2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「ほっとする秋の夢の続き」トーセンスターダム(京都2歳S1着) | トップページ | 「幸運の追い風とともに」ガリバルディ(12月1日未勝利1着) »

「癖か遺伝か幻か」

Img_7951

キズナのキャンターを追っていると残念なのが、ストライドが伸びた絶好のポイントで目をつぶってしまうことが多いこと。

Img_7944

彼だけの特徴かと思っていたけれど、トーセンスターダムも同じようにストライドを伸ばしたところで目をつぶることが多くて。。

Img_3745_a

ひょっとしたら遺伝の部類なのか、いまのところわからないというか、つまらんところに気付く方も気づく方で、それをこじつけるのも最近暇なせいかと。。

Img_3734_a

« 「ほっとする秋の夢の続き」トーセンスターダム(京都2歳S1着) | トップページ | 「幸運の追い風とともに」ガリバルディ(12月1日未勝利1着) »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「癖か遺伝か幻か」:

« 「ほっとする秋の夢の続き」トーセンスターダム(京都2歳S1着) | トップページ | 「幸運の追い風とともに」ガリバルディ(12月1日未勝利1着) »