2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

「第一回の憂鬱へようこそ」(ラジオ短波3歳ステークス実質第一回より)

91rt1

阪神でやっていた暮れのラジオニッケイ賞を始めるときには、様々な批判があったと記憶しています。まずはこの時期に2000をやって意味があるのかということ、2番目は、朝日杯が絶対の時代、そこで戦えないレベルの馬がこの重賞勝ったりして賞金で上に来てクラシックの権利が埋まってしまう不満、加えてまだ相対的なレベルで低かった関西馬のためになんでワザワザ重賞やるんだっていう罵倒に近い疑問。

1着に来たノーザンコンダクトは、ひどい道悪のスプリングSでミホノブルボンに大敗でクラシックに出てこれず、それ見たことか的な見方の中を、皐月賞で2着のスタントマンが2着に来て、それなりの意味を見出させてくれ、そしてサンデー産駒の登場とともに名物レースとなったのです。

91rt4

時代はめぐってホープフルS、2歳の2000のトップ決定は企画倒れ、前哨戦の重賞を勝った馬は早々とクラシックに備えて休養に入り、出てきたのは前哨戦とされた東西重賞から2着馬が1頭のみ。。前哨戦だけをみると、京成杯組のほうが幅を利かせている感じもして。。

はたして、このまま2歳で賞金を持った馬を増やしすぎただけで終わってしまうのか、やっぱりこれが意義があったのと感じて終われるか。。

「ホンマ負けるかな。」リアルスティール

Img_0188_1411

新馬戦での圧勝、2戦目で遠征してのタイムは驚かなかったけれど重賞制覇、それで小回りの同じ組み合わせのラングレーが確変したような末脚を繰り出した中山。。。負けるかな。この鞍上なら、仕掛け遅れがあるとは思ったけれど。。。残念です。。カタログで抜けた印象を持った馬、さすがに車1台分相当のの40分の1口価格では見るだけだったけれど。。持たなくても夢は見ていたかったと。。

Img_0192_1411

「追撃開始か」アルバートドッグ(ゆきやなぎ賞1着)

Img_5065_1503

あんまり走らない印象のG1のディープ産駒だったけれど、この馬は徐々に輪郭がくっきり強い輪郭線になってきて成長してきたな感じたとたんに1段強くなってきたと。普通のディープ産駒よりインパクトの薄い末脚がなんか不満だったけれど、いまは渋太いし、差し脚もドシッとした感じを繰り出してくる感じ。。

Img_5067_1503

このレースも直線追い風を早仕掛けで前に出てくれた馬がいて少し楽はできたけれど、キッチリ外から差し切れるところまで来た能力は相当ではないかと。

Img_5050_1503

「小さいけれど大きな何か」ペルフィカ

Img_3866_1502

フィリーズレヴュー2着。ゼンノロブロイ産駒は小さい馬は走らないし、坂のあるコースはやっぱり。。だけど小回りはって思っていたけれど。。前走もレベルはどうか知らないけれど男馬を外回りの1600で結構速いタイムで楽に差し切っているし。。侮れないと。馬群を上手く抜け切れたら。。

Img_3815_1502

「切れ味は成長力」アンドリエッテ

Img_0078_1411

チューリップ賞2着まで来たかって感じだけれど。。新馬から2戦目の上がり方が鮮やかだったのでよく覚えている馬だけれど、そこからも一回ごとにドンドン上がってる感じは感じられてて、さて次どうなるかと、直線内側に力尽きた馬がたまる桜花賞だけに上手くハマればという脚質だし、冬が厳しくて基礎代謝にいる分関東が有利な冬の競馬でそこそこやれているところから成長もすれば、温かくもなれば。。期待してはいます。当日行けませんが。。

Img_9251_1411

(新馬と未勝利での上がり方を写真で。。)

「軌道に乗れば変幻自在」レッドルティスタ

Img_6296_150ten

小倉で未勝利勝ち、意外と簡単に勝てて、直線向いてすぐに追いつける競馬が出来て、勝ち方は幼くてイロイロ問題があるそうだけれど、今の時点では良かったかなと。これでグンと次良くなってくると、それで勝ってしまうと。。大波に乗るのもも怖くなくなりそうだけれど、そんな馬がワンサカいてどれかわからんのが競馬でもあり。。ま頑張ってもらいましょう。(写真は新馬戦時)

Img_6278_150ten

「ただいま確変真っ最中」レッドソロモン

Img_4269_2014

若葉S。結果を知って唖然としました。私滋賀県なのでどちらかといえば阪神が遠く、この時期ほかの趣味と仕事の忙しさが乱立した状態になるので億劫が勝るのですが。。チェックした結果一番に名前が挙がってきて。。。ここまで来たかって。。

Img_4256_2014

それしてもブリンカー、外国人騎手でのサンデー系でない先行しながら抑えることも教えるやり方でレースっぷりは格段にアップして、その上昇ぶりは凄いと。もしかしたらと思うけれど、タイムもないし、道悪でどうかだけれど。。ウーン。。皐月賞に出て着外になるとダービーは賞金的に苦しいし。。。嬉しいけれど。。(写真は14年10月のもの)

「遠回り24か月」レッドセイリング(2勝目3月14日)

Img_4992_1503

逃げて勝って、それで良しとせず、控えたレースを覚えさせると、控えたら馬がレースをやめてしまってタイムオーバー。。そこからちょうど2年。。逃げて勝って2勝目。。こんなもんでしょう競馬って。タイムも遅けりゃ、馬もオドオド。。進むも地獄かもしれないけれど、なぜかホッとして力が抜けた2勝目でした。

「まずは反省会」エトランドル(ゆきやなぎ賞4着)

Img_5160_1503

レースが前からドンドン直線向かい風が強くなって、ひょっとしたら勝てるんじゃないのかと、追い風の向こう正面で後方で風に押してもらい、直線ゆっくり外に出しながら差せば、新馬戦と同じ競馬でなんとかなると思って見ていたけれど、向こう正面では、風に押してもらうときにやや引っ張って後方のまま、直線はコーナー手前から行ってしまって、直線は向かい風まとも。。写真をみてもわかるように先行した馬を追い越す前にいつでも交わせると少し溜めたけれど先行馬には良い風よけになってしまい、なかなか追い抜けず、鞍上が焦って内を気を取られている間に、その背後で風よけに使って差してきた馬にやられると。。。レースのアヤには散々な目にあわされたレースだったと。。

Img_5162_1503

鞍上の工夫で何とかはなったけれど、まぁ次乗るかどうかわからない馬だと乗り方はこんなもんかと。。同じハービンジャー産駒で風を意識してか内ピッタリを回ってきたドリームチェイサーよりも先着しているから距離的にはこれくらいを使っていくのがベストではないかと。ただし、この馬はノーザン系なので、押さえて控える競馬を教えるのでなくて、行かせながら抑える競馬を徐々に教える方が良いような。。。

Img_5043_1503

パドックでは、マダマダの感じ、ほかの馬が徐々にくっきり部位との接合部がしてきている中で半年は遅い感じがするほどマダマダの馬体。。それに太かったと。最後の失速はそれも加わったと。。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »