2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「故郷は7月」ラブリープラネット(7月13日新馬) | トップページ | 「まだまだからなかなかへ」ケイティーズハート(3勝目を函館で) »

「勢いあまって欲しかった」コメットシーカー(7月13日痛恨の敗戦)

Img_0763_a

確かにプラス14キロを考えれば太かったかもしれないし、道悪も、コースも初めてだったから影響はあったかもしれないけれど。。。敗因は騎乗ミスによるものだったと思う。

出遅れたけれどスローで離されず、その後内側を回ってさほどロスはなかった、折り合いは欠いているかもしれないけれど他もそうだし、パドックでの馬の違いを考えればそれらが原因で負けるとは考えにくい。(牧場見学の時、こちらが思っているよりこの馬は評価があったので力が違うのは当たり前だと)

敗因はスローでありながら、4コーナーで他が仕掛けている時に抑えていかずに後手を踏んでしまい、結局ははさまれて走りずらく。。

脚を余していたのは、カンカン馬の馬の様子がパドックとさほど変わりないという印象だったのですぐわかるからもっと早く仕掛けても良かったのではと。

Img_0704_a

毎日杯の時もジワジワ最後まで走り切ったのが印象的だったし。新馬の時も、先頭に立ってからの走りがとても良かったし、毎日杯の時も粘れたのは馬群がばらけてがらだったから、横に馬を置いて競り合うよりは、少し早目に抜けて粘ってみるか、少し離した外を追い込むとかのできるだけ1頭でのほうが、父方の母系、母父の産駒などのレースっぷりを考えても良いのではないかと思うというか感じてはいて当然だろうと思うけれど。

その日、5R、7Rと2つ勝って、ここも力が違うから、カッこよく追い込んでねじ伏せて勝ってやろうとして、墓穴を掘っていしまったことは見ていてアリアリのような。。蒸し暑い中ファンはガッカリし、リーディングがこれだからと大馬主は外国人騎手の依存が強くなって、競馬が盛り下がってゆく。。

Img_0790_a

だけど夏ここを勝って、もう2戦で1勝しクラスを上げたいと思っていただろうすべての人と斤量が重くなれば個性が発揮できないディープ産駒。。あまりにも痛い慢心だったと。ルメールやーい。。出室(デムーロ)やーい。何とかしてくれー。。

« 「故郷は7月」ラブリープラネット(7月13日新馬) | トップページ | 「まだまだからなかなかへ」ケイティーズハート(3勝目を函館で) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/52478438

この記事へのトラックバック一覧です: 「勢いあまって欲しかった」コメットシーカー(7月13日痛恨の敗戦):

« 「故郷は7月」ラブリープラネット(7月13日新馬) | トップページ | 「まだまだからなかなかへ」ケイティーズハート(3勝目を函館で) »