2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

「すべてが進行形の結果たち」ヌーヴォレコルト(オークス1着)

Img_0606_a

桜花賞でも意外と差がない3着だっただけに、本命馬が言われているよりも少しだけ弱く、彼女が思われているより強いのではないかと思ったのが4月。

ハーツクライは東京得意、さすがに東京のG1で連対を外さないディープ産駒ほど層の厚さはないけれど、東京に強いは印象に強くあるし、母父ヨーロッパマイル王スピニングワールド、東京得意なヌレエフ系、これだけでもなんとなく逆転まであるんじゃないのかって思ったけれど。

Img_0634_a

ハープスターに蹄鉄が外れるアクシデントがあったから、自分は一つの不利を0.3秒で数えてしまうので結果は、もしこれがなかったらで変わっていただろうけれど、不利があった時に勝てる位置にいたこと、最後差し返し気味であったことと彼女の実力も相当のもの。

Img_0594_a

残念なのは再戦する機会がジャパンカップしかないこと。牝馬同士でも、古馬になっても、この距離で再戦することは東西に分かれていてはほとんどないので、勝ったり負けたりしたら面白いのだけれど、2400の距離ではライバル関係が成立しないのが今の問題点でもあるかなと。3着は、バウンスシャッセで、皐月賞組と比べやすい結果でもあり。。。

「蹄鉄が外れるハードラックも競馬」ハープスター(オークスに敗れる)

Img_0601_a_2

(ゴール前)

まずは速報というか。写真を見てもらえればわかると思いますが、左前の蹄鉄が外れかけており、相当これで減速されたかなと、後になれば後になるほど、外れ方は大きくなるので、最後差し返し気味に負けてしまったのも頷けると。これも競馬だけれど、外れなければ勝っていたとは言えないけれど。

Img_0586_a

(あと100)

Img_0562_a

(あと200すぎ)

※ブログ写真はクリックすると大きくなります。

「これぞまさしく光速決着」グランデッツァ(都大路S1着)

Img_0288_a

パドックで具合が良いので、馬券の種類をどれにしようか迷うくらいでした。2歳の堂々としていたころの歩いていても感じる軽さというかはまだ無かったようなのでもう少し筋肉はしまって、歩きも軽く歩いているようで周囲と見比べると速さを感じるような動きが出てくるとマイルではどこまで行ってもボーダレスで負けようがない気がして、できたらBCマイルでも行ってもらえると良いのかなと。それにしても圧勝でした。

Img_0279_a

レースで2番手につけたときにひょっとしたら大楽勝になるかもなと思いましたが。その通りになって。仮策外へが動いてコースが変わり、レースの時計が少し遅くなって、やはり天皇賞春は通ったところによって、だいぶん違う馬場であった、外外に回った不利よりも馬場自体の負荷が外側のほうが大きかったのがわかる中、その馬場での1分43秒台のレコード。なにしろ1分45秒台で走って2秒遅れという現実をつくっての圧勝はこの時期のアンニュイなレースの羅列の中でひときわ光るものでした。(ちなみに軸1頭4頭ボックス各100円で3連複的中。。まずフューチュリティーを買わせていただきました。)

続きを読む "「これぞまさしく光速決着」グランデッツァ(都大路S1着)" »

「ちょっと長い距離はハイブリッドで」ハギノハイブリッド(京都新聞杯1着)

Img_0102_a

数年で2回目のタニノギムレット、ネオユニヴァースの決着で、その時も結構暑い日だったから、気温も血統に影響があるのかなと。

とにかく固くなった京都の芝はミスプロ系、または類似系と思って、ワイドを買っていたので、ハギノハイブリッドが人気馬であることも理解していなくて、出来は良いけど穴馬は買えないななんてパドックで思ったりして。。2、3着的中で、これは安いだろうと思って払い戻しの画面を見て、初めてハギノが人気馬であることを知ったりして。。。

Img_0108_a

それにしてもハギノの勝利は、菊花賞トライアルとして秋にやっていた1982年のハギノカムイオー以来じゃないかと。それを見ている人が私以外にどれだけいるか。。あほらし。

