2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「女王として女性としてブリリアントであれ」トレヴTreve(サンクルー大賞1着6月28日) | トップページ | 「これからどうなる」ブラックスピネル(7月19日2000m新馬1着) »

「勝った!」エトランドル(7月19日2勝目)

2015_07_19_img_0238_1507

この日の5Rの2000の新馬戦でパートン騎手が、ハービンジャー産駒を行かせていたので、これならなんとかなるかなと。新馬戦を最後方で差し切ったためにその後も必要以上に押さえられて、良さが消されてしまっていたので。。。ほとんどのハービンジャー産駒が、スローの多い新馬で差して勝って、ペースの上がった昇級戦でもそうされて、結局瞬発力勝負のレースを瞬発力がないのに覚えさせられてしまって勝てないことになっているし。。前半ついていけなくなるのを憶えてしまっている。。だから。。

2015_07_19_img_0168_1507

パドックの状態は、いわゆる伸び切って歩くタイプとは一線を画してきていて、ストライドを伸ばし切って走る中距離戦より、ゆったりと先行集団から、力強い一歩で最後までバテないレースをしてストライドを伸ばすタイプがバテているところで差し切る長距離戦の方が良くなってきているタイプになってきているなと。

2015_07_19_img_0203_1507

ある程度行かせて、早目に仕掛けて、余裕のある差し切り勝ちが2000でできたのは大きい。。稍重回復の良馬場で、勝ちタイムもソコソコ。この時期に2勝目を挙げたことで、菊花賞への展望も開けて。。

« 「女王として女性としてブリリアントであれ」トレヴTreve(サンクルー大賞1着6月28日) | トップページ | 「これからどうなる」ブラックスピネル(7月19日2000m新馬1着) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「女王として女性としてブリリアントであれ」トレヴTreve(サンクルー大賞1着6月28日) | トップページ | 「これからどうなる」ブラックスピネル(7月19日2000m新馬1着) »