2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

「世界に並んだ明日は今日だから」(シンボリルドルフ、メジロマックイーンの春の天皇賞)

App3628201704201704201704

考えてみると、今日本の競馬は世界的に質、量を考えると、イギリスとアイルランド地域、アメリカ、オーストラリア、フランスに並んで世界のトップまで来ていると思う。サッカーとかよりも国としてのレベルは、質量ともにはるかに上位で、スポーツとしてなら、誰にも馬鹿にされる要因はないと思う。
それなら人が見に来て当たり前。なにしろ、大都市中心部から60分弱程度で行けるところばかりに競馬場があるなら、電車が混み合って当たり前。桜花賞の後、若い人が競馬のために混み合ってる電車を嫌がっていたけれど、なんだか不思議に思った。

App3727201704201704

だけれど、ギャンブルという側面、もう一つ伝わってこない関係者の闘争心はギャンブルの側面を途切れ途切れでよいのだけれど忘れさせないし、ハミを嚙む噛まないだの気が悪いだのソラだの訳の分からない内側の事項で馬の性ばかりにする騎手やそれを擁護するマスコミばかりでは、多様性や個性という言葉を持ち出さなくても、命が本来持っている生きているからこその何かが伝わってこないのがとても残念だし、場所取りなどでの自ら汚して綺麗にしない競馬場をワザと作らせている風景を見てしまっては、訪れるスポーツマインドを持った人の、世界レベルの馬たちへの淡いけれど生まれ育っていく興味と未来をみすみす削いでしまっている。それもとても残念。。
ルドルフの迫力は今でも忘れないし、馬場の悪いところに相手を誘い込んで、脚を上がらせたマックイーンの力も凄かった。。懐かしいとは思わないけれど、もう一回みたいな。

「遅れてきた新星」キロハナ(1000万を通過中)

2017_04_23_img_9999_345201704

強い勝ち方でした。スピードを感じました。直線に向いてグイとくるときの加速感にオーラすら感じました。秋には大きいところに出てくるんでしょうか。

2017_04_23_img_9999_346201704_2

最後さが詰まりましたが、鞍上川田騎手には珍しく、あまりの楽勝に、ターフビジョン見た時にびっくりして、腰が浮いたのが、馬に伝わった感じです。ぶっ飛ばしていたら、メインレースが霞んだでしょう。。

「なにかある、何か持ってる」アドマイヤロブソン(あずさ賞1着)

2017_04_23_img_9999_74201704

この日は、外から内へ向けて斜めというか横からの向かい風になって、外側を走る馬が、まっすぐ走れないというか、すごく不利で、その内側は、風よけに外の馬がなるので走りやすい状態になっていたので、マイラーズカップみたいな結果もわからないではないけれど。。

2017_04_23_img_9999_90201704

その中で外を回って好時計で勝ちっ切ったアドマイヤロブソンはこれは結構強いと、前走もスタートで挟まった不利分を最後まで取り返せなかったのが敗因であり、力負けではないし、それでいてまだ未完成。。。何かありそうですなぁこの先。。

「いつの日もアンカーは美しい」イスラボニータIsla Bonita(マイラーズカップ1着)

2017_04_23_img_9999_264201704

この日は太陽光が強くて、イスラボニータ、フィエロでさえ、いつもの黒さが、光によって、馬の毛色の基礎は鹿毛だと言わんばかりに鹿毛色になってしまっていて、そのためにいつも感じている馬体の感じがしなくて、果たしてどうなのかと考えた日でした。

2017_04_23_img_9999_249201704

イスラボニータも、黒い感じに大きめの流星のコントラストが鮮やかな、どちらかといえば丸い感じのする馬体と憶えていたけれど、強すぎる光によって鹿毛色で、やや細長い印象に馬体が見えて。。印象が全く違っていて、具合は良さそうだけれど、でもいつもと違うなぁと感じてしまって。。

2017_04_23_img_9999_300201704

レースはスローの上がり勝負で、直線向かい風が外側から内側の方向へ吹く感じだったので、外側の馬が伸びそうで伸びない競馬が続いていたこの日の傾向を反映した結果になったものの、上質なレベルの高いレースではなかったかと。これだけのものがG2だとみられるようになってきたことには正直感激をしました。
血統表を見るとフジキセキ。。彼が産駒最後のランナーになるんでしょうか。

