2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「来るか新世紀ゼンノロブロイ産駒」サンテミリオン、ペルーサ | トップページ | 「そりゃーもう大騒ぎ」ハクサンムーン(セントウルS1着) »

「最高に幸せだった思い出のために」トウカイテイオー(2013、8.31)

App37793

(ゼッケン2番が大阪杯、8番が若駒S、最後は11年スタリオンで)

彼の名前を聞くたびに目にするたびに僕は、若駒Sの冬の日、彼の姿を追いかけて追いかけて、思い切り息切れし、それでも幸せな気分になったことを思い出します。

App4201

ルドルフが去った虚脱感、少し熱が冷めるとは反比例の競馬ブーム、もうそろそろやめようかという思いを抱いていた頃の出会いでした。

App41863

パドックで綺麗な馬体に嬉しくなり、そこから返し馬、輪乗りから、ゴール前へと追いかけて息が思いきり切れ。。、レースでは、直線気合を付けただけでの楽勝に思わずパッと世界が開けたような気がして」。。。そして「無敗のダービー馬は無敗のダービー馬から」。。絵にかいたような事実が生まれ。。

App4196

次に見たのは大阪杯。空前の競馬ブームの中をダービー後の骨折から蘇った英雄は、追うところなく、鞍上岡部騎手の口笛にこたえて楽勝しました。

前売り入場チケット発売日に徹夜組ができた次の天皇賞では、マックイーンに完敗だったものの、国際G1となったジャパンカップを勝ってくれました。

App37801

最後の有馬記念の日、1年ぶりに姿を見せた彼のパドックの姿をみて、素直に大阪杯くらいの出来にはあるなと思いました。それなら勝てるんじゃないかと。。寝転んでいたのが起き上がり、結構釘付けになってテレビを見た記憶があります。

弱点が見える馬でしたけれど、それをすべて生かし切って走ってしまう彼の姿は、人が求め続けている最高の美しさがなんであるかの答えがあったと。

App37763

彼がいてくれたからの競馬ブームであり、もう一度ああいう美しさを見たいと思いが、少し以上に、(他のスポーツのブーム的熱が冷める速度より遅くなった)競馬ブームの減速を弱めてくれていたと思います。

馬産地にあっても、晩年はディープインパクトの横の放牧地で悠然として、観光資源としても大きな役割を果たしてくれた存在は、貴重であり、不世出のものであったと。

Dscn2685_089

彼の歩んだ真っ直ぐな道に、心から感謝したいと思います。

« 「来るか新世紀ゼンノロブロイ産駒」サンテミリオン、ペルーサ | トップページ | 「そりゃーもう大騒ぎ」ハクサンムーン(セントウルS1着) »

ザグレートホース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/53108601

この記事へのトラックバック一覧です: 「最高に幸せだった思い出のために」トウカイテイオー(2013、8.31):

« 「来るか新世紀ゼンノロブロイ産駒」サンテミリオン、ペルーサ | トップページ | 「そりゃーもう大騒ぎ」ハクサンムーン(セントウルS1着) »