2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「あの日から夢見た夢」82年ジャパンカップより | トップページ | 「未来はどこかの国の王様に」プラチナヴォイス(京都2歳ステークスより) »

「青年よ真っ直ぐ行け夢の荒野へ」カデナ(京都2歳ステークス1着)

2016_11_26_img_9999_47611611

先週、直線で斜行しても、それに関係のない馬がその間に入っておれば降着がないと知ったとたん、真面目に乗って負けるより、斜行してでも先着したほうが、過怠金より進上金が上回るレースのこのレースでは、カデナ外からきてほぼその状況が整った途端に短期免許の騎手が、2頭ともに直線で斜行してくるという荒れたレースとなり、ビデオを繰り返してみるたびに唖然。。。
 
2016_11_26_img_9999_4751611
 
だけれど、カデナがその悪だくみをあざ笑うかのような快勝。。ほっとしたというか、やっぱり競馬は正々堂々と戦わないかんと思いました。

2016_11_26_img_9999_3531611

パドックで見た時に脚の力の強い馬だなと感じましたが、レースもそんな感じで、ぐいと加速するまでの速さ、追い抜くとき、まっすぐ走る時の疾走感、なにか特別なものを感じますが、この母父フレンチでこの時期凄くて。。。ダービーまでそれが持続したのが。。。それが不安ですが、まっすぐ走って強く勝つ。。これほど気持ちの良いものはない。。大きな期待はしています。

« 「あの日から夢見た夢」82年ジャパンカップより | トップページ | 「未来はどこかの国の王様に」プラチナヴォイス(京都2歳ステークスより) »

トピックス2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「あの日から夢見た夢」82年ジャパンカップより | トップページ | 「未来はどこかの国の王様に」プラチナヴォイス(京都2歳ステークスより) »