2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

「迷いなくメジャーにいこう」グランカマラード(6月22日新馬1着)

Img_0906_a

本命のディープ産駒は、騎乗合図の時に近づいてくる調教師を蹴り上げようとして、ちょっと唖然。。信頼関係がないんかい、それなら1着はないと思い、そこまでは当たっていたけれど、そこからを間違えて全く得にならず、結構悶々とした次第で。。。あーやっぱりディープがダメなときは阪神ではダイワメジャーかと。。憶えておいて損はないといいけれど。

Img_0916_a

「つゆのあとさきにさるきみへ」イレーヌ(ラストラン)

Img_0717_a

未勝利戦に出てきて混合2400で惨敗、成長は認めるものの、半年以上かかるなと思ったパドック、やはり引退でした。

Img_0714_a

結構見てるほうは楽しめたので案外悔いはないのですが、馬体的には前さばきが少し小さいのがすべての成長を邪魔していたのかもしれません。これからどうなる聞きたくもありません。。それにしてもひょっとしたら向いていないだろう阪神コースばかり走らされて、直線の坂で前足のさばきが悪い分前に進んでいかないレースばかり、愚痴ですがなぜほかの平坦な芝コースを試してくれなかったんでしょうか。

Img_0721_a

それにしても減量騎手だから仕方がないのかもしれないけれど、道悪が下手な馬かもしれないけれどあれだけ腰引いて怖がって乗ったらと思うけれど。

Img_0768_a

これでまた持ち馬がサラブレッド1頭で安馬。。思い切って今年はディープ牝馬を申し込んだらあえなく発表前に落選のメールが来てモヤモヤ。。疲れる一方。。の時に告知がでて、ちょっとあほらしいばかり。。。

「来たーーーってもう少し」エーデルグランツ(未勝利は2着)

Img_0740_a

まずまずの出来、余裕も弱さもあるけれど、まずまずで、これならと、思ったけれど、2着ガッカリ。って払い戻し見たら、勝った馬のほうが人気があった。。。

レースもスローペースを2番手から、差し返しての強う内容というか、母父のシンダーがやっていたレースっぷりで、スローでも折り合えてと、収穫は大きかった。

Img_0813_a

ただ、初年度のディープ産駒で新馬戦を勝ちまくまくったにもかかわらず、4年たったら、ディープ産駒の勝率が最下位近い騎手が「もっと抑えたほうが」とか「もっと短い距離が」とかのコメントを出しているのが気にはなると。次走中京になるだろうから、距離は短くなるので仕方ないとしても、溜めすぎて馬を必要以上に怒らせたり、追い込むのが遅すぎたりで本来の能力を引き出せず、しかも悪い癖をつけているから勝率が低いのに、この言葉が実行されると怖いなと。あくまで、流れに乗って、少し早目に、それであとはノーザンダンサー系のクロスで他より少し蛇足がつく分で差を保つのが、彼本来の戦い方のはずだと。

「君の瞳にもう一度笑顔が映る日を」アダムスピーク

Img_5727_a

また屈腱炎発症で、前と同じところで、なんとも言えません。ディープ人気でなんとか種馬に鳴れんでしょうか。もう一度、走るところが見たいけれど。母父シングスピールも実際見ているので大変思い入れがあって、それで自分の中で大事なレース、暮れのラジオニッケイ賞を勝ってくれて。。とにかく何にかはわからないけれどガンバレ。

Img_5209_a

「今年は嵐を起こせなかった母父ストームバード」ラングレー、サトノアラジン

Img_8100_a

ディープ産駒で母父ストームバードが前年成功したので、今年も少なからずはと思っていたけれど、期待されていたラングレー、サトノアラジンはさほどの成績が上げられなかったと。

Img_4668_a

ラングレーは、負けると矛先を変え、次々と使われて、なんだかドツボにハマッていったような感じで、サトノアラジンはいつかは勝てるだろうという走りをしていたけれど、そのいつかが来なかった。両方ともスピードに乗ったらまっすぐ走りたいタイプで、そこで邪魔が入ると思ったほど伸びてこないような感じ。これが秋になってくるとどうなるか。大きな飛びで静に走るのがこの配合の特徴かなと思うだけに迫力が加わるとどちらかがアーなってるかもしれないと。

