2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

トピックス2014

「オーラスは大賞典のように楽しみたい」リアルインパクト(阪神カップ1着)

Img_0471_1411

昔、有馬記念は12月の第3週、最後は3000の阪神大賞典。3歳と古馬の意地のぶつかり合いというか。一流馬も結構こちらに回ってきたりして、小回りの阪神で多頭数の長距離戦、もうわけのわからんレースが多かったと。

それに比べると多頭数ではあるものの1400のレースではすぐに終わってしまうし。。なんだかもっとぶつかり合いを長く楽しみたいと。。

Img_0456_1411

このレースなぜか関東馬が強いレースで、今回もそうなるのかなの疑問とリアルインパクトで前年のムーアの真似をビュイックができるのかという疑問が渦巻いていたけれど。疑問なんていうブレーキはいらないほどレースは鮮やかな結果と騎乗でした。。結構深く感心したところで2014年は終了といった感じになってしまいました。

続きを読む "「オーラスは大賞典のように楽しみたい」リアルインパクト(阪神カップ1着)" »

「よくあることから始まって」リアルスティール(12月27日新馬1着)

Img_0191_1411

評判馬というか、カタログの中で自分はこの馬が一番かなと感じでいたので、どんな馬なんだろうと思って期待して行ったから、前足の手先だけの動きで歩くパドックにはちょっとがっかりしたけれど、ほかにこれはという馬もおらず、負ける要素が少ないなと感じたと。。

返し馬でも前足の動きが多分少し長いのでそう感じるのかもしれないけれど、軽いけれど、なんだか手先だけの動きであり、レースっぷりが心配というか、もっとドンよりドンよりなんだか抜けてきてなんだか勝ったっていう感じになるのかなと思っていたら、キリッ、ピシッ、ビュンという感じで抜けきって、後味も爽やかだったと。

Img_0190_1411

それにしてもディープ産駒母父ノーザンダンサー系根幹種牡馬だと、スローペースで上がりの競馬だと際立つ勝ち方をすると。彼もその部類に入ると。あとは道中のスローがそうでなくなったときにどうなるか。。それだけだと。

Img_0190_1411_2

それにしてもためてドンで勝てたもんだから、次のレースでも前に行かなきゃ味がなく切れ味のない持ち馬のディープ産駒で福永騎手が調子に乗ってそれをやったもんだから、後方で抑えられて、上りはそれほどでなく、あえなくわかりきった惨敗。。。レース後の談話も騎手にしかわからん手ごたえとかキレそうだったとかいう話に終始していて。。

この新馬戦終わってパドックに急ぐときに、また押さえてドカンとやろうとして、それができん馬だからみじめな負け方するだろうと感じられて。。。それでやはりそういうレースになって。。みじめな持ち馬のレースを見る辛さ。。

控え方が下手なのは凱旋門賞であれだけ批判されて懲りているはずだけれど、今年日本馬といえば98%位はジャスタウエイのことを指しており、不慣れでレースができない騎手とはその鞍上のことを指すのに、そこからナニクソもなにもなく時が過ぎてしまっており。。。と。。有馬記念はこれでは勝てんと。。

続きを読む "「よくあることから始まって」リアルスティール(12月27日新馬1着)" »

「新芦毛伝説と言って物語は始まり始まり」ダノンプラチナ(朝日フューチュリティー1着)

Img_9962_1411

前走テレビだったけれど見ていたレースがあまりにも強いし、加えてディープ産駒でマイル適性もあり、しかもこの日のマイル戦でもディープ産駒が来ているとなれば、疑う余地がないのが、開催場変更の第一回としてワクワクしている気分と相反する気がして。。。

馬場入場が内馬場側からだったから、やっとG1なんだとわかった自分になんだかちょっとシラけたりもしたし。。

Img_9966_1411

それにしても強かったですねぇ。ここから距離が伸びてどうなる。斤量に敏感な血統だけにどうなる。母系も2歳向きのような気がするけれど、完成度が他より高いだけだっただけではないかと思うけれどそれがどうなる。。ま楽しませてもらいましょう。。レース後強かったなぁって何度も言うでしょうけれど。

