2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「やがて君はもっと優しいひとになる」チャーチル 2000ギニー1着 Churchill  Two Thousand Guineas Stakes 2017 | トップページ | 「春のガリレオコレクション セブンスヘブン」5月6日ジョッキークラブステークス1着 »

「サニースペルズインウィンター」ウィンター 1000ギニー1着 Winter One Thousand Guineas Stakes 2017 

2017_05_07_img_9999_3912017one_thou

ロンドンは寒かったいくら待っても気温は上がらなかった相変わらずの13度程度どまり。。ただし、曇りがちの空からは雨は落ちてこなかった。5日間の滞在期間中、雨に合わなかった。これだけ雨の降らないのはロンドンでは珍しいと月曜日に行ったグローブ座の見学ツアーの案内の人が言っていた英語をやっと捕まえて、ほかの見学者より後から頷いていたけれど。

2017_05_07_img_9999_4382017one_thou

さて、天気予報では、北風が吹き続けている関係で気温が上がらないが、そのために、暖気とぶつかる前線が南に位置している形になるため冬の空で気温は上がらないが、雨も降らないと、それで日曜は風向きが少し変わった関係で、Sunny spells (その時は晴れ間が続くと思ったけれど、後で調べたら晴れ間がある天気)だと言っていた。

2017_05_07_img_9999_3962017one_thou

とにかく天気であろうと、まず傘をホテルにおいて、地下鉄で、ロンドンのリヴァプールストリート駅にむかう。土曜日とロンドンから出る駅が違うのは、キングスクロスからの便が途中で工事を行うためにバス輸送区間があるため。こちらのルートの方が時間はかかるが聞き分けられない英語でバス乗り換えの際、右往左往するのが面倒なので、キングスクロスから以外でケンブリッジに出ている線がリヴァプールストリート駅からあるので、そこからケンブリッジへ。昨日の1時間ほど前に着いて、今度は空いていた3両の汽車に乗ってニューマーケット駅、シャトルバスで昨日より50分くらいはやく競馬場へ。。。

2017_05_07_img_9999_3932017one_thou

驚くほど空いているというか静か。。。30分ほどして人は増えてきたが、飲みながらやってくる人は少ない。。。場内で飲んでいたことは変わりがないが、前日からするとやっぱり宗教上の安息日の関係もあるのか、今日の方が正気の方が多い気がしたし、女性の比率も高かった。印象に残ったのは時間つぶしにスタンドに何台かある椅子に座っていると、関係者が馬場をずっと歩いて足を使ったりして確かめていたこと、特に馬場の真ん中あたりを時間をかけて確かめていた。

2017_05_07_img_9999_3442017one_thou

日曜の1000ギニーデイの方が番組の並びが良い。ダリアステークスがあって、1レースおいて1000ギニー、また1レースおいてプリティポリーステークス、この3レースは牝馬のレース。
この3レースを中心に見て回ったけれど、レースが終わって観客が少ないと思って振り返ると、スタンドは2000ギニーと同様に一杯の人。これには少し驚くというか。嬉しいというか。前日はプレミアエンクロージャーは売り切れって書いてあったから、ゴール前のプレミアエンクロージャーにいれば、さほど逆に昨日ががマックスで今日が9割以上なら変わりがないのかもしれないけれど。。土曜日と比べると飲む量が少ないとこうも人が合理的に歩けて空いているように見えるかって。。。

2017_05_07_img_9999_3712017one_thou

 
1000ギニーは、前評判の高かったムーア騎手騎乗の本命馬ロードデンドロンと4月の前哨戦圧勝のデットーリ騎乗のダバンの対決と思っていたが、直前のオッズではウィンターがグンとその位置を上げてきていて、なんやこの馬、、でも冬みたいな天気やから、ウィンターが勝ったりして。。。と言ってはやっぱり、ムーア、デットーリの勝負かなと。。ムーアが出ようとしたところを少しファーサイドから切れ込むようにデットーリ騎手がやってきて対決するそんな予想を立てていた。

2017_05_07_img_9999_3832017one_thou

レースは始まってみると、前日程スタンド側の馬場を意識したレースではなく、先行馬のオブライエン厩舎のコースの真ん中をハイドレイジアが先行して、まったく前日の2000ギニーと違ったレースになった。
ハイドレイジアの直後に入るはずだったのだろうロ-ドデンドロンだが、間にビュイック騎乗の馬が入ってしまい、これが多分故意的にフラフラしたため抜けるコースが仕掛けどころでことごとく塞がってしまい、すり抜けてくるのが得意のムーア騎手だけれど、思い切ってコースを変えてきた、やっぱりここでもビュイックが寄せてくるのだけれど、これををなんとかすり抜けはしたけれど、その前にダバンが仕掛けられて伸びていてこれはと思っている途端にウィンターが抜けてきて。決定的な差がロードデンドロンと開いてしまって。。ちょっとズームレンズのリングを回しながら右往左往して。。。結局はオブライエン厩舎の3頭だしの勝利。。。凄いね。と思っていたら。届かないと思っていたロードデンドロンが2着に来ていて、ゾッとして。

2017_05_07_img_9999_3892017one_thou

1000ギニーが終わって、ショップにグッズを買いに行った。2年前QIPCOのジャンパーを買い損ねて、今度は買おうと思っていたら、この関係がなかった。変わってニューマーケットのミュージアムのショップがあってここで、同等品としてジャンパーを買った次第。。。
それにしても疲れた。2日間でたった4レース見ただけ。競馬場にいた時間も、機材の重さも日本にいる方がハードなはずなのに。。。夢って疲れるもんだろうかと思いながら。

Img_27772017one_thousand_guineas_st

 
PS ひょっとしたら凱旋門の強敵ロードデンドロンとほかのレースは来週アップする予定です。また、ニューマーケット観戦の旅日記は、同じペンネームの別のブログで来週以降アップしますので、考えておられる方は御覧ください。
 

« 「やがて君はもっと優しいひとになる」チャーチル 2000ギニー1着 Churchill  Two Thousand Guineas Stakes 2017 | トップページ | 「春のガリレオコレクション セブンスヘブン」5月6日ジョッキークラブステークス1着 »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「やがて君はもっと優しいひとになる」チャーチル 2000ギニー1着 Churchill  Two Thousand Guineas Stakes 2017 | トップページ | 「春のガリレオコレクション セブンスヘブン」5月6日ジョッキークラブステークス1着 »