「冬のなごりかいたずらか」春の天皇賞より

Img_9768_a

今日になって、キズナ骨折のニュース、0秒3くらい以上は、故障がなければ、良くなっていたかなと。(自分は骨折であれ斜行であれ1回あたり0.3秒の不利として見ていますので、そう書いています。)

それにしても、4コーナー大外を回ったゴールドシップもゴール後、下馬するほどの筋肉痛を起こしていて、外を回った2頭がそうなるのも、やはり回るところで馬場に大きな差があったことがと。

自分が6階スタンドから当日初めて馬場を見たときは、内3頭目から6頭目くらいのところが少し溝ができたように、他と違って低い感じに馬場は見えて、とくに残り300くらいから、一見しただけでそれがわかったので、そこを通った馬が勝つなと思ったけれど。今思うとそう思えたのは低い部分とそうでない部分の差も大きいから溝のようだと感じたのかなと。

Img_9748_a

ただ、追い込む馬が外を通って、馬だって追いつけると思うから一生懸命になるんで、だから一生懸命走るんで、でも思ってもみないほど追いつけないからバランス崩すというか、力んでしまって、故障が起きることだってあるんじゃないのかって、それはないだろって気がする。特にこの2頭は今のところ自分にとってもアイドルなので。。

寒かった冬の影響で、冬によく使った部分が、生育が見た目の緑色になった以外は追いつかなかったのが原因だろうけれど。。

少年や子供が夢中になってキズナを追いかけてる姿、スターホースに馬券を買わない年齢の若い人が群がっていく姿を久しぶりに見ただけに、今回の骨折はなんとも痛いものだったとせっかくのチャンスが逃げてしまったと思う。なんとか馬場くらいフェアに作れんかったかと。

続きを読む "「冬のなごりかいたずらか」春の天皇賞より" »

「4着が懐かしくなりますように」キズナ(春の天皇賞4着)

Img_9790_a

敗因は、勝ち馬から1馬身差だからなんとでも言えるのが正解だけれど、まず第一は、コース取りでしょう、キズナより内の馬がレッドカドーが4コーナーでの追って伸びずに後退したことで、コース取りを考えずに得ができた。あとは馬場が粗くて薄い部分が内に多くあったために、そこを通れた馬が最後までバテなかった。そこにきてレース時には直線追い風で、そこまでのレースより追い込み馬に不利になった。それが直接的なもの。

Img_9761_a

あとは、前走の疲れがどうだったか、ごった返してパドックをまともに見られなかったけれど、少し後脚の蹴りが弱いような気がしたから、エピファネイアの香港での不振とリンクさせて考えれば、直線激しい向かい風のレースを速い時計で勝ち切って、それなりの疲れがあったと容易に推測をしても不正解じゃないはずだし、今回の淀の高速馬場に合うようなフォームにはなっていなかったのも追記事項としては有効かもしれないと。

Img_9675_a

次ですわ次。

「史上最大のルーレット」フェノーメノ(天皇賞1着)

Img_9781_a

春の天皇賞当日、着いてすぐに6階のボックス指定席のスタンドから見てみると明らかに残り300メートル付近から、内6頭目分までくらいが、草が草丈が他よりないか、密度が他より粗いかで明らかに有利なのがわかる。差してくるにもここを通らないとと思える感じが見て取れて、その部分は風がこの日結構強かったけれど、短いか密度が粗いところの特徴なのか、ほかの部分よりも風に揺れていない感じがあって、しかも直線追い風がだんだん強くなってきていて、レースの始まるころには外を回る馬にはかなり厳しいことになっていたと。

勝負は4コーナーでレッドカドーが膨れたその内をつけて、内内から抜け出したフェノーメノが勝利で、結局、4コーナーのコース取りがそのまま埋まらなかったというか、内の馬は、バテかかったときに、結局はその芝の粗い部分にたどり着いて、追い風にも助けられて、急には止まらないわけで。

