2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「進化する伝統のローリーマイルコース(ニューマーケット観戦記その1)」1,000 Guineas1000ギニーより(勝ち馬レガーティッシモ Legatissimo) | トップページ | 「1000ギニー アンティポストのヒロインたち(ルシーダLucida、オゼイラ、レッドスタート)ニューマーケット観戦記その3」 »

「美しいひと レガーティッシモ Legatissimo ニューマーケット観戦記その2(1000ギニーより)」

Img_7204_1504_2

ニューマーケットのパドックというか事前に馬を歩かせるところは3つ。正式なパドック、これはウィナーズサークルも兼ねていて、府中のものの1.5倍くらいの規模があるかなと。

その前の装鞍所のパドックがすぐ隣にあり、門別のパドックくらいのもの、ここにまず鞍を付けずに出てきて、歩かせてから鞍をつけてパドックへとなる。(回らない馬もいますが)これの横に、グーグルで見るとちょうど樹で隠れてしまっているけれど、円い小さいパドックがあって、これも同じ役目+レース後の馬が一緒になって下がり運動的なものをやっている。

Img_6951_1504

(キャンターを始めるレガーティッシモ)

その奥に洗い場というか引き運動を開始する前、輸送で発汗した体をクリーンにする場所があって、そこから時間になるとでてくる。。それぞれ速い遅いはあるけれど。鞍をつける前のパドックはその前のレースのメンバーが大きなパドックに移動した後に、歩かせ始めるので、僕は鞍をつける前のパドックを見てそれで込み合うパドックをパスしてゴール前でひたすら粘る方法にしました。

Img_7193_1504

1000ギニーのために馬が集まってきた奥の洗い場を見ていると一頭カッコが良くて凛とした馬がいる。名前も知らずそれを撮った。それがレガーティッシモ。

パドックが終わるとゴールを過ぎたところ、ちょうど京都と位置は同じくらいのところから入場して、でもトンネルを抜けてそこに来るんじゃなくて、パドックから平面的に場内を横切て馬場に出てゆく、入場門もあるが人は通行止め、ひたすら馬優先主義。。

キャンターは下り坂で、レースは上り坂、丘に駆け上がってくる感じで。。レースが終わると一段高い丘に駆け上がってまた来た道を帰ってゆく。。馬好きがそれを追いかけてゆく。。

それが競馬。

Img_6777_1504

(デインヒルダンサー×母父モンジュー)

レースコースのスタンドにはそれぞれ区分があって、ゴール前で楽しもうと思うとそれなりに料金を払わなければならないが、基本的に大きな意味でのパドック部分に区分けはないようだったと。

Img_7265_1504

それどころか、有名な調教師が横を歩いていたりなんてことはパドック部分ではザラだったし。。緊張しまくりでした。海外競馬場の紹介サイトで掲載されていた基本的に写真はレースコースのみの意味がなんとなくだけれど実感として分かりました。

 

 

« 「進化する伝統のローリーマイルコース(ニューマーケット観戦記その1)」1,000 Guineas1000ギニーより(勝ち馬レガーティッシモ Legatissimo) | トップページ | 「1000ギニー アンティポストのヒロインたち(ルシーダLucida、オゼイラ、レッドスタート)ニューマーケット観戦記その3」 »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「進化する伝統のローリーマイルコース(ニューマーケット観戦記その1)」1,000 Guineas1000ギニーより(勝ち馬レガーティッシモ Legatissimo) | トップページ | 「1000ギニー アンティポストのヒロインたち(ルシーダLucida、オゼイラ、レッドスタート)ニューマーケット観戦記その3」 »