2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「素質開花という上り馬」サトノアラジン | トップページ | 「昨日が今日、今日が明日でありますように」シャルール(札幌新馬戦を圧勝) »

「甦る時、評価は世界最高」ナリタブライアンNarita Brian

App36971

写真をソフトを使って少し鮮明にしてみました。菊花賞です。

もし、日本の競馬がもっと世界を席巻し、騎手も人も馬(競走馬、種牡馬、引退した馬が欧米で種牡馬になれる環境)も往来が増し、もっと注目が集まった時に2歳王者で、三冠馬、3歳で有馬記念を圧勝の成績は、世界最高の存在として彼はよみがえるでしょう。その時がなるべく早く来てほしいものです。

しかしこうやってみると、低い重心で手足を伸び切らせている。しかも3000で。凄いです。

« 「素質開花という上り馬」サトノアラジン | トップページ | 「昨日が今日、今日が明日でありますように」シャルール(札幌新馬戦を圧勝) »

あいすべき三冠馬たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「素質開花という上り馬」サトノアラジン | トップページ | 「昨日が今日、今日が明日でありますように」シャルール(札幌新馬戦を圧勝) »