続きを読む "「今年は嵐を起こせなかった母父ストームバード」ラングレー、サトノアラジン" »

「底力安定上昇型」バウンスシャッセ(オークスより)

Img_0476_a

結局ゼンノロブロイ狂想曲的な産駒群のなかでの春終了時点での一番馬はバウンスシャッセでしょう。

Img_0479_a

雄大な馬体、やや角ばった胸、動き出しからある程度スピードに乗れる走り方、まそれがロブロイ産駒の走るタイプの特徴でもあり、特に芝は、そういう意味では教科書的な存在になるかも。

Img_0393_a

それにしてもオークスは惜しい。。なんとかならかったか。。。秋に一花咲かしてもらいましょう。

「なにがあっても素晴らしいことに変わりなし」ハープスター(オークスより)

Img_0588_a

確かに蹄鉄が外れる不運はあったけれど、一頭大外に出して、ゴールに向かって大きくなってくるなり方が他の流れの中の馬よりも急激で、ちょっとそれに酔いしれてカメラを向けていたらゴール前で悲鳴が上がりだしたので慌てて切り替えたのがこの春のハイライトだったかと。

Img_0579_a

大外に出したのも、いわばこの時期の3歳牝馬の2400では、苦しがって外に必要以上にヨレてくるので、その分余計に出したのだろうから、古馬相手とか完成している馬相手のほうが外に回す分が少なくなって、その分追い込みでも自在な競馬ができるのかもしれないと。

Img_0598_a

蹄鉄が外れているのは、その日の夜にピントが合ってるかどうかを見ていた時にわかって、オークスの終わった後の競馬場でも騎手へのバッシングというか陰湿な空気が流れていたのがどうしても気になって、主義ではないのだけれど、いらぬ批判が出るくらいならと。

読んでいただいた方には、あらためて感謝です。

「さまざまなディープマイラーズ」

Img_9478_a

マイラーズカップで見ていると、フィエロ、オースミナインのディープ産駒は、はち切れんばかりで、筋肉がパンパンに入っていて、動きも素早い感じのするなと感じました。

Img_9487_a

オースミナインはもっと若いころは四角い感じだったように思うけれど、出来上がった感のある馬体は、流線型になっていました。

Img_5555_a

それに比べると若いミッキーアイルは、柔らかいという感じもするというか、固いくて供御きにくい感じがする感じ。どっちがマイル適性があるのかは今後わかるでしょうが。

「謎解きは福島か中京かそれとも」タガノグランパ(ダービー4着でサウスポー疑惑)

Img_4670_a

失礼な言い方をすれば、関係者の方は、あと200で腰が自然に浮いたでしょう。ダービー勝っちゃうんじゃないかって。私はほんとに腰が浮きました。

Img_5476_a

距離とか馬場の適性とかいう前に彼は絶対的にサウスポーだと思います。絶対に次以降覚えておかないと損だと。

それにしても母父スペシャルウィークは母父サンデーより、結構距離が持つタイプがやや目立つかなと、長距離馬ではないけれど、距離が伸びてもそれなりに走るタイプが多いかなと。

Img_7262_a

写真は12月、1月、3月のものです。

続きを読む "「謎解きは福島か中京かそれとも」タガノグランパ(ダービー4着でサウスポー疑惑)" »

「「幸福」行きだった最終列車」ワンアンドオンリー

Img_4604_a

去年12月、思い出のレースのラジオ短波賞が阪神での施行が最終だと聞いて、間に合わないかもしれないけどなんとか駆け付けようとして、返し馬に間に合って最初に撮ったのがワンアンドオンリーでした。

とにかく、仕事が忙しいときは、このレースを見るくらいしか競馬場に行かなかった年があるくらいだったけれど、未来の名馬たち行進に満足して、競馬を忘れずに済んだレースであり、感謝するしかないレースなのです。

Img_4603_a

しばらく途絶えていたこのレースからのダービー制覇、最終回での復活劇。最終列車に乗れた幸せを今感じているところです。

Img_4601_a

写真は相変わらずこれしかありませんが。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »