2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「美しいひとよ針と糸を使わずに5月に似合う麻地のシャツを縫っておくれ」(レガーティッシモ  Legatissimo 英国1000ギニーを制す) 2015年5月3日 | トップページ | 「美しいひと レガーティッシモ Legatissimo ニューマーケット観戦記その2(1000ギニーより)」 »

「進化する伝統のローリーマイルコース(ニューマーケット観戦記その1)」1,000 Guineas1000ギニーより(勝ち馬レガーティッシモ Legatissimo)

Img_7194_1504

ニューマーケットについて少し興奮が落ち着いた頃、ローリーマイルコースの変化ではないかという部分に気が付きました。

今までは外ラチというかスタンド側のラチはまっすぐゴールまで来ていたのですが、スタートからあと600くらいのところまで、日本の仮柵のように出っ張らさせて、そこからゴールまでは、もとのラチの位置にまで広げている。つまり外ラチが途中でカーブしている状態にしていました。

これだと、どちらかといえば外側の方が途中でコースが広がる分、そこでバラけるはずなので、ここで抜け出す余裕がある実力馬はレースがしやすくなるかなと。今までのように極端に2つに分かれるレースはなくなるのかなと思いました。動画をチェックすると2000ギニーは2つに分かれていたけれど。コースが広がる時点から一つになっていくような形、1000ギニーは、後方待機から、広がった部分でバラけた馬群をまっすぐに突っ切っての勝利、効果は抜群のように感じます。それにしても良く思い切って変えられるもんだと。。

Img_7183_1504

芝は穂先を刈ってあるけれど、日本よりは長目で密集している感じで、加速はつきにくいかなぁと感じ、やはり乗り切るための先天的なスタイルとか、爪をはじめ、入念な準備は必要かなと。

レースで驚いたのは、あと200くらいまでは固まってくるのにそこからエラい差がつくこと。4秒くらい遅れてしまう馬がザラにいる。これには驚きというか、最後の1ハロン以上続く坂は、もうほとんど酸欠状態的な感じで上ることになるのでしょうか。。それにしてもどのレースも追い出しが早目というかあと2ハロン手前くらいで追い出している。それで急坂を上ってレースをしてくる。。軽い馬場の日本が、ギリギリまで追い出しを我慢するレースをやっているのと比べるとあまりに対照的。。

Img_7148_1504

ローリーマイルコースは、マイルのスタートが一番底で、それ以上の距離は最初マイル地点まで下り、そこから中山なみの坂を大体250くらいのものを3つ、あとは平坦でなくずっとそれよりは緩いけれどずっと上り。。凄いコースです。

この日の1000ギニーは嵐2歩手前の強烈な追い風で、それで坂を上るレース。。陸上競技では下り坂とか、いつもよりスピードの出るところで、自分の筋肉の範囲を上回る動きができるところで練習しフォームを固めると言いますから、それを強引に引用すれば、いつもより早いスピードで坂を上るこの日のレースは、どれだけそのいつも以上のフォームを保てるか試されたことになると思います。勝ったレガーティッシモ、2着ルシーダはこれから要注目かなと。

加えて、ゴミが巻き付いたかして不利があった4着のファダイールも注目が必要かなと。

« 「美しいひとよ針と糸を使わずに5月に似合う麻地のシャツを縫っておくれ」(レガーティッシモ  Legatissimo 英国1000ギニーを制す) 2015年5月3日 | トップページ | 「美しいひと レガーティッシモ Legatissimo ニューマーケット観戦記その2(1000ギニーより)」 »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「美しいひとよ針と糸を使わずに5月に似合う麻地のシャツを縫っておくれ」(レガーティッシモ  Legatissimo 英国1000ギニーを制す) 2015年5月3日 | トップページ | 「美しいひと レガーティッシモ Legatissimo ニューマーケット観戦記その2(1000ギニーより)」 »