2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「七つ目の輝きは涙」ゴールドシップ | トップページ | 「北風が歌えば」ロジクライ(シンザン記念1着) »

「さて2015年、年度代表馬に国の良識を」Mauriceモーリス

2015_11_22_img_5215_1511

年度代表馬、これは文句なくモーリスでしょう。それ以外にあったら良識がないと思う。
確かに芝を少し短くしたダービーでのレコード勝ちも価値があるかもしれないけれど、3歳世代は、秋のG1で勝てなかった。
モーリスは、国内G12勝、ともに国際G1だし、その後香港マイルで名だたる名前を撃破して1着。。マイラーとしてはこれ以上ない成績。。年度代表馬の価値が満点近くある。

2015_11_22_img_5127_1511

とにかく年度代表の投票が楽しみ。誰がどのような理由でどう投票するか。。意地悪だけれどそれが楽しみ。なにしろこれである程度低レベルな奴らが整理ができるから。。。

2015_11_22_img_5120_1511

20年ほど昔ノースフライトが凄い外国メンバーの安田記念とマイルチャンピオンシップを同じ年に勝ち、マイルでは負けなかった年にナリタブライアンが3冠と有馬を制した。たしかにナリタブライアンはものすごく素晴らしいけれど、この年の安田記念の価値は1レースでこの成績を上回っていたはず。。だから。。。僕はこの時少しは議論にいくら何でもなるだろうと思っていたけれど、煙すら立たなかった。そこから20年どう意識が変わって良識が日本に育っているか。。それが見てみたい。写真はマイルチャンピオンシップのモーリスです。

« 「七つ目の輝きは涙」ゴールドシップ | トップページ | 「北風が歌えば」ロジクライ(シンザン記念1着) »

トピックス2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「七つ目の輝きは涙」ゴールドシップ | トップページ | 「北風が歌えば」ロジクライ(シンザン記念1着) »