Img_9867_1411

雑感ではあるけれど、このレースに出られたのは、この時点で賞金を1000以上くらい持ってなきゃならないし。。そうなると賞金的にはここの半数がダービーまでは行くはずで。。加えてホープフルの2着まで。。つまりはあんまりここからメンツが変わらない可能性もありそれが辛いというか、売り上げに響かないんだろうかと。

「ディープマイルディープ」ミッキークイーン(12月21日ミッキークィーン未勝利1着)

Img_9503_1411

この日確か2歳戦の芝のレースが4つ続く番組でメインも朝日杯であり、ちょっと追いかける方には辛い設定ではありました。道悪が残るマイルのレースでディープ産駒はどうなるんだろうとみていると、その適性はあからさま、馬も強いのが重なるとさらにデフォルメされる。ちょっと圧迫感さえ感じるディープ産駒のマイル適性の1日となりました。

Img_9511_1411

当然、前走1400で出遅れ惜敗から距離を伸ばしてきた彼女も圧勝、外を回り楽な手ごたえ。。。どこまで割り引いて良いのかわからないえれど、まずは力が違いました。

「レベルか傾向か概念か」マキシマムドパリ(12月21日未勝利1着)

Img_9481_1411

秋の京都開催で惜敗した馬たちが人気の中心になるレース、どの京都の新馬がレベルが高かったか数字ではなく勝ち上がりでわかってくる季節にレースのカレンダーは動いてきたかなと。それに初戦を叩いて状態の上り度合加えて、それに血統の向き不向きとかが加わって。。なんとなく着順が決まるのかなと。

Img_9433_1411

マキシマムドパリは、初戦は11月30日エトランドルの新馬での3着で、2勝目が遠く、強く見えたときは相手が弱い時が多いハービンジャー産駒に負けたので、なんとなく人気がないかなといった具合なんだけれど、馬は良い意味活気があるのに利発で大人しくてで、パドックでは勝つんだろうなと思っていて。。やっぱりで。。でもこの馬にあっさり勝ったやつもいるんだけれど、状態が上がっているから一概にどうとか。。。

「まずはふりだしへ」タッチングスピーチ(12月7日未勝利1着)

Img_9165_1411

牡馬と混合の2000の未勝利戦で圧倒的な1番人気で、ディープ産駒で不振の福永騎手、いつも見ているちょっと届かないレースっぷりから、追い出されて、それなりによく見えた馬たちを直線で抜ききっての1着、これは素晴らしい。

Img_9116_1411

母父から長い距離が良いのかもしれないけれど、果たしてどうなのかはわからないけれど、王道は行ってほしいですえ。もっと胸前がガッチリあるとドキドキするけれど、スタイルが良すぎるのが無駄がないのか何かが足りないのか。。自分には分かりません。自走若駒Sだったりするとエトランドルとか相当な牡馬とやってしまうことになったりして。。。寒いけれど谷シミは楽しみ。。。

Img_9086_1411

「初物づくしは逃げるが勝ち」アンバルブライベン(京阪杯1着)

Img_8879_1411

ジャパンカップを盛り上げるためか、16時20分発送となり、結構暗闇の中のレースとなった京阪杯。内有利、先行有利で終始した秋の京都開催、そこへやや道悪残りの馬場での逃げ切り、秋のハイライトを見ているレースでした。

私どちらかというとというか自分の馬でも出なけりゃ短距離には全く興味がないので、久しぶりに短距離の重賞を見たというか、JCが終わって京都からも帰る人が多かったので、それならってことでの観戦で、ぼっとしていたので初重賞の鞍上の喜びが素直に受け取れました。

Img_8888_1411

それにしても16時20分のレースは暗すぎる。だから危ない、芝だとムラ、色の違うところ、ラチの形状の違うところなどいろいろあるから、不慮の事故があるんじゃないのかと思って、企画的には良いのかもしれないけれど止めてほしいと感じました。