「ガビーに出来んかったことがファンディーナに出来るか。。」(皐月賞より)

2017_04_16_img_9999_214201704

もう、40年以上前、舞台は共同通信杯だったけれど、牡馬、のちに春2冠のカブラヤオーに堂々と先行して正攻法で挑んだテスコガビー、斜行されて2着に負けました。。その後桜花賞、オークスを大差勝ち、馬場を考えれば、今の馬場なら、多分1秒弱現在最強牝馬たちより桜花賞は速く走れているでしょう。。。

2017_04_16_img_9999_182201704

そんなガビーでできんかったことが、大楽勝続きレベルくらいの馬でできるんかって自問していました。。やっぱり。。。

2017_04_16_img_9999_162201704

(黒い目の部分が多い彼女ですが、白目をむくことが多かったパドックでした。)
 
彼女にとって一番のルートは、中山で使って、楽勝続きで絞れない馬体を、長距離輸送で絞って、それで桜花賞本番できっちり仕上げてが正解だったと。。人間側のハッキリ間違いだと思います。

「次は良い日になるかも」スワーヴリチャード(皐月賞より)

2017_04_16_img_9999_244201704

先行勢を内枠からでさせなかったのは痛いかな。。首の高さも気になったし。だけれど、推進力のある歩き方、馬体も雰囲気あって、東京なら大いにカンバックしてきても不思議ではないと。

2017_04_16_img_9999_243201704

「キンカメ系かキンカメか」レイデオロ(皐月賞5着)

2017_04_16_img_9999_312201704

出走馬中、キングカメハメハ系が産駒のレイデオロを入れて3頭。。ジワリとディープに迫ってきているのが印象深いレースが皐月賞であったと。。
 
レイデオロは久しぶりで皐月賞、5着は実力の現れなんだろうなぁと思うけれど、首も高いし、パドックでもエキサイトしているし。

2017_04_16_img_9999_306201704

なんとなく、気性的にインターバルの長い大レースは向かないのかなと思ってみたりして。。やかみでしかないか。。ダービー勝つと厩舎も騎手も初制覇かぁ。このシーンは見てみたいような。

「クリンチャーって何者?!」クリンチャー(皐月賞4着)

2017_04_16_img_9999_260201704

一口の持ち馬以外でJRAVANのお気に入りに入れている唯一の馬クリンチャー。皐月賞の枠順が出るまでは、500円のガンバレ馬券で結構儲かると思っていましたが、大外近くになって。。結果は切れ負けでの4着。。。ざっと朝買う時に買った100円ガンバレが手元に残った。。
未勝利、2戦目と水準以上の時計だったし、先行できるし、かなりの力があることは確かだけれど、いわゆるタキオン、タキオン関係のもう一つキレがないために、成績が芳しくないために与える印象、初戦の大敗からか3戦2勝なのに振り向かれない実力。。。誰かがやっと見直してくれるでしょう。。

2017_04_16_img_9999_261201704

血統は、ダービー血統かもしれない。ダンジグの4×3で踏ん張れる力があるし、父ディープスカイはダービー馬で、母父ブライアンズタイムもダービー馬を出している。輸送も大丈夫で、高速決着も対応できたし。。不気味というより主役としてふるまえるかもしれないと。。

「5秒ワープした世界」アルアインAl Ain(皐月賞1着)

2017_04_16_img_9999_368201704

皐月賞の日、ダンダン南風が強くなってきて、直線は追い風。1200のレースで、1分7秒台が出る馬場になってきて、内枠が有利が鮮明で。。皐月賞も高速決着になり、内枠有利になるのはなんとなく必至な状況。こうなると、馬体が大きくてサンデーがかかっていて、中団より前にいて、できるだけ内枠の馬が断然有利の経験則が働き出して。。。

2017_04_16_img_9999_226201704

最後に導き出したのはアルアイン、ただし枠が外なので、複勝どまり。。G1に途中入会して出資して次の年が最初の抽選、その時のG1の第一希望だったペルシャンナイトは買えんかった。。。なんか複雑。。この馬見ると、なんだかやたら自分に腹が立ってきて。。。負けてほしいと思うのも嫌だけれど。。。

2017_04_16_img_9999_352201704

アルアインはパドックでは、12月に一度見ているので、こんなにボリュームあったなとの印象。返し馬は素軽くてシャープ。。

2017_04_16_img_9999_359201704

レースは、先行勢に絡んでいったので、オイオイと思っていたら、折り合って、それにしても直線手前から、一団での競馬が始まって、横一線になってそこから坂を上って、雌雄を決するちレベルの高いもの。。それを凌いだのだから凄い。。。結果は皐月賞レコード。弥生賞とかからは約5秒上げた結果になった。
 
2017_04_16_img_9999_373201704

そして、このレース、1秒差に15頭がひしめく結果。当然ファンディーナ以外は、その気でダービーに向かってくる。。それにトライアルの優先権。。そうなると京都新聞杯2着だけでは危ないかもしれない。。。。となるとダービーもますます混戦。。。ウーン面白いと思ってないとやってられません。

2017_04_16_img_9999_397201704

「桜が咲いて雨が降ってそれでも。。」ジュールポレール(阪神牝馬Sは3着)

2017_04_08_img_9999_186201704

1年前はやっと入厩して、まだ仕上がり不足、ほんとに1回勝てるかなぁって、また失敗したなぁって思ってたけれど。。良くここまでやってきたもんです。桜が急に咲いて、その舞台に1年遅れだけれど立つことが重賞でできて。。馬の雰囲気というか、肩の造りとかが確実に良くなってきていて。。。パドックでは結構仕上がった馬体を見るたびに感激して、涙も出たりして。。。

2017_04_08_img_9999_92201704

だけれど雨。夏の小倉の500万でスローで包まれて出られなくて負けて、中1週でもう一回出たら今度は雨、その時負けた相手が1000万に上がって何度も1秒以上で大きく負け続けていて、道悪の適性がないのは分かっているし。。。なんとかと思ったけれど、追い出されたらヨロけて、そこをズバッと来られて。。。それでも粘っての3着。。ヴィクトリアマイルが夢と消えたよなぁって思ったけれど。。その前に無事であってほしいなぁって。。。
水曜日HPによると、なんとかヴィクトリアマイルに出られそうだとか。。。。夢が叶いますように。。

「桜が似合うならあなたは女王」ミッキークイーンMikki Queen(阪神牝馬S1着)

2017_04_08_img_9999_137201704

もうほんとに鮮やかでした。持ち馬の応援していたけれど、最後でドンと差して、すべてを決めきってしまった力には、脱帽です。

2017_04_08_img_9999_143201704

さすがに牡馬相手にやってきただけのことはあると。今後が楽しみなんですが。お手柔らかにお願いしたいものです。

2017_04_08_img_9999_111201704

ミッキークイーンは、桜花賞除外で出られずに、結局牝馬3冠になりませんでした。桜の下での勝利に2年かかったんですね。。

「桜よ望みかなえ給え」レーヌミノルReinu Minoru(桜花賞1着)

2017_04_09_img_9999_401201704

私の本命はリスグラシューでした。トライアルで、差されるのに差す方を見向きもせず、またターフビジョンを確かめもせずに、前に行くソウルスターリングをジッと見ながらゴールした武騎手の度量に賭けるのが一番かなと思ったのです。

2017_04_09_img_9999_334201704

ソウルスターリングにとってはサンデー系でない欧州血統の馬の短い期間での2度の長距離輸送、ジャパンカップが示しているように、重い馬場での欧州馬の不振などから見ても道悪適性があるようには思えないし、パドックで見た感じがマイナスではあるけれど、太く写ったし、戦前の額面どおりのパフォーマンスは出ないだろうと。

2017_04_09_img_9999_336201704

思い描いていたレースは、武騎手が行かせて、それで早目に追って、前に出て、少しフラフラするというか、後続を迷わせる感じにして、ソウルをまっすぐに走らせない感じにして、脚を上がらせて、それでギリギリ残る感じかなと、思っていたので、リスグラシュー早目に追ったにもかかわらず、前に出られずでアレッと思っていたら、レーヌミノルが前に出て少しフラフラ道悪なんで走っていて。。。小倉でデビューした馬が勝つんだって思ったら、なんだかガーっと気分が上がって。。

2017_04_09_img_9999_301201704

なぜかこれが桜花賞っていうかクラシックなんだって何度も独り言を繰り返していて。。。。

「みんなに見せてこそ春」オールザゴー(マーガレットS1着)

