2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

トピックス2016

「高楊枝くわえて勝つためにこう乗ったと言ってみろ」

2016_12_25_img_9999_701612

心に残るライアンムーアのジャパンカップ時の言葉「勝つためにはこう乗るしかなかった」リアルスティールを先行させており合わせ、直線勝負に賭けたレースは敗れたとはいえ鮮やかなものでした。
考えてみると、若手にはこの言葉を言える人がいないような気がします。あとで馬の性に出来るように、膨らんだだの、折り合わなかっただの、なんだかんだとどこかで聞いた言葉を並べ立てて自分が足りなかった部分をここだって言葉がレース後聞けたためしがない。騎手がダメってだれでもわかるようなことをしていても一切言わない。。
 
だから若手騎手には全員だけれど、勝つためにはこうだからっていうのは死語。。それが当たり前の社会。。だからライアンの言葉にはドキッとしました。そうだよ勝つために折り合いだってつけるんだし、こうなったらこうしようってするんだし。。。
 
豪快に見える鞭使いなどカッコよいことは、ひとそろえできるけれど、勝つっていう気はそういや感じたことがない。これが差になってると。
 
16年勝負にこだわったのはマイルCSの浜中騎手位なものでしょう。ワザと死亡事故が起こるかもしれないのをわかりながら1着にこだわって、ターフビジョンに追い込んできているのを確認したので、イスラボニータのコースまで斜行して全部潰しに行った。。なにしろ採決はあと200を切った時点で勝ち馬が斜行しても無策。。それも知っていた。こうすることしかしらない。違反だけどこれは構わないは知ってる。。。。みんなそれだけ。。
 
関東馬が北海道開催で関西に勝ち越したと関東復権だと声高に言っていた人もいるけれど、モレイラ騎手はじめ関東騎手でない人を乗せられる環境ではこうなるっていう状況は、むしろ関東の悲劇でしょう。
 
少し馬場が遅くなったので、派手なアクションで追いまくるのは重心を上げるため、また後ろ重心になるので、過去の固い馬場では構わなくても、今の馬場では逆に走りにくくなっているのはモレイラ騎手のフォームが札幌でマッチしていたのでわかるのだけれど、関東誰も直そうとせずに。。ドンドン悲劇をみんなで進めて知らん顔している、ますます関東馬が今後この騎手たちの被害を被り続けることになるでしょう。。

2016_12_25_img_9999_621612

2歳馬の中で自分は今年は主要なレースを見逃しているからかもしれないけれど、一番よく見えたのはスティッフェリオ。。だけど未勝利。。2戦目の仕掛け遅れ、それでのコーナー膨れ、コース取りのミスは出遅れているレースでは痛すぎたものというか、なんでそれに気をつけんかったのかっていうものでした。ほんといい加減に乗ってるのがアリアリ。若手を育てなければならないというが、こんな奴なんで育てなければならないのか、説明できるやつがいたら、そこは火星です。

ほかの騎手で巻き返せると良いが、これだけのミスをしてしまうと競馬社会は閉鎖的な社会。身内を守ります。不正行為に手を染めているかもしれない場合もそう。絶対に他を持ってきてそのミスを立証しようとはしない。。。理由はこのままこのいい加減な奴が乗り続けてミスを積み重ねればそのうちに必ず馬がパンクして。。閉鎖社会は知らん顔できる。。これからそれをたっぷり見せつけてくるでしょう。。ちょっとお寒い2016年末です。。

「燦燦」アルアイン(千両賞1着)

2016_12_23_img_9999_1921612

パドックでは、太いというか、ゴツイ感じがしたのだけれど、走らせると、すごく速くて、切れ味もあって凄いなって感じで。

2016_12_23_img_9999_1831612

抜け出してくるときの迫力も、抜け出して差を広げる時のアクションも素晴らしいと。

2016_12_23_img_9999_1981612

マイル、マイルと連勝で狙うのはマイル王でしょうか。。。とにかくカッコいい。。
 

「散々と燦燦その5」プラチナムバレット(18日新馬1着)

2016_12_18_img_9999_651612

これはレース内容が強かった。こんな太くて大丈夫かと思っていたけれど圧勝。凄いかもしれない。。唖然としておりました。18日はこれでおしまいにして、新横浜まで旅立ったのでした。

2016_12_18_img_9999_641612

「君に逢えた」キセキ(12月11日新馬2000m1着)

2016_12_11_img_9999_471612

「この馬賢いよ凄く。。。」母ブリッツフィナーレを下河辺牧場で見せてもらったとき、そう聞きました。1口の募集があったので出資したけれど、牧場でその後転倒などあって、走ることはできませんでした。それでも結構満足してました。なんでか知らないけれど、あの時の歩くリズムは一流馬そのものでしたから。。

2016_12_11_img_9999_481612

年が過ぎて、息子が阪神で圧勝。。まさにレースを理解している走り。。。やっと出会た奇跡。。これから始まる物語。。期待してます。

「なんとなく12月にマッチ」シャケトラ(12月11日境港特別1着)

2016_12_11_img_9999_591612

ぼっとしていたら、なんだか聞き覚えの名前が聞こええ来るけれど、いつ聞いたのかわからずに、しばらくすると、この馬菊花賞に出てきたら怖いよって聞いたことがあったと思って。。。
見事な勝利です。

2016_12_11_img_9999_611612

「女王となるか伝説となるかそれが問題だ」ソウルスターリングSoul Stirring(2016阪神ジュベナイルフィリーズ1着)

2016_12_11_img_9999_3511612

フランケル産駒初のG1ということで注目されたけれど、圧勝でした。パドックからこの馬しかいないかなと思うほどの馬格。。

2016_12_11_img_9999_3681612

レースも内からまっすぐ抜けきっての無駄がないもので。。強さは感じなかったけれど、アこういうことできるんだって思って、結構感動より感心したってほうが大きかったかなと。

2016_12_11_img_9999_433201612

写真とか見て思い返してみると、脚の力っていうかそれ自体の力が強いし、それを速く回してくるんで、どんな条件でも良い結果が出せるかなと。。しかし凄い血統です。最後はため息です。

「Fの伝説」カデナ(京都2歳ステークス1着より)

2016_11_26_img_9999_4781611

ジャパンカップに行けなかった今年、土曜日のメインを含む2歳戦の楽しさで、残念さは晴れましたが、さてカデナの父はフレンチデピュティ、誰かが言っていたけれど、輸入されカタカナ表記になってから大物が出なくなったと。。

2016_11_26_img_9999_3491611

カデナの母父表記は母が輸入されたのか、フレンチデピュティが英語で表記されている。。。。ひょっとして。。。なんて。。。

「未来はどこかの国の王様に」プラチナヴォイス(京都2歳ステークスより)

2016_11_26_img_9999_2661611

真っ直ぐ走りたかったでしょう、小さく見えたけれど、いわばそれは騎手がなんとなく来るんじゃないかって、短期免許の騎手だし、先週斜行で大甘なことがあったしで、予想してたから小さく済ませただけで、馬はそれなりに被害を受けてるので。。

2016_11_26_img_9999_3581611

この馬、飛節というか膝下というか、その下が凄く軽いというか速いというか、足さばきが凄いので。。。ヴァーミリアンタイプの馬になる可能性があるんじゃないのかって。。。

「青年よ真っ直ぐ行け夢の荒野へ」カデナ(京都2歳ステークス1着)

2016_11_26_img_9999_47611611

先週、直線で斜行しても、それに関係のない馬がその間に入っておれば降着がないと知ったとたん、真面目に乗って負けるより、斜行してでも先着したほうが、過怠金より進上金が上回るレースのこのレースでは、カデナ外からきてほぼその状況が整った途端に短期免許の騎手が、2頭ともに直線で斜行してくるという荒れたレースとなり、ビデオを繰り返してみるたびに唖然。。。
 
2016_11_26_img_9999_4751611
 
だけれど、カデナがその悪だくみをあざ笑うかのような快勝。。ほっとしたというか、やっぱり競馬は正々堂々と戦わないかんと思いました。

2016_11_26_img_9999_3531611

パドックで見た時に脚の力の強い馬だなと感じましたが、レースもそんな感じで、ぐいと加速するまでの速さ、追い抜くとき、まっすぐ走る時の疾走感、なにか特別なものを感じますが、この母父フレンチでこの時期凄くて。。。ダービーまでそれが持続したのが。。。それが不安ですが、まっすぐ走って強く勝つ。。これほど気持ちの良いものはない。。大きな期待はしています。

「競馬はスポーツ、だと思うんなら出ていけ」ミッキーアイル(マイルCS1着)

2016_11_20_img_9999_2461611

厳しいことはいくらでも言えるから、写真から見て、どうだったかということになりますが。ホントの雑文です。

2016_11_20_img_9999_2171611

(まず最初の大きな不利、大きな声が後続から上がるほど)
 
