2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「凱旋門賞を3度走った偉大さをふたたび」オールアロングAll Along(83年凱旋門賞1着) | トップページ | 「消えない想い」シスタートウショウ(91年桜花賞馬) »

「強く痛い風よりも速かったと伝えよう」イソノルーブル(91年オークス馬)

App4217

いろいろ伝説はあるけれど胸がガーっと熱くなったのは、イソノルーブルが2歳暮れに、やがて阪神JFとなるレースを、阪神の改修のために淀で行われたけれど、当時の評判馬で、来期の桜花賞はレベルが高いぞと噂されたメンバーを相手に圧勝したレースでしょう。

App4227

当時としては勝ちタイムも破格のもので。。一体どうなってるんだと。。。レベルが高いと信じられてきた馬をアッサリ切って捨てて力の違いを見せつけて。。。なにか特別なものを取り付けているんじゃないのかとか。それこそなにかポパイのほうれん草じゃないけれど急激に力が出るものを開発したんじゃないのかって、そうでないと説明できないんじゃないのかって。。本当に思えて。。

App2665

血統はニジンスキー系のラシアンルーブルに母父テスコボーイ。。こう書いても誰も堪能しないだろうけれど、ニジンスキーの子供のマルゼンスキー、テスコボーイの子供のテスコがビーの圧勝劇をテレビでしか見たことがなく、是非目の前で見てみたいと思っていたものにとっては。。これかと正直思ったりもして。。。カーっとしてしばらくたっていた思い出があります。

App2664

普通ならこれで終わるはずのクラシック戦線、まさかこれからまだ強力な馬が出てくるとは思いもしなかったのです。

App2668_2

写真は上から桜花賞、ラジオたんぱ杯3歳牝馬ステークス、一番下までエリザベス女王杯(当時3歳限定)

« 「凱旋門賞を3度走った偉大さをふたたび」オールアロングAll Along(83年凱旋門賞1着) | トップページ | 「消えない想い」シスタートウショウ(91年桜花賞馬) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「凱旋門賞を3度走った偉大さをふたたび」オールアロングAll Along(83年凱旋門賞1着) | トップページ | 「消えない想い」シスタートウショウ(91年桜花賞馬) »