2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「顔見知りのフランス人に嬉しい記念日」ヴァダモスVadamos(2016ムーンランドロンシャン賞1着Prix du Moulin de Longchamp) | トップページ | 「競馬の王道障害にあり」ニホンピロバロン(阪神ジャンプS1着) »

「これが模範解答」レフトハンドLeft Hand(ヴェルメイユ賞1着2016 Prix Vermeille )

2016_09_11_img_9999_2691606

これが一番シャンティイらしい競馬だったと思います。レース自体もこのレースもG1であることもあるけれど、表彰式がパドックではなく本馬場で日本ダービーより豪華な表彰台作って行われたりと、本番感を味わえるもので、なんとなく熱いものになっておりました。
2016_09_11_img_9999_2671606
 
メンバー自体、本命に期待されたセブンスヘブンがやってこずに小粒になってしまった感があるけれど、レース自体は大変熱いものでした。なんでそんなにあきらめずに牝馬が競り合えるんだって、、やっぱここはヨーロッパなんです。。改めて再認識し、感動してました。

2016_09_11_img_9999_2601606

勝ったレフトハンド、やや早めにスパートして、そして最後の一伸びを最後までの我慢に置き換えての勝利、鮮やかでしたが、これがシャンティイの正道かなと、坂を上った時にはあと300くらいなのでそこではもう並びかけとかないと、そこからダラダラ下る感じのこのコースでは、レースの主導権が握れないのかなと。。主導権握っておいてあとは必死に頑張る。。。まさにスポーツたる競馬がここにあったと。。。

2016_09_11_img_9999_2791606

« 「顔見知りのフランス人に嬉しい記念日」ヴァダモスVadamos(2016ムーンランドロンシャン賞1着Prix du Moulin de Longchamp) | トップページ | 「競馬の王道障害にあり」ニホンピロバロン(阪神ジャンプS1着) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「顔見知りのフランス人に嬉しい記念日」ヴァダモスVadamos(2016ムーンランドロンシャン賞1着Prix du Moulin de Longchamp) | トップページ | 「競馬の王道障害にあり」ニホンピロバロン(阪神ジャンプS1着) »