2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「いつでも一番の贈り物」サトノダイヤモンド(12月26日2歳500万下1着) | トップページ | 「七つ目の輝きは涙」ゴールドシップ »

「やがて夕暮れが来て誰もが生きていて良かったと語り合う前に」ゴールドアクターGold Actor(有馬記念1着)

2015_12_27_img_7332_1512

良かったなぁー。。。って思った。たしかにリアファルが故障して馬群を下がったので、その後ろにいて早目に動くだろうし強力だしのラブリーディ、それをマークしていた馬とか、ゴールドシップのように追い上げて外を回った馬とかは余計なコース取り、減速をしたから、その前にいた馬に有利に働いたとはいえ、敗れた関東のトップジョッキーの顔がクシャクシャになっていたように。。嬉しかったですよ。隼人騎手おめでとう。

2015_12_27_img_7334_1512

それにしてもこの故障がなかったら。。ゴール前はもっと大激戦。。0・5秒に15頭とか。。。凄いことになっていたかも。。。

2015_12_27_img_7339_1512

有馬記念も60回ということで、過去の勝ち馬のパネルが飾ってあった。重い馬場を外を通って、2分35秒4のテンポイント、ルドルフも2回目の時は先行して道悪を2分33秒。。この距離では本当に進化したといえるのだろうかと。。思ったけれど、おめでとうの気分は変わらなかった。

« 「いつでも一番の贈り物」サトノダイヤモンド(12月26日2歳500万下1着) | トップページ | 「七つ目の輝きは涙」ゴールドシップ »

トピックス2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いつでも一番の贈り物」サトノダイヤモンド(12月26日2歳500万下1着) | トップページ | 「七つ目の輝きは涙」ゴールドシップ »