2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のトラックバック

« 「たったひとつ物語」レッドキングダムRed Kingdom(その1) | トップページ | 「たったひとつ物語(その3)」レッドキングダムRed Kingdaom »

「たったひとつ物語」レッドキングダムRed Kingdom(その2)

Img_5653_1503

(レッドキングダムその2)

3歳未勝利のまま地方へ地方で勝って中央へ戻ってきて負け続け、後がない状態で障害へ転向。。HPが障害には積極的に向かっていくと書いても平場の脚がないのは明らかで、なんとか障害未勝利クラスは勝ってほしいと思うものの。。

Img_3120_914

ところがテレビ観戦で見る彼は走るごとにパフォーマンスが上がり、これは勝てるのではと思った小倉を勝って、そのあと小倉のオープンを一気に最後で追いついて追い越して完勝。。。もうなぜ体がジンジンするんだろうって。。。

Img_3133_914

次は阪神ジャンプSでこれは入着、だけれど上出来。。馬体はマダマダの感があるものの活気が出てきているように思えて。。

Img_5570_1503

次は東京戦の多頭数を避けて中山のイルミネーションS。。阪神で見ていて思わず声が出ました。体も動きました。。終わった後、周りの知らないオッサンたちがこっちを見ながらシラケてはいたけれど。。。

Img_5578_1503

中山大障害。。普段ならここから追いつくけど相手が相手だけに2着だなぁ。。よー頑張ったとテレビに向かってしていた拍手がゴールに向かうにつれて痛いくらいに夢中になって。。。1着。。。

Img_5635_1503

そして3月、再び中山のペガサスジャンプSを完勝。本命でG1へ。。。との高揚感より。。その前に本当に強くなった彼が本当に眩しかった。。

写真は上から15年3月ペガサスジャンプ、次の2枚が14年9月阪神ジャンプS、その下が15年3月ペガサスジャンプSです。

« 「たったひとつ物語」レッドキングダムRed Kingdom(その1) | トップページ | 「たったひとつ物語(その3)」レッドキングダムRed Kingdaom »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「たったひとつ物語」レッドキングダムRed Kingdom(その1) | トップページ | 「たったひとつ物語(その3)」レッドキングダムRed Kingdaom »