2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

「3000とはブチかましだ。」ゴールドシップGold ship(阪神大賞典連覇)

Img_7879_a

なんだか、陰りがあるような前年秋の走りの印象があったので、パドックで見たときに足のさばきも問題ないし、動作もそれなりにあるし、馬体も少し太目かもしれないけれど充実しているようだし、少し前目に行きそうな岩田騎手とのコンビなら大きな不安はないのかと加えて相手になるだろう矢作厩舎の赤白のなんか安売りのスパーみたいなマスクでイラついているバンデが後ろを歩いていては、印象的にも逆転はないとういか絵的に汚いのでマスクが。。名馬級にはあのマスクで先着はしてほしくないというか。

Img_7883_a_3

レースは、2400くらいなら折り合ってタメてタメてドンが一番良い競馬かもしれないけれど、3000くらいになるとやっぱりそうするところを早めにブチかまして壊して逃げてしまう的なところもないと馬も精神的に持たないというか、我慢だけではアスリートも退屈だから、あーやっぱり長距離はこういうブチかましというか、騎手の思いと馬のやりたいことが一致してドカンと表現できるというか、独特の面白さがあるなと、久しぶりにスカッとしたというか。。

Img_7868_a

勝ちタイムは3分6秒6、たぶん春天皇賞だと、彼は12秒5くらい足したタイムで走ってくるとすると結構3分19秒くらい、そうするとそれより上で走れる馬は出てくるというか、ガツンとやってその結果走れてしまうやつも出てくるというか、出てくると面白くなるし、それを今度は彼がどう跳ね返すか。これも大変楽しみで。

Img_7823_a

「急いでまわっているけれど」フェルメッツァ(アーリントンカップ3着)

Img_7239_a

パドックで活気があったので期待して、もし2着なら視界が広がるなと思ったけれど3着。。残念でした。もう少し早く仕掛けたかったかと。

Img_7226_a

この馬関係者も騎手も短いほうがベストと1400くらいのほうがと言うけれど、1400では2戦とも完敗であり、結果がハッキリ出ていなくて、弥生賞人気のワンアンドオンリーと接戦したのは、1800で着差も一番少ないとなると、人間側の感じとは違い、ベストは中距離で、レースの仕方も最後にドンより、最後より少し前にドンであとは流れ込んで、相手次第で結果が変わるレースをしたほうがよいのかもしれないなと。

「賢者の行進」ミッキーアイル(アーリントンC1着)

Img_73241_a

パドックで見ていると、ほかよりも臀部の筋肉は圧倒的であり、仕方がないと思うものの、歩き方がなんかもう一つ前さばきが悪いような気がして、それに比較的遅い歩きの前の馬と同じ速度の歩き方であり、大丈夫かなと思ったけれど。。

Img_73251_a

ひょっとしたら歩きが遅いのは、ここでは早く歩く場所でないと馬がわかっており、一番楽な歩き方を選んでいたのかもしれないし。。ノーザンダンサーの色濃い血統で勝負のこだわりというか、勝負に対しての賢さがほかよりもあるかもしれないと。逃げでも直線に入って、再度伸びており、それは楽をしたからこれだけ伸びられたというものとは少し違う感じも受けるので。。思っている以上に馬は強いかもしれないと。

Img_7166_a

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »