2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「涙は馬のたてがみに」マカヒキ Makahiki  | トップページ | 「決断と決意がダービー馬の誇り」マカヒキMakahiki »

「対決は海を越えるだろうか」マカヒキとサトノダイヤモンド(日本ダービーは2016秋の世界予想図)

2016_05_29_img_9999_203160jpderby

直線向かい風の中、死力を尽くした追い比べは見ごたえがありました。2頭の対決では2対0となったもののどちらが上かと言われれば、どっちだろうと思います。

2016_05_29_img_9999_205160jpderby

ともに初コースの東京で凄く強いレースをしたし、サトノは落鉄が無ければ最後の一伸びで30センチは前に出ていたかもしれないし。。

2016_05_29_img_9999_382160jpderby

サトノダイヤモンドは、順当なら天皇賞からジャパンカップで圧倒的な強さを見せるのが順当なところでしょうけれど。。イスパーン賞であれほどディープ産駒のエイシンヒカリが強い勝ち方をしてしまうと、シャンティイの凱旋門賞は大きな魅力だと思います。

2016_05_29_img_9999_121160jpderby

まずはディープ産駒にコースが向いていること。次に斤量が軽いこと、シャンティイにトライアル前から滞在してしまえば、輸送がなく、本コースでの調教も十分にできて慣れが得られることなどなど、今までのアウェイの条件を全く受け入れないで逆に他の欧州勢よりアドバンテージをもってレースができる。。。。マカヒキは行くでしょう。。負けてばかりいられないサトノダイヤモンドはどうするか。。

« 「涙は馬のたてがみに」マカヒキ Makahiki  | トップページ | 「決断と決意がダービー馬の誇り」マカヒキMakahiki »

トピックス2016」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「涙は馬のたてがみに」マカヒキ Makahiki  | トップページ | 「決断と決意がダービー馬の誇り」マカヒキMakahiki »