2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「風のような舞い」キタサンブラックKitasan Black(天皇賞春1着) | トップページ | 「やがて君はもっと優しいひとになる」チャーチル 2000ギニー1着 Churchill  Two Thousand Guineas Stakes 2017 »

「日本競馬史が詰まっているブラック」キタサンブラックKitasanBlack

2017_04_30_img_9999_1091704

血統表をみると、ズラッと日本のリーディングサイヤーが並ぶ血統。そして父はディープの兄ブラックタイド、これが日本的だと。

2017_04_30_img_9999_1461704

なにしろ40年ほど前は、名馬のあんまり走らなかった弟とかを欧米から買ってきて、それで成功したら、その系統の本場で種牡馬で成功していないが、競争成績は立派な馬を買い叩いて持ってくるってことがよくあって、それがバクシンオーの父のユタカオーの母父ネヴァービート、この馬名馬の弟だったかな、これが成功して、ネヴァーセイダイ系の馬たちがゴッソリやってきた。
ユタカオーの父は、テスコボーイ、これはイギリスにあるテスコのオーナーが成功して買った馬で田舎で走っていてばかりだったので強かったのに安くて買えて、空前の大成功、でプリンスリーギフト系の馬たちがゴッソリ入ってきた。ノーザンテースト、サンデーも一緒のこと、サンデーの場合は強烈すぎたことと、子供たちの成功、受胎技術の向上により昔より倍以上の数多く成果を得られるようになったので、持ってくる隙が無かったので、そこまで行っていないけれど。

2017_04_30_img_9999_1741704

それで、父ブラックタイドはサンデーの産駒でディープの兄。。この兄ってところがなんとなく日本っぽいなぁって。何年もやってると思うわけで。。
天皇賞のパドックはすし詰め状態、全身の姿は映せません。それで、顔だけを撮ることになるのだけれど、なにかに似てるなぁっていうか、ブラックタイドが体型には出ているけれど。。もう一つ入っているような。。流星はネヴァーセイダイが綺麗な流星だったけれど。

« 「風のような舞い」キタサンブラックKitasan Black(天皇賞春1着) | トップページ | 「やがて君はもっと優しいひとになる」チャーチル 2000ギニー1着 Churchill  Two Thousand Guineas Stakes 2017 »

パドック百景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「風のような舞い」キタサンブラックKitasan Black(天皇賞春1着) | トップページ | 「やがて君はもっと優しいひとになる」チャーチル 2000ギニー1着 Churchill  Two Thousand Guineas Stakes 2017 »