脳裏に焼き付いており、勝たれてみると、やっぱりなって気が今となっては後付けにしかならないけれどしています。

2017_05_06_img_9999_93201705

バーニーロイの血統は、というかヨーロッパの馬たちは、日本のサンデーがどうとか、ヘイローのクロスがどうとか言うのではなく、ノーザンダンサー系の大種牡馬の3×3、とか、4代目までに、大種牡馬をいくつ入れられるのかとか、そういうものを大事にして、母馬の個性も大事にしながら、作っているルのではないでしょうか。
 
そのほうが日本より大らかさ、自由さを感じるのです。とくに募集馬のツアーが終わって、サンデーがどうとかストームキャットがどうとか重箱が大好きになっているときには余計に。

« 「迷ったけど」社台ツアーより、スターシップトラッフルズの16、タピッツフライの16、ギミーシェルターの16 | トップページ | 「あの日から僕はまだ凍っている」ウィンターWinter(ロイヤルアスコットコローネーションカップ1着) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「迷ったけど」社台ツアーより、スターシップトラッフルズの16、タピッツフライの16、ギミーシェルターの16 | トップページ | 「あの日から僕はまだ凍っている」ウィンターWinter(ロイヤルアスコットコローネーションカップ1着) »