2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「夏負けも今は昔」ミスターシービー(83年京都新聞杯より) | トップページ | 「素質開花という上り馬」サトノアラジン »

「結果より噂が勝てば結果は6着」エーデルグランツ(地方で巻き返し)

Img_0740_a

2400で鼻差、2000で0.4秒差、結果としては、長い距離の方がよいはず、ただ長い距離は極端なペースにもなりやすいし、負担も多いから連戦はできない、2着になった時の騎手は短い距離の方がと言っている、だけどディープ産駒では勝率がディープ産駒1年目の時に勝ちまくったくせに現在としては低いほうに属しているから、極端に最近の勝率は低く、何かを勘違いしている部分があるといってよいだろう。。

で騎手の話、サークル内の話を有効にして、距離を短縮して1800に出てきて完敗。。。やはり結果があらわしているようになった。。それだけ。あほらしい、これが閉鎖的世界の姿。

Img_0744_a

パンと足元がしなくてもう一歩責められないから、詰めが甘い、だから血統が示している距離、乗り方にシフトしなくてはならなかったが、直線向くまで溜められてはアウト。。ヨーロッパでも早目にジワジワ動いて粘るだけ粘ったシンダーの孫がなんで切れ味勝負するんだかと。

とにかくこれで中央は終わり、ダートも走れるから、地方で勝ち星を重ねて、中央へ戻って、ボチボチ芝の2400くらいを走って勝ち負けしながら、足元がパンとするまでまって。そうすれば牧場のスタッフが言う可能性のように。なると思う。

« 「夏負けも今は昔」ミスターシービー(83年京都新聞杯より) | トップページ | 「素質開花という上り馬」サトノアラジン »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「夏負けも今は昔」ミスターシービー(83年京都新聞杯より) | トップページ | 「素質開花という上り馬」サトノアラジン »