2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 「花咲いて葉が繁り樹は見上げるほどに」サトノダイヤモンド(阪神大賞典より) | トップページ | 「ひょっとするやつ見つけた」アドマイヤウイナー(大寒桜賞1着) »

「苦しさに負けた」スティッフェリオ(大寒桜賞惨敗)

2017_03_25_img_9999_521702

情けない。負けました。控えるのでなく後方からの競馬で、切れ味がなくてジリ足が身上の彼が、切れ味のある馬と同じところから叩いたのでは。。しかも初の左回り、初の中京で戦法を変えるのは非常識。
馬は、体重が前回ギリギリを超えていたので、そこからマイナスではダメ。返し馬。。最後まで待ってから最後にやったので、いつも冷静な馬が少し苛立っていて最低。少し混乱したままレースをしてしまった。さすが関東の二流騎手。。
 
このレース勝馬の出来がパドックから際立っていたから、この馬だったらその前にいたかったし、そうでないと馬だって言われた通り後方にいたら話が違うって、慌てて気ばかり焦って当たり前で、疲労とかもあったかもしれないけれど必要以上に消耗するのは生き物だから当たり前。。それを長年やってて少しも感じられんのがこの騎手の下手すぎる原因だと思う。。
 
彼の欠点は、後ろ足の蹄が小さいこと、差し馬に必要な急に上げる瞬発力がない。その代わりに持続力が優れている。それは、血統的なものもある。母父ムトトは、凱旋門賞以外、直線の長い英国で、3コーナーから押して行って先行させて、それで勝っている、それが伝わっている。。それを無視した戦法は競馬ではありません。この時期は馬の脚質を磨くとき、それをやめるのは競馬ではありません。

2017_03_25_img_9999_511702

そんなこと知りながら支持を出した厩舎、クラブは、一体何を得させたいのか。。確かに前回馬を引っ張ったのに勝ってしまった。。誰かが損をした。このレースに出せばある程度人気になる。戦法を変えれば必ず着外、先行すればこのレース3着があったから。。。それがわからない。。
 
もう一つの(不正への)真黒な疑念は、専門紙には「でたなりにレースをする」との厩舎コメントがあった。しかし厩舎が実際に出した指示は「今回は後方からレースをせよ」そうなると、嘘を専門紙とかに流したってこと?なんでそんなことする必要があるの?出たなりで1番枠なら先行グループに行くものと誰もが思う。長い距離で、Bコース代わりで少しは先行有利と考えて誰もが馬券を買う。そうしておいて着外に負ける戦法で走らせる。。これってどういうこと?
 
日本の競馬は馬券で成り立っている。レベルなんて関係なく馬券が売れるのが第一。そこを否定してどうするの。。職業意識ゼロ。

« 「花咲いて葉が繁り樹は見上げるほどに」サトノダイヤモンド(阪神大賞典より) | トップページ | 「ひょっとするやつ見つけた」アドマイヤウイナー(大寒桜賞1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「花咲いて葉が繁り樹は見上げるほどに」サトノダイヤモンド(阪神大賞典より) | トップページ | 「ひょっとするやつ見つけた」アドマイヤウイナー(大寒桜賞1着) »