2017_04_02_img_9999_491704

自分の持ち馬も出てましたが、もうパドックで観念しました。素晴らしいデキ、勝てそうな感じ、素晴らしかったと思います。
レースは、数頭が一段となってのゴール前、迫力がありました。だけど場所取り。。。最前列は5人は入れるところに3人しかおらず、しかも小さな台に乗る人多数で、混雑に拍車がかかりまくっている状態。良いレースだっただけに、多くの人に見せてほしかったと思います。なかなかこのレースからマイルカップに直結しないのかもしれないけれど、この強さとこの状態の良さはどうなんだと思いました。

2017_04_02_img_9999_471704

脱線して大変申し訳ないですが、パドックでの小さな台に乗っての撮影は禁止で徹底しているのに、コースではそれが公然と許されているのは何故でしょう。
勘ぐると、小さな台に乗れば撮影の振りをして、それなりに誰かにサインを送るとかも可能だし。。それが不思議。。
サッカースタジアムのように色付けをして、なにも置かせないようにすることは可能だし、知っているし、できるんだけれどやらないのが、ファンの不愉快よりも恐喝されないほうを優先しているんじゃないかとか最近確信的に思えてしまうのですが、これだけなんとなく雰囲気の悪そうな人が結構昔より。。。

2017_04_02_img_9999_341704

ま自分は指定席から阪神の場合は撮ってしまうのですが、以前場所取りの間の空いたところから撮ろうとしていたら、場所取りの奴らから「自分が写真撮る邪魔になったら言うから、その時は必ず退くように!」って何度も何人もに言われて、こんな奴らと一緒のところにいること自体アホらしくなって、指定席に上がったら、お金はかかるけれど、こういうレースは楽しめるは、いい馬を意外とジックリみられるはで。。。満足は満足なんだけれども、今日も誰かがそう言われていると思うと。。。

「前に行って吉」アドミラブル(アザレア賞1着)

2017_04_01_img_9999_471704

土曜日、たいしたレースがない日は、場所取りがほとんどなくて、レースが楽しめます。そんな中、アドマイヤロブソンとアドミラブルの対決は、面白かった。馬的にはアドマイヤの方がと感じましたけれど、出負けして挟まれて後手になって、結局それが痛かった。

2017_04_01_img_9999_571704

勝ったアドミラブルは、蹄が小さくて、いわゆるガンと一気の末脚勝負が苦手だけれど、ディープ産駒で、スローで上がり勝負のレースの中をある程度前々で行きたいタイプ。途中でスローすぎるのを嫌って前にいってジワジワ伸びる競馬にして、持ち味を出し切っての楽勝。。さすがの騎乗でした。

「区切りはこの人!最強の方程式」キタサンブラック(大阪杯より)

2017_04_02_img_9999_2281704

レースが終わるとやっぱりこういう区切りはとか、目立つところは武騎手が持ってゆくというか。なんなんだろって感じでした。
直線が向かい風になって、逃げ馬がそれほどハイペースで逃げなかったし、楽に先行デキているのに、レースは平均ペースよりややだけれどスロー。。外を回ったマカヒキは来れません。

2017_04_02_img_9999_2781704

マカヒキ自体デキは良かったし、サトノクラウン、アンビシャスを抑えてるのだから、ある意味良い走りをしているのだけれど、2から5番手までを行き来していた馬たちで決着。。。逃げ馬の逃がし方、後続の押さえ方、上手すぎるなぁア。。。長身で、先行馬で絶対的な世界的技術。。
。。。悪く書きませんから、私の持ち馬にどうか。。。どうかひとつ。。。お願い。。。

「いまが春だからくれぐれもお大事に」キタサンブラックKitasan Black 大阪杯1着

2017_04_02_img_9999_2261704

強い勝ち方でした。ノーザンファームの一流級が現在の世界基準とするなら、それを圧倒しての楽勝は、もう世界のテッペンに手が届いているのかもしれないと感じました。

2017_04_02_img_9999_2271704

だからオーナー、くれぐれもお大事に。秋にはフランスで歌ってもらわなければなりません。歓声が自分に向けられると、途端にシャキッとして、オーラが出てきてそれだけでみんなが喜んでそれはそれでとても尊敬できて感動で来て見ている方は良いけれど。。でもくれぐれもお大事に。

 

2017_04_02_img_9999_1091704

あなたの歌に一喜一憂してきて自分の人生はよかったと、改めて思うからくれぐれも。。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »