2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のトラックバック

« 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その4(2015 旅のまとめ カラコンティー Karakontie) | トップページ | 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その6(2015旅のまとめ ニューベイNew Bay) »

「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その5(2015旅のまとめ ポストポ-ンド Postponed)

2015_09_14_img_1598_150913

ロンシャンでの幸運の一つは、キングジョージの勝ち馬ポストポーンドが見られたこと。そして勝つところを見られたこと。。レースが終わった直後は、この馬も出てくるだろう凱旋門賞を見に行く人が羨ましく思えたものです。だけれど。。
その直後の転厩の発表、だけれど馬は動かない、そのうち時間は過ぎてゆき、人的なエントリーという行為が実質できなくなり。。馬は今頃どうしてるんでしょうか。。

2015_09_14_img_1561_150913

私の稚拙な憶測ですが、凱旋門賞の前哨戦を使うことは調教師の意向で決まって、それで使ったと、そしたら思わん強さで勝ってしまったと。。馬場は道悪で。。そうなると道悪が多い秋のアスコットのチャンピオン開催に行けば勝てるんじゃないのかって思ったけれど、調教師は凱旋門賞を使ってから状態が使える状態なら、馬主はアスコットに万全を期したいで、意見が割れちゃったんじゃないのかって。。

2015_09_14_img_1502_150913

それで。。双方がムカッとなった。馬は来年出てくるんでしょうか。結構雰囲気のある活気のある馬です。写真はフォワ賞です。

« 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その4(2015 旅のまとめ カラコンティー Karakontie) | トップページ | 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その6(2015旅のまとめ ニューベイNew Bay) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その4(2015 旅のまとめ カラコンティー Karakontie) | トップページ | 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その6(2015旅のまとめ ニューベイNew Bay) »