2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

« 「シャンティとロンシャンと4コーナー」ロンシャン旅行記9月14日その9 | トップページ | 「それいけキンちゃん、まず4着」レッドキングダム(阪神ジャンプS) »

「パズルをよくかき混ぜて凱旋門のジグソーは始まる」ポモロジーPOMOLOGY、スピリットジムSPIRITJIM ロンシャン旅行記9月14日その10終わり

Img_2088_914

ニエル賞を勝ったエクトは、本番では斤量も軽くなるし、実力も本来あるし、この前哨戦では唯一外を通って伸びて、まともにテレビでは全く写ってないのだけれど直線に一日中吹いていた強い向かい風を受けて勝ち切ったところは素晴らしいところだけれど、一番流れたレースで我慢しきれずにマクる形になったことは本番流れない展開の場合にどうなるんだろうと。

Img_1923_914
(ポモロジー)

フォワ賞のルーラーオブザワールドは、これは逆の悩みがあると。ただし一頭で逃げきってしまったのだから、風の影響は受けているからその分ひょっとしたらエクトよりもって、デットーリ鞍上ならって考えてしまう。ただ前年はトライアルの方がパフォーマンスが高かったような気もするしで。

Img_2302_914
(スピリットジム)

ヴェルメイユのバロチックバロネスは、終始内で、しかも外に馬がいて風の影響も少なかった。絶対有利な形で僅差勝ち、日本ならもうちょっと抜けていても消す存在だが本番までに上がってくるだろうかが疑問。それなら、先行したもののその外で立ち回って僅差まできたポモロジーの方に何かがあると思うべきかもしれないと。

Img_2304_914

トレヴは結果を見ると終わっている感じではあるけれど、この日外々を回った追い込み馬では一番のパフォーマンスであり、本番では斤量も1キロ軽くなるし、馬場もなぜかこの頃凱旋門開催週の土曜日も仮柵を外して行われるので、この日のように内側絶対有利は少し緩和してくるだろうと。それならばって気がするけれど。。。

それなら向いていないはずのパンパン馬場で内側を通って逃げた馬を逃したとはいえ最後まで伸びていた休養明けのスピリットジムだって可能性はないわけではないと。鞍上はルメール騎手(25日現在ルメール騎手はアブニールセルダンへ!)、もし勝って日本で騎手試験受験して。落っことしたら。。。秋は長くなりそうですなぁ。。。

« 「シャンティとロンシャンと4コーナー」ロンシャン旅行記9月14日その9 | トップページ | 「それいけキンちゃん、まず4着」レッドキングダム(阪神ジャンプS) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「シャンティとロンシャンと4コーナー」ロンシャン旅行記9月14日その9 | トップページ | 「それいけキンちゃん、まず4着」レッドキングダム(阪神ジャンプS) »