2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

トピックス2014

「オーラスは大賞典のように楽しみたい」リアルインパクト(阪神カップ1着)

Img_0471_1411

昔、有馬記念は12月の第3週、最後は3000の阪神大賞典。3歳と古馬の意地のぶつかり合いというか。一流馬も結構こちらに回ってきたりして、小回りの阪神で多頭数の長距離戦、もうわけのわからんレースが多かったと。

それに比べると多頭数ではあるものの1400のレースではすぐに終わってしまうし。。なんだかもっとぶつかり合いを長く楽しみたいと。。

Img_0456_1411

このレースなぜか関東馬が強いレースで、今回もそうなるのかなの疑問とリアルインパクトで前年のムーアの真似をビュイックができるのかという疑問が渦巻いていたけれど。疑問なんていうブレーキはいらないほどレースは鮮やかな結果と騎乗でした。。結構深く感心したところで2014年は終了といった感じになってしまいました。

続きを読む "「オーラスは大賞典のように楽しみたい」リアルインパクト(阪神カップ1着)" »

「よくあることから始まって」リアルスティール(12月27日新馬1着)

Img_0191_1411

評判馬というか、カタログの中で自分はこの馬が一番かなと感じでいたので、どんな馬なんだろうと思って期待して行ったから、前足の手先だけの動きで歩くパドックにはちょっとがっかりしたけれど、ほかにこれはという馬もおらず、負ける要素が少ないなと感じたと。。

返し馬でも前足の動きが多分少し長いのでそう感じるのかもしれないけれど、軽いけれど、なんだか手先だけの動きであり、レースっぷりが心配というか、もっとドンよりドンよりなんだか抜けてきてなんだか勝ったっていう感じになるのかなと思っていたら、キリッ、ピシッ、ビュンという感じで抜けきって、後味も爽やかだったと。

Img_0190_1411

それにしてもディープ産駒母父ノーザンダンサー系根幹種牡馬だと、スローペースで上がりの競馬だと際立つ勝ち方をすると。彼もその部類に入ると。あとは道中のスローがそうでなくなったときにどうなるか。。それだけだと。

Img_0190_1411_2

それにしてもためてドンで勝てたもんだから、次のレースでも前に行かなきゃ味がなく切れ味のない持ち馬のディープ産駒で福永騎手が調子に乗ってそれをやったもんだから、後方で抑えられて、上りはそれほどでなく、あえなくわかりきった惨敗。。。レース後の談話も騎手にしかわからん手ごたえとかキレそうだったとかいう話に終始していて。。

この新馬戦終わってパドックに急ぐときに、また押さえてドカンとやろうとして、それができん馬だからみじめな負け方するだろうと感じられて。。。それでやはりそういうレースになって。。みじめな持ち馬のレースを見る辛さ。。

控え方が下手なのは凱旋門賞であれだけ批判されて懲りているはずだけれど、今年日本馬といえば98%位はジャスタウエイのことを指しており、不慣れでレースができない騎手とはその鞍上のことを指すのに、そこからナニクソもなにもなく時が過ぎてしまっており。。。と。。有馬記念はこれでは勝てんと。。

続きを読む "「よくあることから始まって」リアルスティール(12月27日新馬1着)" »

「早く咲かぬようゆっくりと」アンドリエッテ(12月27日未勝利1着)

Img_0079_1411

前走不利が何度もあったパラダイスリッジが今度も直線抜けられないその外をアンドリエッテがディープ産駒らしいマイル適性を見せて圧勝しました。

状態は前走カリカリで細すぎるんじゃと思った体から、潤いと張りとボリュームが出てきて活気が違ったし変わり身が凄いなと思っていたから結果には驚かなかったけれど、相手のパラダイスブリッジの外ギリギリを通って内に閉じ込める厳しい競馬。。未勝利で勝ちが求められるけれど、こんなに厳しくしなくても良いのではないかと。。

Img_0091_1411

こんな決めつける競馬みたいなことをしていて、次の日鞍上はエピファネイアに乗るからちょっとまずいんじゃないのかって、ほんとにこの時点で思った次第。。スミヨン見たく、この馬道中持っていくけど、先頭を抜けきったことはないし、なんとかなるんじゃないかって前に行ってみたらうまく運んだっていうアバウトなところがある方がって。。

続きを読む "「早く咲かぬようゆっくりと」アンドリエッテ(12月27日未勝利1着)" »

「新芦毛伝説と言って物語は始まり始まり」ダノンプラチナ(朝日フューチュリティー1着)

Img_9962_1411

前走テレビだったけれど見ていたレースがあまりにも強いし、加えてディープ産駒でマイル適性もあり、しかもこの日のマイル戦でもディープ産駒が来ているとなれば、疑う余地がないのが、開催場変更の第一回としてワクワクしている気分と相反する気がして。。。

馬場入場が内馬場側からだったから、やっとG1なんだとわかった自分になんだかちょっとシラけたりもしたし。。

Img_9966_1411

それにしても強かったですねぇ。ここから距離が伸びてどうなる。斤量に敏感な血統だけにどうなる。母系も2歳向きのような気がするけれど、完成度が他より高いだけだっただけではないかと思うけれどそれがどうなる。。ま楽しませてもらいましょう。。レース後強かったなぁって何度も言うでしょうけれど。

Img_9867_1411

雑感ではあるけれど、このレースに出られたのは、この時点で賞金を1000以上くらい持ってなきゃならないし。。そうなると賞金的にはここの半数がダービーまでは行くはずで。。加えてホープフルの2着まで。。つまりはあんまりここからメンツが変わらない可能性もありそれが辛いというか、売り上げに響かないんだろうかと。

