2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「ルーレットは要らない。たとえ絶世の美女が微笑んでも。」ショウナンパンドラShonan Pandora(2015ジャパンカップ1着 Japan Cup) | トップページ | 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その2(2015旅のまとめ エルヴェディヤErvedya) »

「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その1(2015旅のまとめ レガーティッシモ Legatissimo)

Img_72041_1504

やっと2015年淀の秋が終わり、阪神にボチボチは通うものの、振り返る時が来ました。
まずは、レガーティッシモ。彼女には大感謝です。1000ギニー本命のファウンドが直前取り消し、天気予報は雨、5連休を利用した念願のニューマーケット旅行は、悲惨なものになるところでした。

Img_7197_1504

直前でアイルランドのレースに勝ち、2番人気に躍り出ているのを知ったのはロンドンについてから。プリンセス誕生で湧いているロンドンをでて着いたニューマーケット、1000ギニーの出走馬で一番最初に良いなと思った馬が彼女でした。
ムーア騎手に導かれて圧勝。。その後オークス僅差2着、夏にはG1を2勝、ブリーダーズカップフィリーアンドメアターフではゲートで大きく躓いて、外を回り2着は惜しかったもののカルチェ賞で3歳牝馬部門に輝きました。。その馬をまじかに見れたのは何より幸運なことです。

Img_69751_1504

同じ服飾でファウンドがいますが小柄であり、重い馬場で斤量が軽い方がパフォーマンスが高い傾向がハッキリ表れるのに比べれば、固い馬場の方が得意だけれど、重い馬場でもある程度我慢が出来て、重い斤量を背負ってもレースの質が落ちるのが少なくて、しかもずっと安定した強さがあったことは、来期も現役が決まったそうですが大変期待できると思います。

Img_6777_1504

アイルランドの牝馬限定のレースを中心に走るでしょうが自分自身は一番注目したい海外のサラブレッドであることに変わりがありません。

« 「ルーレットは要らない。たとえ絶世の美女が微笑んでも。」ショウナンパンドラShonan Pandora(2015ジャパンカップ1着 Japan Cup) | トップページ | 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その2(2015旅のまとめ エルヴェディヤErvedya) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ルーレットは要らない。たとえ絶世の美女が微笑んでも。」ショウナンパンドラShonan Pandora(2015ジャパンカップ1着 Japan Cup) | トップページ | 「ゆるやかだけれど終わらない旅の憧れのために」その2(2015旅のまとめ エルヴェディヤErvedya) »