2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「対決は海を越えるだろうか」マカヒキとサトノダイヤモンド(日本ダービーは2016秋の世界予想図) | トップページ | 「夢の翼羽ばたく日」マリアライトMarialite(宝塚記念1着) »

「決断と決意がダービー馬の誇り」マカヒキMakahiki

2016_01_23_img_86601601

凱旋門賞が決まったようで、トライアルからは凄いことだと、こんどこそチャンスかも、とにかくロンシャンの最後のゴール前70ほどの下りで、フォームが小さくなったり、バラバラになったりして、悔しい思いをしてきた日本馬、今回はシャンティイ、それはなくイスパーン賞1800でディープ産駒のエイシンヒカリが圧勝したようにディープ産駒に相性は良いはず、輸送もないし。本馬場で調教できる環境もあるし。良いことだらけ。ひょっとしたら本番は海外に来ても場所取りまでしてエゴまるだしの日本人のマナーが今回は小さい競馬場だけに弊害になるかもしれないけれど。。なにしろ観客も関係者多いから憎んだら潰しにくるかもしれないから。。

2016_05_29_img_9999_140160jpderby

 
あとは騎手。。ディープ産駒ならムーア騎手以上のパフォーマンスができるルメールさんを確保したいが、サトノの爪が回復すれば彼もフランスに来るかもしれないからそうもいかないし。。。
写真は上が若駒S下がダービーの返し馬。若駒Sの時京都の外側の深い芝を返し馬での軽さ速さ力強さには当時驚いたものです。こうやってみるとそこから随分成長しているのが返し馬の写真でもわかる。。

« 「対決は海を越えるだろうか」マカヒキとサトノダイヤモンド(日本ダービーは2016秋の世界予想図) | トップページ | 「夢の翼羽ばたく日」マリアライトMarialite(宝塚記念1着) »

トピックス2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「対決は海を越えるだろうか」マカヒキとサトノダイヤモンド(日本ダービーは2016秋の世界予想図) | トップページ | 「夢の翼羽ばたく日」マリアライトMarialite(宝塚記念1着) »