2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「春になると思い出す大歓声超えた衝撃を」シンボリルドルフ(85年天皇賞春より) | トップページ | 「進化する伝統のローリーマイルコース(ニューマーケット観戦記その1)」1,000 Guineas1000ギニーより(勝ち馬レガーティッシモ Legatissimo) »

「美しいひとよ針と糸を使わずに5月に似合う麻地のシャツを縫っておくれ」(レガーティッシモ  Legatissimo 英国1000ギニーを制す) 2015年5月3日

Img_7204_1504_2

(1000 Guineas)念願が叶ってのニューマーケット旅行。本音は2000ギニーだけれど、旅行がスッポリ連休に入ること、事前ずっと1000ギニー断然1番人気で、ロンシャンのレースが鮮やかだった2歳女王のファウンドがそのストレスを埋めてくれるだろうと思ったけれど、4月になって不安が流れ、結局ファウンドは旅行前日に回避が決まり、天気予報は期間中雨と散々なものになると。。

Img_7197_1504

2日プリンセス誕生に浮かれるロンドンのホテルでスマホを見ていると、なんだかLegatissimoという名前が急に2番人気に押し出せれてきていて。。天気予報も午後は曇り以上のの天気と変わってきて。。幸運のおすそ分けがどうも私にも廻ってきそうな感じで、例年並みのものは見られるだろうと。

Img_7187_1504

訪れたニューマーケットは、まさに馬好きにとっては夢の国。みんなレースというお祭りに浮かれていて。。日本ダービー以上の雰囲気を感じ。。。カーッとなっていたのか結局4時間立ちっぱなし。。

1000ギニーのレースは、1分34秒台の超絶時計の結末。前日の2000ギニーより3秒ほど速い結果、自分の理屈は後々載せるけれど、強い追い風の下のレースとはいえゴールに向かって最後の力を振り絞って飛び込んでくる迫力は3歳春のレースではないと。。。

Img_69751_1504

これは素晴らしいレースを見たんじゃないのかって。。勝ったレガーティッシモの素晴らしい形。凛とした姿。そして彼女が持っていたあと700くらいから仕掛けられた熱戦を制してゴールしてもどこかクールな雰囲気というか余力がある姿。。ひょっとしたら良いなと。。

後でチェックしてみてわかったけれど、前走アイルランドのレース(4月23日)を制して連闘でこのレースを使っての勝利だとか。。

※タイトルは「スカボロフェア」の高石ともやさんの訳詞から引用しました。お許しください。

« 「春になると思い出す大歓声超えた衝撃を」シンボリルドルフ(85年天皇賞春より) | トップページ | 「進化する伝統のローリーマイルコース(ニューマーケット観戦記その1)」1,000 Guineas1000ギニーより(勝ち馬レガーティッシモ Legatissimo) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「春になると思い出す大歓声超えた衝撃を」シンボリルドルフ(85年天皇賞春より) | トップページ | 「進化する伝統のローリーマイルコース(ニューマーケット観戦記その1)」1,000 Guineas1000ギニーより(勝ち馬レガーティッシモ Legatissimo) »