2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「「幸福」行きだった最終列車」ワンアンドオンリー | トップページ | 「なにがあっても素晴らしいことに変わりなし」ハープスター(オークスより) »

「さまざまなディープマイラーズ」

Img_9478_a

マイラーズカップで見ていると、フィエロ、オースミナインのディープ産駒は、はち切れんばかりで、筋肉がパンパンに入っていて、動きも素早い感じのするなと感じました。

Img_9487_a

オースミナインはもっと若いころは四角い感じだったように思うけれど、出来上がった感のある馬体は、流線型になっていました。

Img_5555_a

それに比べると若いミッキーアイルは、柔らかいという感じもするというか、固いくて供御きにくい感じがする感じ。どっちがマイル適性があるのかは今後わかるでしょうが。

« 「「幸福」行きだった最終列車」ワンアンドオンリー | トップページ | 「なにがあっても素晴らしいことに変わりなし」ハープスター(オークスより) »

パドック百景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「「幸福」行きだった最終列車」ワンアンドオンリー | トップページ | 「なにがあっても素晴らしいことに変わりなし」ハープスター(オークスより) »