Img_9765_a

特にキズナが勝ってほしいとは当日に限っては思わなかったというか、パドックで後ろの方から写真撮ろうとしては、超満員状態の中を移動する奴がやたら多くてぶち当たられてまともに写真も撮れず、ムカムカしていてまともじゃないそんな中でもウィンバリアシオンの出来はピカイチだったし、乗り替わりの乗替わりで幸四郎君が空いていて、彼はウィンの馬でのG1初勝利だったから、なんとなく、そういうドラマも見たいなと思っていたのだかれど。。ただキズナを見たいとたくさん子供のファンから少年のファンがパドックまで見に来ていて、自分のドラマも良いけれど新しい人が喜ぶ結果にならんかなと結構強く思ったりもした。何しろGWも影響してか、京都競馬場では珍しいほどの熱気で、自販機、馬券売り場などなどいたるところ行例、行列で、ダービーに匹敵するくらいの熱気だったから、1番人気に勝ってほしかったけれど、結局は、芝が薄い部分を走った馬が前に来てしまう結果になり、ちょっとどうかなと。

Img_9738_a

京都競馬場の欠点は、芝コースの幅が狭くて仮策を使ってもこのようにフェアなコースを創れないのが欠点。前にこのブログで言っていたようにコースの幅を広げること、直線の距離を1コーナー部分を伸ばすことで直線距離を伸ばして、仮策をしても十分な距離が得られるようにする、それにより芝の薄い部分を避けてレースができる。そうすればこの日のレースだってもっと接戦でもっと劇的なものになって、結果がどうであれ、観客動員、競馬のスポーツ性の向上が一気に獲得できたと思う。

「ああやっぱり強いんだ」メジロマックイーン(91年天皇賞春)

App3749

92年の春の天皇賞2連覇の方が注目されるだろうけれど、自分にとっては、メジロマックイーンで春の天皇賞で印象的なのは91年の方が印象には残っています。

なにしろ3歳春の1年前にはコロコロなんでもない馬に負けていたから、秋に菊花賞を勝って前哨戦の中京で行われた阪神大賞典を勝ってきたからといっても中京だし、半信半疑であったことは事実だったと。

App3752

早目にグイというよりスーっと抜け出して、セイフティリードをとった時、「やっぱり強いんだ」と素直に強く思えました。あれからもう23年。。長居は有用でありますように。

「ダートはパサパサ結果はゆるゆる」エーデルグランツ(2戦目も惨敗)

Img_8971_a

除外が続いて馬に覇気というか、形が弱いというか、どこか疲れがあるというか、歩き方が遅いし、一歩が小さいし、これはダメだなと。

レースの仕方がどうとかはわからないけれど、勝ちタイム自体は早めなので、1秒4離されたのは仕方がないかなと。

Img_8993_a

気になるのはメンコをしているときと、していないときのフォームが違うというか、首の使い方が圧倒的にレースのほうが悪くなるので、それが。ダートは返し馬見ていると合わない馬の走り方というか、蹴りが少ない叩きつけて速さを出すタイプだけに、具合は悪いかなと。

Img_8942_a

続きを読む "「ダートはパサパサ結果はゆるゆる」エーデルグランツ(2戦目も惨敗)" »

「こんなとき洋一騎手だったら。。。」ロングリバイバル(あずさ賞1着)

Img_9374_a

3歳春の2400の特別ではよくある小頭数での逃げ切り勝ち、先行馬が絶対有利、特にこの時期の淀の良馬場ではと、わかっちゃいるけど、後にダービーがあって、ひょっとしたらってやつを買いたいノリもあるし、だから前残りになるとガッカリしますな、それで配当も結構ついているから余計にガッカリというか、一気にあたりの空気が悪くなるというか。。頭に思い浮かぶのは、こういう時に福永洋一騎手だったらどうしただろうって。。

Img_9382_a

こういう白けるレースで、行けない馬を行かしてみて逃げ切ってしまうとか、最初だけ先行馬をけん制しといて道中は控えてしまい最後にドカンといってきっちり差し切ってしまうとか、馬のレベルが昔とは違うとはいえ、福永洋一騎手の作戦は奇想天外というか、飽きることがなかったのが思い出であり、白けるだけのレースがとたんにエンタに変わってしまう楽しさ。。。もう一度ああいう天才的な騎乗のできる人出てこないのかなと、溜めるだけ溜めて大外一気を得意とする騎手もいるけれどそれとはだいぶんレベルが違った騎乗。。もう一度みたいなと。リバイバルの馬名を聞くとどうしても。。。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »