2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「遅れてきた新星」キロハナ(1000万を通過中) | トップページ | 「風のような舞い」キタサンブラックKitasan Black(天皇賞春1着) »

「世界に並んだ明日は今日だから」(シンボリルドルフ、メジロマックイーンの春の天皇賞)

App3628201704201704201704

考えてみると、今日本の競馬は世界的に質、量を考えると、イギリスとアイルランド地域、アメリカ、オーストラリア、フランスに並んで世界のトップまで来ていると思う。サッカーとかよりも国としてのレベルは、質量ともにはるかに上位で、スポーツとしてなら、誰にも馬鹿にされる要因はないと思う。
それなら人が見に来て当たり前。なにしろ、大都市中心部から60分弱程度で行けるところばかりに競馬場があるなら、電車が混み合って当たり前。桜花賞の後、若い人が競馬のために混み合ってる電車を嫌がっていたけれど、なんだか不思議に思った。

App3727201704201704

だけれど、ギャンブルという側面、もう一つ伝わってこない関係者の闘争心はギャンブルの側面を途切れ途切れでよいのだけれど忘れさせないし、ハミを嚙む噛まないだの気が悪いだのソラだの訳の分からない内側の事項で馬の性ばかりにする騎手やそれを擁護するマスコミばかりでは、多様性や個性という言葉を持ち出さなくても、命が本来持っている生きているからこその何かが伝わってこないのがとても残念だし、場所取りなどでの自ら汚して綺麗にしない競馬場をワザと作らせている風景を見てしまっては、訪れるスポーツマインドを持った人の、世界レベルの馬たちへの淡いけれど生まれ育っていく興味と未来をみすみす削いでしまっている。それもとても残念。。
ルドルフの迫力は今でも忘れないし、馬場の悪いところに相手を誘い込んで、脚を上がらせたマックイーンの力も凄かった。。懐かしいとは思わないけれど、もう一回みたいな。

« 「遅れてきた新星」キロハナ(1000万を通過中) | トップページ | 「風のような舞い」キタサンブラックKitasan Black(天皇賞春1着) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「遅れてきた新星」キロハナ(1000万を通過中) | トップページ | 「風のような舞い」キタサンブラックKitasan Black(天皇賞春1着) »