2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

トピックス2016

「高楊枝くわえて勝つためにこう乗ったと言ってみろ」

2016_12_25_img_9999_701612

心に残るライアンムーアのジャパンカップ時の言葉「勝つためにはこう乗るしかなかった」リアルスティールを先行させており合わせ、直線勝負に賭けたレースは敗れたとはいえ鮮やかなものでした。
考えてみると、若手にはこの言葉を言える人がいないような気がします。あとで馬の性に出来るように、膨らんだだの、折り合わなかっただの、なんだかんだとどこかで聞いた言葉を並べ立てて自分が足りなかった部分をここだって言葉がレース後聞けたためしがない。騎手がダメってだれでもわかるようなことをしていても一切言わない。。
 
だから若手騎手には全員だけれど、勝つためにはこうだからっていうのは死語。。それが当たり前の社会。。だからライアンの言葉にはドキッとしました。そうだよ勝つために折り合いだってつけるんだし、こうなったらこうしようってするんだし。。。
 
豪快に見える鞭使いなどカッコよいことは、ひとそろえできるけれど、勝つっていう気はそういや感じたことがない。これが差になってると。
 
16年勝負にこだわったのはマイルCSの浜中騎手位なものでしょう。ワザと死亡事故が起こるかもしれないのをわかりながら1着にこだわって、ターフビジョンに追い込んできているのを確認したので、イスラボニータのコースまで斜行して全部潰しに行った。。なにしろ採決はあと200を切った時点で勝ち馬が斜行しても無策。。それも知っていた。こうすることしかしらない。違反だけどこれは構わないは知ってる。。。。みんなそれだけ。。
 
関東馬が北海道開催で関西に勝ち越したと関東復権だと声高に言っていた人もいるけれど、モレイラ騎手はじめ関東騎手でない人を乗せられる環境ではこうなるっていう状況は、むしろ関東の悲劇でしょう。
 
少し馬場が遅くなったので、派手なアクションで追いまくるのは重心を上げるため、また後ろ重心になるので、過去の固い馬場では構わなくても、今の馬場では逆に走りにくくなっているのはモレイラ騎手のフォームが札幌でマッチしていたのでわかるのだけれど、関東誰も直そうとせずに。。ドンドン悲劇をみんなで進めて知らん顔している、ますます関東馬が今後この騎手たちの被害を被り続けることになるでしょう。。

2016_12_25_img_9999_621612

2歳馬の中で自分は今年は主要なレースを見逃しているからかもしれないけれど、一番よく見えたのはスティッフェリオ。。だけど未勝利。。2戦目の仕掛け遅れ、それでのコーナー膨れ、コース取りのミスは出遅れているレースでは痛すぎたものというか、なんでそれに気をつけんかったのかっていうものでした。ほんといい加減に乗ってるのがアリアリ。若手を育てなければならないというが、こんな奴なんで育てなければならないのか、説明できるやつがいたら、そこは火星です。

ほかの騎手で巻き返せると良いが、これだけのミスをしてしまうと競馬社会は閉鎖的な社会。身内を守ります。不正行為に手を染めているかもしれない場合もそう。絶対に他を持ってきてそのミスを立証しようとはしない。。。理由はこのままこのいい加減な奴が乗り続けてミスを積み重ねればそのうちに必ず馬がパンクして。。閉鎖社会は知らん顔できる。。これからそれをたっぷり見せつけてくるでしょう。。ちょっとお寒い2016年末です。。

「燦燦」アルアイン(千両賞1着)

2016_12_23_img_9999_1921612

パドックでは、太いというか、ゴツイ感じがしたのだけれど、走らせると、すごく速くて、切れ味もあって凄いなって感じで。

2016_12_23_img_9999_1831612

抜け出してくるときの迫力も、抜け出して差を広げる時のアクションも素晴らしいと。

2016_12_23_img_9999_1981612

マイル、マイルと連勝で狙うのはマイル王でしょうか。。。とにかくカッコいい。。
 

「散々と燦燦その9」ダノンディスタンス(2歳500万下1着)

2016_12_25_img_9999_2981612

去年はサトノが圧勝したこのレース、確か土曜日だったけれど、今年は日曜日。。これを見ることになるとは。。。有馬行きたかった。。サトノダイヤモンドを新馬から見てきてこの日で途切れた。。このレースは凡戦。ダノンディスタンスが先行、内側を通っての完勝劇。。3着馬は大分疲労がたまっている感じがしたけれど。。あとは騎手の差でしょうか。。。この日の自分が見たレースでは、勝利に飢えた外国人が内側、ノホホンとしてすべて敗因は馬の性にする若手が外だったりするのが嫌で。。。

2016_12_25_img_9999_2241612

「散々と燦燦その8」ディヴァインハイツ(25日新馬1着)

2016_12_25_img_9999_1761612

パドックでは、5番目くらいかなと思ったけれど、出てきたときはやっぱりアッゼニ上手いなぁ。。なんか騎手の技術で血統の良さを最大限に噴出させたよう。。下手売って仕掛け遅らせて、派手に追い込んで勝てやろうって思って外回った騎手とは大違い。。この時期の1勝目は大きいだけに。。騎手は大事。。

2016_12_25_img_9999_1651612

「散々と燦燦その7」マイスタイル(23日未勝利1着)

2016_12_23_img_9999_351612

道悪で1分49秒。。早いなぁと思って、馬場を見るとガッツリ刈ってあって。。こうなるとわからんンぁ。馬は完璧に強かった。

2016_12_23_img_9999_291612

「散々と燦燦その6」シャイニーゲール(23日新馬戦1着)

2016_12_23_img_9999_881612

またルメールだ。。下から下から追うようなフォーム、この人馬に合わせて変えてくる。それだけ準備ができているんでしょう。。日本人の若手以上の準備、そして技術。。だけど若手は馬の性にして努力なし。来年も外国人騎手を信用するしかないでしょうなぁ。。。

2016_12_23_img_9999_891612

「散々と燦燦その5」プラチナムバレット(18日新馬1着)

2016_12_18_img_9999_651612

これはレース内容が強かった。こんな太くて大丈夫かと思っていたけれど圧勝。凄いかもしれない。。唖然としておりました。18日はこれでおしまいにして、新横浜まで旅立ったのでした。

2016_12_18_img_9999_641612

「散々と燦燦その4」ホワイトドラゴン(新馬より)

2016_12_23_img_9999_571612

シロニイやその兄弟などの白毛を見ていると、この毛色はこういうもんだと思っていたけれど、白にもいろいろあると。。だけどこれもダートが強うそうで。。。

2016_12_23_img_9999_591612

「散々と燦燦その3」シロニイ(届かず2着)

2016_12_17_img_9999_1611612

白毛は見慣れてきたけれど、彼は目の白い部分が左右違って、白いのの出方がそれぞれなんだぁと思いながら見ていました。ダンダン強くなっていってほしい存在ではあります。

2016_12_17_img_9999_1271612

「散々と燦燦その2」スパークルメノウ(未勝利1800m1着)

2016_12_17_img_9999_761612

この馬は、切れ味かな、それとも馬力かな。。。細いから切れ味かなと思っていたら、両方持っているような。抜け出す時が速かったし力強かったと。

2016_12_17_img_9999_661612

より以前の記事一覧