前の週、ルメール騎手が骨折した事象は芝の2200での最終レースでの事、暗すぎることと因果関係がないとは言いにくいのではないのでしょうか。たとえば障害レースは日が高いうちにやった方が影が短くて安全だと言います。それの逆に暗くなって周囲の物がいろいろな見え方がする時間帯に長い距離を施行すれば必ず何かが起きる危険性はあるのではないかと思います。危険性があるレースをやらなければ、人気騎手の骨折、戦線離脱というマインドを下げる結果を呼ばなかったと、早急に一考をと思います。

「茨の道は薔薇に通ず」シュヴァルグラン(京都2歳S3着)

Img_8407_1411

上位2頭が強いとはいえ、ほしい重賞2着以上の座であったでしょうから、残念だったでしょうなぁ。

このレース好きなタイプの馬がズラッと出てきていたのでときめきながら見ていましたけれど、マッチョでありながら優しさがあり、それでいて機敏さも感じるシュヴァルグランが気になってというか、ドカンと行ったら面白いだろうなぁと。

Img_8546_1411

パドックでも遜色なくて、事前に複勝を買ってはいたものの、どうしようか写真を撮らずに馬券を取ろうか迷ったりもしたけれど。自分には自信がないので。そのままで。。

Img_8339_1411

レースも内が空いたところを一気に来れる器用さみたいなものも見せていたから、相手が強すぎて仕方がないけれど、なおさら残念な3着でした。

「手探りは菊花賞より面白かったけれど」ベルラップ(11月29日京都2歳ステークス1着)

Img_8518_1411

激戦でした。激しいレースをこの時期にしてよいのかなという疑問はありました。この先また2000の2歳重賞を戦う意味がなんとなく分からなくなったような気もします。

Img_8508_1411

前走強いレースをしたベルラップに、このレースを目標にしてきたクラシック候補と言われるメンバーがどれだけ迫り追い越しすることで、何かがわかるのかなという自分は見立てをしていましたが、この結果はやはり京都の2000の慣れを味方につけたベルラップのほうが同じ素質なら勝ったという結果に終わったと思います。

Img_8571_1411

4つコーナーを回り、短い直線で加速し、勝負をしなければならないレースを重賞として、この時期にやる意義が、消耗度が重賞となるとどうしても賞金加算が大きくて、クラシック戦線を戦う上での賞金的優位さを手に入れたいとする人間側の欲求も加わってどうしても負荷が大きくなるのでやっても良いのかなと。これでここまでの2歳戦で、もう5頭以上はクラシックの出走が可能になってしまった状態。。それもちょっと違和感を感じますが、前走は2歳としては考えられないほどのロングスパートで勝利して、今回もキッチリ勝ち切ったペルラップに罪はないし、頑張ってほしいと。

「サイコロ的ジャパンカップ考」イスラボニータ、ジェンティルドンナ、フェノーメノ、エピファネイア

Img_5820_150ten

鞍上との組み合わせ、前哨戦と化した天皇賞から変わってくる馬はどれか。わからない今回のジャパンカップ。確かにディープ産駒有利な府中2400で斤量が軽いハープスターが圧倒的有利はわかるけれど。確変してきたらそれより強いのでないかと4頭ほど。。

イスラボニータは、天皇賞大外から最内枠のジェンティルドンナに接戦。勝ち馬以上のパフォーマンス。ルメール騎手でないので今回少しは落ちるだろうけれど、前に行ける分首位争いでしょう。

Img_5828_150ten

ジェンティルドンナは逆にそれが不安。前年の内容よりも少し落ちてきたような。。ただしムーア騎手。。騎手が走るんじゃないが。。年齢での落ち込みをカバーできるくらい日本人騎手とは差がある。だからスポーティングライフは3連覇が見えてると記事を載せている。

Img_5783_150ten

フェノーメノは明らかに前走は太い。あとはわからない。2回連続で勝ったところは見たことないし、その辺わからないけれど、馬がやる気になった時に首位争いできる位置にいればと。

Img_5729_150ten

エピファネイアは何といってもスミヨン騎手、あのなんでもないドルニアをハープより先に持ってきた手腕は凄いの一言。丁寧にジリジリ上がってきて、最後で弾けさせたら。。これもスミヨン騎手が走るんじゃないけど。

あとはトレーディングレザーがもう一本追い切ったらわからんかも。。

より以前の記事一覧