2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「静かなるコンシェルジュ」ロードカナロワ | トップページ | 「これがひょっとしたら」マンハッタンカフェ »

「静かなる伯爵たち」ワークフォース、ハービンジャー

Img_1195_a

とにかく2頭とも静かというか、力の抜け方が凄いというか、キビキビしていた現役時代からくらべると、特に放牧地にいる時の脱力の仕方は日本馬にないもの、ワークフォース(上)は、馬房で見たときは元気だっただけに、放牧地での動きのトロさに結構びっくり。これが世界というべきなのでしょうか。ハービンジャー(下)も来た時から毛艶もあまり落ちてこないし、内臓が強いのが特徴で、ひょっとしたら過酷な夏競馬で完成度が関係する2歳はどうかわからないけれど3歳以降は来まくるかもと。

Img_1256_a

« 「静かなるコンシェルジュ」ロードカナロワ | トップページ | 「これがひょっとしたら」マンハッタンカフェ »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「静かなるコンシェルジュ」ロードカナロワ | トップページ | 「これがひょっとしたら」マンハッタンカフェ »