2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「プレリュードは嵐の前に鮮やかに」スマートオーディン(東スポ杯2歳S1着) | トップページ |  「やっぱり騎手は懸命に走る馬に一生懸命なのが。。。」ドレッドノータス(京都2歳ステークス1着) »

「treve 2015」を恩人に捧げます。(2015ジャパンカップの前に)

2015_09_13_img_09621_1509
このトレヴの返し馬の写真が撮れた時、僕は誰かに見せに行きたいと思いました。横には旅行をコーディネートしていただいた方がいて、見えるようにしましたがあの日の最上さんのように気づいてもらえませんでした。。
この一番上の返し馬の写真は、A版にするため以外の全くトリミングをしていないのです。画面いっぱいに駆け抜けた最高の名馬をこれ以上ないくらいに捕らえられた。。。そして、競馬のギャロップの写真の絶対条件である全身を写しこむことができた。。何度もプレビューして僕はそのたびに自分が熱くなっていくのがわかりました。。誰かに見せたくなった。。

2015_09_13_img_1169_1509

誰かに自分の撮った写真を見てもらいたいと強く思ったのは人生で2回目です。1回目は82年のジャパンカップ。。オールアロングにほれ込み、スタネーラに何かを感じ、そしてレースの迫力に大感動したレース、僕はレースのすべてをフィルムで撮った120枚のうち3枚ほどの試し撮り以外、ほとんどマニュアルのピント合わせをはじめミスなく撮り切っていました。その写真を当時阪急イングスに大阪で初めて出来た60分仕上げで月曜日に学校をさぼって現像して。。。レースの思い出、熱さが甦ってきた時、いつもお世話になっているPRコーナーの最上さんに見ていただきたいなと強く思ったのです。それが1回目。。

2015_09_13_img_1029

当時、家庭にCSもパソコンもビデオも無かった時代、土日行われたレースを月曜昼にVTR放映が売り物だったPRコーナーのビデオ前の椅子に座りながら、僕は何度も「惜しかったねぇ日本馬あと3馬身だった・・・」と下條正巳さんにそっくりの笑顔でニコニコしながら声をかけてくださる最上さんの前で何度も写真を捲って見ましたが彼は気づいてくれませんでした。
 
とても誠実で社会常識を重んじる方だったので、「ジャパンカップに行って写真を撮ってきました」といえば「学生の分際で競馬を見に東京に行くなんて、なんという贅沢をするんだ!」と烈火のごとく怒られるのは分かっています。。。だから。。。気づいてほしかった。それだったら写真を見せられる。。凄いレースだったって伝えたかった。。叶いませんでした。。

2015_09_13_img_1010_1509

その年の冬、田舎での就職が決まって、下宿から引き上げる前日にPRコーナーにお邪魔して挨拶をさせていただいたとき、「君ちゃんと人生のこと考えてたのか!。。。ああ!良かった!」って顔をクシャクシャにして言っていただきました。事務のオバサンを読んで二人で喜んでもらいました。挨拶をして振り向いて出口の自動ドアが開いて閉まるまで。。。。二人の「良かった。良かった。」って声が聞こえていたのをいまでも憶えています。
 
良い写真が出来ました。「treve 2015」は各国グーグルの画像検索の一番上の左に位置しています。トリミングはしたけれどほかのトレヴの写真は、大きな著名なマスコミを抑えてそれを追いかけています。。。この現実は私がやり遂げたのもではありません。全てあなたのおかげです。少ないですが。。。捧げさてください。すいません。まだ競馬を続けています。。

 

« 「プレリュードは嵐の前に鮮やかに」スマートオーディン(東スポ杯2歳S1着) | トップページ |  「やっぱり騎手は懸命に走る馬に一生懸命なのが。。。」ドレッドノータス(京都2歳ステークス1着) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「プレリュードは嵐の前に鮮やかに」スマートオーディン(東スポ杯2歳S1着) | トップページ |  「やっぱり騎手は懸命に走る馬に一生懸命なのが。。。」ドレッドノータス(京都2歳ステークス1着) »