まず、直線でのあと100メートル過ぎから起きた事故で言えることは、まず被害を与えた時間が、一瞬ではなく約3秒ちかくあったこと。これは長すぎる被害だと思う。多分被害を受けなければ一番の被害馬で1秒は前に来れていただろうと思う。

2016_11_20_img_9999_2231611

(それから1秒後にも事態はもっとひどくなってる。妨害している側の騎手の、体重が外側にかかり、肘を張り、妨害しているのが続いている。)

写真を見てもらうとわかるけれど、被害を受けた騎手がみんな一流騎手だったことが幸いしたと思う、ムーア騎手の必死の腰で内側に重心をいれてのブロックは、たんなる勝負に徹してのものではない。。とくに武騎手のディサイファは良く落馬しなかったと思うし、あの後もう一度追えというのは馬の命にかかわったろう。

2016_11_20_img_9999_2291611

(それから1秒後に、こうなっている。面白いことに、被害を与えてからゴール前イスラボニータに迫られる前までは、鞍上の顔はまっすぐ前を向いていて馬もまっすぐ走っている。いわゆるワザと事故を起こしてててでも、考えたくないが、それを公然と以前にも、こういうことで落馬事故につながったのにやったと。。)

浜中騎手は、勝負に夢中になってそうしたのではない。これは確実に確信犯。下に書いた大きな被害を相手が受けても降着にならない地点から外側の肘をはり、体重を外に移して、鞭を入れている。明らかに大きく外に行って外から来る差し馬を弾き飛ばそうとしている。意識的にやっているからずっと追い続けている。。いわば意識的に引き逃げしている状態。。。こんなこと許される?
 
前年のスワンステークスでも肘をはり、外側の馬の前で鞭を振るって、目の前で鞭を振るわれた馬が外に逃げて、落馬事故になったことがあった。これも競馬なのかなと見ていたけれど、行為はこの時と全く一緒。。外側の馬をなんとか弾き飛ばそうと、なりふり構わず、採決の判断がされないところで行っている。。これはひどい。。間違わなくても死亡事故にもう一歩でなっていた。。。もう騎手じゃない。。。もう出てきてほしくない。。
 
有名牧場グループさん、気に入らないだけで有名騎手に馬を回さないってことができるんなら、競馬をこんなに馬鹿にしている騎手に馬は回しませんよね。。競馬の楽しみは予想してそれが当たる楽しみ、馬券でも一口でも、今回はだれも嬉しくない。。スポーツってフェアだからギャンブルの対象となり得るのに。。だから。。
 
それからテレビに出てる元調教師の師匠さん。もう出てくるなって。。お願い。。死亡事故は見たくないので競馬場で。。。
 
採決の判断は、まず入選した着順、着差から見て、被害を受けた馬だけが有利になれば良いけれど、そうでない馬が得をして繰り上がってしまうと、騒ぎが起こるかもしれないということ、なにしろ場内は新聞だので場所取りだらけ、競馬場での暴動はほとんどがそれを燃やしたりしての暴挙、いきなり暴動が起こっても仕方がない状況を主催者である自分たちが作っている。だからできない面もある。。
 
もう一つあかんのは、騎手の意識。あと100から妨害してでも前に出ておれば、結果論で採決されて、絶対に降着にならないことを春のオークスをはじめ、みんなが知ってしまっている。。
妨害しておいて追い続ける。そうすると死亡事故が起こってようがどうだろうが、一番被害馬に差を付けられるそうなると、降着できなくなる。それをやったらスポーツじゃなくなり、自分たちの存在価値もなくなるけれど。。
 
それに加えて採決の意識、あんなに大きな妨害を受けた騎手が馬を心配しないはずはない、心配して追わなければ差は開く、そうなると着差を変えるほどにはなかったとの判断を導き出す。馬って機械なの。。。馬主って。。。ただお金を払って。。日曜日に大きな妨害されて。。。そんなになんで馬鹿にされないかんの。。。
 
それから公務員やそれに準ずるものには明らかに仕事を進めるのに著しく支障が出たと感じた場合は、自ら申し出て、降格する制度がある。この制度の最大の欠点は明らかにダメな奴は、自分にダメなことにそれに気づかんこと。。これが今回の採決には大きく出たと思う。
 
最後にもう一つはレースの時すごく暗かったこと。レース前15分の間に急に暗くなった。もう少しレースの発走を早くして見やすくして危険を回避してほしい。

より以前の記事一覧