「ディープマイルディープ」ミッキークイーン(12月21日ミッキークィーン未勝利1着)

Img_9503_1411

この日確か2歳戦の芝のレースが4つ続く番組でメインも朝日杯であり、ちょっと追いかける方には辛い設定ではありました。道悪が残るマイルのレースでディープ産駒はどうなるんだろうとみていると、その適性はあからさま、馬も強いのが重なるとさらにデフォルメされる。ちょっと圧迫感さえ感じるディープ産駒のマイル適性の1日となりました。

Img_9511_1411

当然、前走1400で出遅れ惜敗から距離を伸ばしてきた彼女も圧勝、外を回り楽な手ごたえ。。。どこまで割り引いて良いのかわからないえれど、まずは力が違いました。

「変わってきたか旧態依然か」コティニャック(12月21日新馬1着)

Img_9664_1411

なんと直線をビッシリ追いあって勝負するレースが新馬戦でみられるとは思いませんでしたが、ハービンジャー産駒が入ってきて変わってきたというか、2000の新馬の多設定が、直線のみ競馬を奨励してしまっているというか。

Img_9592_1411

レースはハービンジャー産駒のショウボートが抜けきるだろうと思っていたところを、今年のなぜか短い芝生で前に出ていたコティニャックが粘りに粘って盛り返して勝ったと。。これが今後どうでるか。。。それがこれだけ2000が多いと逆にわからんし、芝が短いのが意図的なような気もするしで。。。

「男前な韋駄天娘」スマートグレイス(12月21日2歳500万下1200m1着)

Img_9732_1411

ダートでの新馬線を大勝ちしたところを、ちょうどトイレで大変なことになっていたために、見逃してしまって。。ダート中心だろうから、もう見られんかなと秋一番の後悔をしていたところ、なぜか芝のレースに出てきてくれて。。

Img_9741_1411

パドックでは、冬毛が出てマイナス体重で、これはダメかなと思ったけれど、やたらテキパキ歩いていてスピードはありそうだなと。。

Img_9702_1411

レースはドンと行って、ドンと突き放して、粘り切った感じで、強いなと。。意外とこの日サンデー系+ダート血統が走れていたから、ダートに適性がある彼女もそれで粘り切れたのかなと思っていて、写真をよく見ると、いつもより芝が浅いと、それで道悪残り、完璧な内有利、先行有利。。でもこの幸運が彼女には大きなものであるのには間違いがなくて。。

Img_9711_1411

「レベルか傾向か概念か」マキシマムドパリ(12月21日未勝利1着)

Img_9481_1411

秋の京都開催で惜敗した馬たちが人気の中心になるレース、どの京都の新馬がレベルが高かったか数字ではなく勝ち上がりでわかってくる季節にレースのカレンダーは動いてきたかなと。それに初戦を叩いて状態の上り度合加えて、それに血統の向き不向きとかが加わって。。なんとなく着順が決まるのかなと。

Img_9433_1411

マキシマムドパリは、初戦は11月30日エトランドルの新馬での3着で、2勝目が遠く、強く見えたときは相手が弱い時が多いハービンジャー産駒に負けたので、なんとなく人気がないかなといった具合なんだけれど、馬は良い意味活気があるのに利発で大人しくてで、パドックでは勝つんだろうなと思っていて。。やっぱりで。。でもこの馬にあっさり勝ったやつもいるんだけれど、状態が上がっているから一概にどうとか。。。

「秀才は乗り遅れない」ポルトドートウィユ(シクラメン賞1着)

Img_9386_1411

出来は良いとパドックで思ったけれど、ディープでコケまくる福永騎手にどちらかといえば行きたがる馬とのコンビ、アルバートドックの脚力が上がってきているのがパドックではわかるし、断然人気のレトロロックは、前走のレースで疲れているのかそれが特徴なのかパドックでは前の馬に常に遅れ気味であり、これはちょっとという感じで。

Img_9393_1411

レースは、なぜか早目にポルトドートウィユが早目に動いてくる彼としては理想的なレースはこれだっていう感じで完勝で、マイルは強いだろうなぁって感じで。。参りました。さすがは超素質馬です。。

Img_9317_1411

「こまるよなぁやっぱりなぁこれじゃなぁ」パラダイスリッジ、ミッキークイーン(12月7日新馬戦から)

Img_9212_1411

ディープ産駒で、血統馬が出ていた7日、圧倒的な人気、それで負けちゃった。やっぱりそれは困るというか。。

パラダイスリッジは兄たちのレースっぷり、母父フレンチデピュティの組み合わせで、直線向いてそれまで溜めに溜めこんだ力を最後の2ハロンで一気に爆発させるレースがもう定番、道中スローで上りが速くなる方がその特徴が生きるのが特徴で、そうしたけれど内に閉じこもってしまってそうしようと思っても前がカベカベカベ、直線で4度以上詰まっては負けるのも当たり前。。。

Img_9291_1411

続いてあったジルダが勝った新馬戦での圧倒的1番人気はミッキークイーン、これが出遅れ、1400の新馬戦で確か自分は内枠の人気馬が出遅れるのを3週連続でみたことになる。。ここまで重なると人為的なものがあるかもと疑ってみたくなる。ちなみに全部日本人騎手。。これはいかん。もしどちらかルメール騎手だったら。。考えたらアホらしなるか。。馬券買わなくてよかった。。

より以前の記事一覧